エアコン(暖房)の適正温度って?冬の電気代を節約するコツも伝授

エアコン(暖房)の適正温度って?冬の電気代を節約するコツも伝授
 
冬になると気になるのがエアコンの暖房にかかる電気代。冬の暖房でエアコンを使用していて「高い電気代に悩んでいる」という方も多いでしょう。じつはエアコンは冷房時よりも暖房時の方が電気代がかかるということをご存じでしょうか。

本記事では、エアコン(暖房)の適正温度について解説するとともに、エアコンの仕組みや冬の電気代を節約する方法をご紹介します。

【水道光熱費の削減】冷房と除湿、どっちがお得?コストを見直すならまずはエアコンの使い方から!
 

冬のエアコン(暖房)の最適な設定温度は?


エアコンを使用する際に冷房より暖房の方が電気代がかかると言われていますが、はたして冬のエアコン(暖房)を使用する際の最適な設定温度の目安はどれくらいなのでしょうか。

環境省では、冬の暖房を使用する際の室内温度の目安は、20度ということを推奨しています。そのため室内温度は、20度で暖房を使用することがベストでしょう。冬のエアコンの暖房をつけるときは、温度設定を1度低くすると約10%の消費電力を削減することができます。

冬のエアコンで暖房を使用する際は、サーキュレーターや扇風機を併せて使いながら空気を循環させたり、断熱シートにより窓を断熱し外からの冷気を遮断するといった工夫をすることで暖かく快適に過ごすことが可能となります。

エアコンの平均消費電力は?電気代が高い原因や、コスト削減のポイントを解説

エアコン(暖房)の仕組みとは?


そもそも、エアコン(暖房)の仕組みとはどのようになっているのでしょうか。ここでは、エアコンの運転時に必要となるヒートポンプ技術と冷媒についてカンタンにお伝えします。
 

ヒートポンプ技術


空気の中には熱が存在しており、どれほど冬の冷たい空気であったとしても熱をもっています。「ヒートポンプ技術」とは、空気中に存在する熱を集め、熱をガス(冷媒)に乗せて移動させる技術のことをいいます。エアコンは、じつは暖房を使用する際も冷房時も同じヒートポンプ技術を使用しています。

 

冷媒


エアコンは、室内機と室外機の間を冷媒と呼ばれるガスがグルグル回っています。冷媒は、空気の熱を運ぶ役割を担っており、冷房時には室内の熱を外に運び、暖房時には外の熱を室内に移動させています。

暖房時は、ヒートポンプシステムが「冷媒」を膨張させており、冷媒を外の空気より冷やし外気中の熱を取り入れる準備をします。そして冷たくなった冷媒は、外の空気の熱を取り込み室内機のエアコンまで移動します。移動中、ヒートポンプシステムは冷媒を圧縮させて、集めた空気をさらに温めます。その後、温まった空気は室内口の吹き出し口から室内へ送られるという仕組みになります。

冬のエアコン(暖房)の電気代を節約するコツ!


次は、いよいよ冬のエアコンで暖房を使用する場合の電気代を節約するコツをご紹介します。
 

①電力会社の見直しで節約


2016年よりはじまった電力の自由化により、電力会社を自由に選択できるようになりました。自身の環境に合った電力会社やプランに切り替えることで、法人の場合であれば、年間数万円~数十万円節約できることも。そのため、冬のエアコン(暖房)の電気代を安くしたい場合は、まず電力会社の見直しからはじめてみるといいでしょう。

電気代値上がり…こんなときこそお得に使える新電力に!詳しくはこちら
 

②エアコンは自動運転にする


エアコンを使用するときに、電気代が高くなることを気にして、最初からリモコンを弱運転モードにしてしまっている方は多いのではないでしょうか。じつはその方法だと、反対に電気代が高くなってしまうというケースが少ないありません。エアコンは、設定温度にするまで一番電気を使用するため、自動運転でに瞬時に室温を上げてしまった方が電気代を抑えることができます。そのため、エアコンをつける際はなるべく、自動運転モードを使用するようにするといいでしょう。

エアコン洗浄でコスト削減!電気代が高い原因や導入メリットを紹介

 

③窓の断熱で外の冷気を遮断する


冬場はとくに窓ガラスが一枚で薄いため、外の冷気取り入れやすく、暖房で暖めたとしても室内の空気を冷やしてしまいます。そのため、窓の断熱をすることで室内を暖かく保つことが可能となります。断熱方法は主に以下が挙げられます。

方法①窓ガラスを断熱ガラスに切り替える
方法②厚手のカーテンや断熱カーテンに切り替える
方法③断熱シート・断熱フィルムを窓に貼る
方法④断熱ボードを窓際に立て掛ける
 

④ 扇風機・サーキュレーターを併用する


冬場にエアコンで暖房を使用する際は、エアコンとあわせて扇風機やサーキュレーターを併用することで電気代をグッと抑えることが可能となります。その理由は、エアコンから吹き出た暖かい空気は上のほうに溜まるという性質があります。そのため、扇風機やサーキュレーターを上に向けて回し空気を循環させることで温かい空気が下に降りやすくなります。こうすることでエアコンの消費量を減らすことができるのです。
 

⑤こまめにフィルター掃除をしよう!


エアコンは、ホコリが溜まると運転効率が下がり、余計な電力を消費してしまいます。こまめにフィルター掃除を行い、ゴミを取り除くことで運転効率上がり結果的に電気代の節約にもつながります。とはいえ、なかなか自分でエアコンの掃除や洗浄などを行うのは難しく手を付けていない方も多いのではないでしょうか。
そんな場合は、エアコンの「オーバーホール」を利用することをおススメします。エアコンのオーバーホールとは、清掃できない部分や落としきれない汚れなど、空調機を定期的に分解して薬品による洗浄を行う「分解洗浄」のことを指します。このオーバーホール(分解洗浄)を行うことで、隙間やダクト内の汚れもしっかり落とすことができる上、電気代を最大40%も削減することが可能となります。

空調機の分解洗浄で電気代最大40%削減!オーバーホール(エアコン)の詳細はこちら


 

⑥エアコンを新品に切り替える


エアコンの消費電力は、毎年約4~5%の割合で増加し、使用期間が10年を超えてしまうと約50%以上の消費電力が増すと言われています。一方、新品のエアコンは消費電力が低いため、新品のエアコンに切り替えることでコスト削減が可能となります。
とくに法人などで使用する業務エアコンであれば、一般家庭などで使用しているエアコンよりも大型で消費電力も高いため、エアコンを新品にすることで電気代を大幅に節約することができます。

エアコン|新品に切り替えで約50%以上の消費電力を削減!

まとめ


今回は、エアコン(暖房)の適正温度をはじめ、エアコンの仕組みや冬の電気代を節約するコツをご紹介しました。エアコンは、冷房時より暖房時のほうが電気代が高くなってしまいます。電気代が高くなるこれからの季節に向けて、まずは電力会社を見直しやエアコン掃除、窓の断熱などカンタンにできることからはじめてみましょう。もし、エアコンを長年使用している方は、いっそのこと新品に切り替えるのも電気代を節約する一つの方法です。節約ポイントをしっかり押さえて賢く電気代を節約していきましょうね。

≫【相談無料】電気代の削減やコスト削減に関する問合せはこちらから



 
 

関連タグ