• TOP
  • コラム
  • 次世代移動通信システム「5G」とは?新たな変革の幕開け

次世代移動通信システム「5G」とは?新たな変革の幕開け

次世代移動通信システム「5G」とは?新たな変革の幕開け
スマホが生活の必需品ともなりつつある現代。
私たちの生活は、スマホの便利さや機能の向上で、より便利に生活できるようになっていると言っても過言ではありません。
そんななか、さらに通信技術の進歩が進み、5Gの時代が到来。
「G(Generation/世代)」が進化する度に、私たちのライフスタイルを大きく変えてきた経緯もあり、「5G」が一体何を変えてくれるのかに大きな期待が寄せられています。

5G(第5世代移動通信システム)とは

これからの時代、ますますの高速通信化の需要、4K/8K動画などによる動画コンテンツの大容量化などが見込まれ、通信トラフィック量が2010年と比較すると2020年代は1,000倍とも言われています。
また、様々なモノが通信できる時代へと変化していくことで端末接続の増加対応、定遅延化もますます求められていくでしょう。そんななかで大きな役割を果たすとされるのが4Gに続いて登場する「5G」という通信システムなのです。「4G」から「5G」へと進化する上で求められるものが3つあります。それは「高速大容量」と「低遅延」、そして「多数端末接続」です。この3大要素が「5G」の大きな特徴となります。それでは、これらの特徴をひとつひとつ見ていきましょう。
 

高速大容量

データ通信速度が今までと比較にならないほど高速化され、その容量もとてつもなく大容量になります。今までの「4G」であれば1Gbpsだった通信速度も、「5G」では20Gbpsと、20倍になりますので、例えば2時間ある映画などもほんの数秒でスマホにダウンロードすることができるといったことが可能になります。
 

低遅延

「低遅延」とだけあると、ちょっとわかりづらいかもしれませんね。要はデータ通信にかかる時間のタイムラグが少なくなるということです。「4G」では10msだったものが「5G」では1msにまで短縮されます。「4G」から「5G」に変わることで1/10に短縮されるということです。1msは1/1000秒なのでタイムラグはほとんど感じることがないでしょう。
 

多数端末接続

 「4G」では接続できる端末の数が、1平方キロメートルあたり10万となっていました。しかし、「5G」ではその10倍にあたる100万ものデバイスに接続が可能です。今まではスマホ・タブレット端末などが主に接続の対象となっていましたが、「5G」で多端末接続が可能となることで、身の回りのあらゆるモノがインターネットに接続可能となります。

5Gで生活にどんな変化が?

現在使われている「4G」は、大雑把にいってしまえば「スマホのためのモバイルネットワーク技術」です。それが進化し、「5G」になるとどうなるのでしょう。おそらく「スマホ」という枠を超えた「様々なデバイスとアプリケーションをつなぐためのモバイルネットワーク技術」になるのではないでしょうか。

高速通信・大容量化が実現することでTV番組などもより臨場感溢れる状態で視聴することが可能になるでしょう。。。
例えば高速大容量化することにより、大きなサイズのデータが一瞬で通信可能となります。具体的にどうなるかといえば、8Kといった超高精細映像データがストレスフリーでストリーミング再生されるといったことが可能となるでしょう。360度映像なども通信がスムーズにできるようになるはずです。

低遅延の進歩実現により自動車の自動運転の実現に近づくことも期待されています。
低遅延という点からすると、車の自動運転などでタイムラグがなくなるというのは大きな効果といえます。時速100kmで自動走行していた時に、もし遠隔操作で自動的にブレーキがかかったとします。その時、従来の「4G」では通信遅延によって30㎝進んでしまいます。しかし、「5G」は遅延が1/10となっているので、停止距離も3㎝程度となります。事故につながる確率はぐっと減りますね。

他接続によりで様々なモノが通信で繋がることで、人がいなくてもモノが動かせるなど、がうごかせより毎日の生活が便利で効率化することも期待できるでしょう。
多端末接続が可能になれば、IoT(モノのインターネット)化が進みます。スマホなどは当然のことながら、腕時計やメガネなどのウェアラブルなモノもデジタル化され、それで通話ができたり映像をみたり、様々な情報が端末に送られてくることも可能になります。天気予報や直近のニュース、交通情報といった情報もスマホを取り出すことなく入手できます。

このように、5Gの登場で私たちの生活はより便利で効率化されると期待が高まっているのです。

気になる5Gスマホの詳細

「5G」に世代が移ることで、ネットワークの在り方はスマホ以外にもさまざまなモノが対象となっていくことが予想されています。しかし、当面デジタルモバイルの主役の座はスマホが中心となっていることでしょう。そこで、ここでは「5G」対応のスマホのメリットなどの詳細をご紹介していきたいと思います。
 

5Gスマホのメリット

今まで「4G」では、通信制限が設けられていました。これは、もし無制限で利用可能にしたとしたら、キャリアのネットワークがとても混雑してしまうという事情があったからです。ですので、多くの方はWi-Fiを利用したり、通信量を少しずつ使って制限がかからないように気にしていなければなりませんでした。その点で「5G」では「高速大容量」「多端末接続」などが可能となっているため、通信量を気にする必要がなくなります。スマホで再生する動画なども、8Kなどの超高精細度映像となり、通信速度も速いため気軽に楽しむことが可能です。

また、超高精細度映像だけではなく、360度映像やVR(仮想現実)、AR(拡張現実)といった様々な映像体験もスマホひとつで経験することができます。
 

5Gスマホはいつから、どこから発売

それでは「5G」スマホはいつ頃の発売を予定しているのでしょうか。総務省は、docomo・au・Softbank、そして2019年10月から4つ目のキャリアとして参入する楽天モバイルに対して、「5G」の周波数帯を割り当てました。大手4キャリアが2020年前半を目安にサービスを開始する予定です。公表されている情報では、docomoが2020年春に、auが2020年3月に、Softbankが2020年3月頃に、楽天モバイルが2020年6月頃に予定しているとのことです。
 

値段はいくらぐらい?

気になる「5G」対応のスマホの価格ですが、「5G」非対応のスマホより3割ほど高くなるようです。現在、韓国サムスン電子の「ギャラクシーS10」が最新のモデルとして発売されていますが、1,000ドルを超える高額な値段となっています。まだ本格的な運用が始まっていない地域の多い「5G」を利用するために、1,000ドルを超えるスマホが欲しいかどうかは悩ましいところです。逆をいえば、「5G」が普及し、浸透していけば、スマホ端末価格もそれほど高くはならないのではないのでしょうか。しばらくは様子見、といったところかといえます。

まとめ

「5G」の3つの特徴である「高速大容量」「低遅延」「多端末接続」は、2020年以降の社会のあり方を一変させるだけの可能性を秘めています。そして私たちにまったく新しいライフスタイルを提供してくれるでしょう。
我々人間を取り巻く様々なデバイスが「5G」とコネクトすることにより、より豊かな生活が提供されるはずです。近い将来、今まで想像もしなかった画期的なサービスも「5G」の活用により提供されるかもしれませんね。

関連タグ