業務管理とは?飲食店が扱う業務は?

業務管理とは?飲食店が扱う業務は?
会社を経営するとき、必ず必要となるのが「業務管理」です。業務管理をどのように行っていくのか、その内容によっては、会社の今後を左右してしまうこともあります。そこで今回は、具体的にどんな風にどのようなツールを使って管理していくのが良いのか、ご紹介していきたいと思います。
 

業務管理とは?

業務管理とは、会社での業務を効率的に遂行できるよう、適切に管理していくことを言います。
管理するものの中には、情報や人材、お金や物品管理など会社の業務に関わるすべてものが含まれ、業務の種類も多岐に渡ります。それぞれの業務には関連性があるため、スムーズな業務運営のために、業務管理システムなどを使用して管理をしていく必要があります。

業務管理が重要な理由は?

業務の内容は、業種や会社によって様々です。社内の各部署で行っている処理を業務管理システムで一元化することにより、業務の「可視化」ができるため、企業分析などができるようになります。会社の規模が小さいうちは、業務管理システムを使わずに管理できるケースもありますが、システムを使わず人が管理している場合、ヒューマンエラーを起こしたり、場合によっては不正なども起きる可能性があります。

また業務管理は、内部統制という面でも重要で、会社法で業務の適正が定義されており、必要に応じて内部統制システムの方針開示を求められることがあります。業務管理をすることは、会社の円滑な運営のためだけでなく、法律面でも重要なため、業務管理システムをしっかり整えていくのが良いでしょう。

業務管理の種類

業務管理の具体的な種類は、どんなものがあるのかみていきましょう。
 

販売管理

商品の受発注から出荷、請求まで流れを管理し、在庫の管理を行います。製造業や卸売業で多く活用されており、販売管理機能のあるPOSレジなどもあります。

関連記事:飲食店におススメしたいPOSレジを徹底解説
 

営業管理

営業の動き(プロセスや商談など)を管理します。マップ機能がついているシステムを使えば、マップ上に顧客情報などを表示させることができ、訪問の状況や優先度なども確認できます。
 

生産管理

工場などにおいて、製品の品質や製造コスト、原価や納期までを管理します。生産管理は製品の売れ行き(動向)によって生産量を把握するため、営業管理や販売管理との連携が必要です。
 

会計管理

会社の会計に関するもの全てを管理します。会社規模が小さい場合、紙ベースで会計管理しているところもありますが、システムに変更することで、大幅に業務短縮することができます。
 

顧客管理

その名のとおり、顧客情報を管理します。コールセンターなどで活用されていますが、顧客情報をもとにマーケティング戦略を立てることもできます。
 

人事管理

従業員の情報を管理します。従業員情報の中には、給与や勤怠などの情報が入っています。給与や勤怠などは毎月行う部分のため、自動化できるシステムに変更する企業が増えています。
 

勤怠管理

従業員の勤怠を管理します。そのため、人事管理との連携が必須となってきます。残業代や給与の計算のもととなる部分のため、人事管理同様システムで管理して事務作業を短縮することができます。

飲食店の業務は?

では、飲食店の業務を例にあげてみていきましょう。
飲食店の場合、大きく分けて下記4つの業務があります。

①スタッフや人材の管理
・採用・面接
・勤怠確認
・シフトの作成・調整

②仕入れや在庫・備品の管理
・商品の発注・納品作業
(売れ筋商品などを確認し発注の増減調整)

③売上・コスト管理
・日または月での売上管理
(売上管理の内容によって、仕入れや人件費の調整)

④接客業務
・教育(フォロー研修)

仕入れや在庫・備品の管理と、売上・コスト管理は業務管理システムを使うことで、人的な作業負担を軽くすることができ、スタッフや人材の管理に関しても、勤怠システムを使うことで、勤務時間や給与計算なども簡単になります。
また接客業務に関しては、注文などをハンディなどを使用することで、より効率的に注文から品出しまでを完了させることができます。
149

飲食店の店長必見!飲食店の業務管理ツール

業務管理はツールを使って自動化することにより、大幅に事務作業を短縮することができ、店舗運営を円滑にすることができます。
ここからは、飲食店で使える業務管理ツールをご紹介していきたいと思います。

まかせてネットEX
・会社ごとに合わせたシステムのオーダーメイド作成ができる
・24時間365日サポート体制
・オリジナルで分析帳簿が作れる

Tenp Visor(テンポバイザー)
・クラウド型一元管理システム
・1店舗:月額5000円で利用可能
・無料アプリからのアクセスができる

Gulf CSM(ガルフ チェーンストアマネジメント)
・30000店以上の導入実績あり
・基本機能から勤怠・SNSの管理など18機能が1つで完結
・複数のデバイスやPOSレジに対応

スゴ腕
・Windowsでのレジ管理
・ローコストで、オプションも充実

まとめ

今回は業務管理の重要性から、飲食店で活用できる業務管理ツールをご紹介してきました。
システムを導入することで業務効率も上がりますので、ぜひ参考にしていただき導入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事:【アフターコロナ】飲食店の営業再開に必要な準備4項目とは?

関連タグ