直帰率が下がる!?コンバージョンあがるくん(C-bot)をオススメする理由

直帰率が下がる!?コンバージョンあがるくん(C-bot)をオススメする理由

WEBサイトからの成果を増やすために「集客はできているのにCVRが上がらない」と悩まれている方も多いでしょう。

※CVR
Conversion Rate(コンバージョンレート)の略で、Webサイトに発生したアクセスのどれだけがサイトの成果=コンバージョン(商品の購入や申込み)を達成したかの割合を表す指標です。

CVRが上がらない原因は様々な理由がありますが、今回はCVRに直接関係する「直帰率」について解説していきたいと思います。

直帰率が高いとCVRが上がらない理由

直帰率とは、サイトに入ってきた人が1ページだけを見てサイトを出ていく割合を示します。「このサイトには良い情報が書いている」と判断したユーザーは複数ページ閲覧する可能性が高いので、直帰率が高いということは、それだけユーザーがページに満足していない可能性が高いということです。

もちろん例外もあり、1ページだけをじっくり読み込むユーザーが多いサイトも存在します。その場合直帰率が高くても滞在時間は長くなるでしょう。ただしこれは例外的なもので、平均的に直帰率が低いサイトはユーザーの満足度が高くCVRも上がりやすいです。

直帰率が低いとCVRが上がる理由はシンプルで、「成果につながるページにユーザーが流れる可能性が高い」からです。WEBサイト内には多くのページがありますが、すべてのページが成果に直結する内容になっているケースは稀でしょう。

すべてのページに広告が掲載されていたり、すべてのページの文章終わりにサービス、商品の宣伝を入れている、という構成のWEBサイトは多いです。

しかし、すべてのページがサービス、商品を直接的に宣伝して売るための内容になっている、というWEBサイトはほとんど存在しないはずです。仮に存在していても、ユーザーからの印象はあまり良くないでしょう。

なぜなら単に情報収集しているだけのユーザーの方が多いので、最初から販売促進ばかり考えたコンテンツを作っても離脱される可能性が高くなるからです。そもそもユーザーのニーズを満足させられないとGoogleが判断し、検索エンジン上の表示ランクも落ちるかもしれません。

つまり「情報を提供してユーザーを満足させるためのページ」「コンテンツに満足してくれたユーザーがサービス、商品購入のための流入してくるページ」をわけて考えることが基本になります。

ユーザーが最初からサービス、商品購入を考えていて、検索エンジンから直接成果につながるページに入ってくるケースも当然あります。とはいえユーザーの多くは情報収集のために検索しているので、まずはそのニーズを満たすためのコンテンツを提供し、そこから成果につながるページに流すケースの方が多いでしょう。

つまり最初の段階でコンテンツに満足してもらえずにユーザーが離脱してしまうと、CVRは上がらないということです。直帰率を下げることでCVRにつながります。

チャットボットの導入で直帰率を下げられる理由

直帰率が上がってしまう理由はいくつか考えられますが、具体的には以下のようなものです。

欲しい情報とコンテンツの内容がずれている
1ページを見た後に、次に見たいページがなかった
ページの表示が遅い

サイト運営者側ではなく、ユーザー側として上記のような経験があるのではないでしょうか。何か調べ物をしようとして、上記のようなケースに該当してページを離れることは多いはずです。

そしてチャットボットによって改善できるのは、1番目と2番目のケースです。ページの読み込み速度に関してはチャットボットではどうしようもないので、画像の軽量化、サーバーの見直し、などの対策が必要になります。

1番目と2番目のケースでは、直帰率の改善が可能です。まず1番目のケースでは、チャットボットがヒアリングと案内を行うことで、ニーズに合致するコンテンツが見つかります。

これにより、表示されたページがニーズに合わないので離脱する、という現象を改善できます。2番目の次に見たいページがなかった、というケースでも同様にチャットボットによるヒアリングと案内が有効です。

ユーザーは1ページ目を読んだ結果を踏まえて、チャットボットに対して欲しい情報を入力できます。それに対してチャットボットは最適なページ情報を返すので、ユーザーは直帰せずに2ページ目に読み進みます。

実際Googleの検索エンジンよりも、サイト内でユーザーが次に求めている情報を提供する方が難しいです。サイト内でできることと言えば、サイト内検索、関連記事の表示、記事内にリンクを貼って案内する、といったことです。

しかしサイト内検索ではGoogleの検索エンジンほどうまくは探せない、関連記事や記事内リンクとは外れた部分の情報が欲しい、といったケースは多々あります。

このようなケースで、ユーザーは再度Googleの検索エンジンから検索するので離脱してしまいます。チャットボットを検索エンジン的に使うことでユーザーの離脱を防ぐ効果は非常に大きいと考えられるでしょう。

チャットボットはコンテンツの改善にも役立つ

チャットボットは直接的に直帰率を下げる効果がありますが、間接的にサイト内のコンテンツを改善する効果もあります。なぜなら、「ユーザーのニーズを聞き出せる」からです。

現状、Google AnalyticsやSearch Consoleを使用してユーザーニーズを分析しているケースが多いでしょう。もちろんこれらはユーザーニーズの分析に有効なツールなのですが、あくまでも数値、データによる分析です。

つまりユーザーの生の声が聞けるわけではありません。強いて言うなら検索エンジンに入力したキーワードがわかりますが、それは自社サイトに求めている内容ではなく、検索エンジンに求めている内容です。

チャットボットを導入することで、「自社サイトを訪れたユーザーは何を知りたいのか」ということが簡単にわかります。チャットボットに対してユーザーが入力した情報を元にコンテンツを改善していけば、直帰率を下げること、CVRを上げることにつながっていくでしょう。

結局のところ、一生懸命コンテンツを作っているにも関わらず成果が上がらない原因のほとんどは、サイト内で提供している情報とユーザーのニーズが乖離しているからです。

ユーザーのニーズを満たしているのに成果につながらない、すぐに離脱してしまう、といったケースがないわけではありませんが、少数派かつ改善の難易度は低めです。

一番重要で力を入れるべきポイントはユーザーのニーズを満たすことです。これがないと集客にも成果にもつながりません。そのためにはユーザーのニーズを正確に捉えることが必要で、チャットボットが貢献してくれるということです。

Google AnalyticsやSearch Consoleによる数値、データだけでなく、チャットボットに対して入力された生の声を知ることで、ライバルサイトよりも一歩進んだ、いち早くユーザーニーズを捉えたコンテンツを提供できます。

逆に言えば、今後チャットボットが普及していく中で取り入れていかないと、自社サイトだけがユーザーニーズと乖離したコンテンツを作り続けることになるかもしれません。

コンバージョンあがるくん(C-bot)をおすすめする理由

チャットボットには複数の商品があり、機能もその精度も様々です。特に精度が低いとユーザーの意図とまったく異なった返答をするので、導入前よりもかえってユーザーの満足度を下げてしまう可能性があります。

そこで機能性が豊富で精度の高いコンバージョンあがるくん(C-bot)がおすすめです。C-botはお手頃価格で「メッセージ自動送信」「自動お問い合わせ」などを行います。
 

 

まとめ

WEBサイトにチャットボットを導入することで、サイト内でユーザーの意図に応えることも、ユーザーニーズをつかんでコンテンツを改良することにもつながります。その結果直帰率が下がり、CVRは向上するでしょう。

またその他にも業務効率化につながり、従業員がWEBサイト以外の業務に時間を割きやすい、などのメリットもあります。コンバージョンあがるくん(C-bot)はおすすめのチャットボットです。

関連タグ