防犯カメラ新時代突入!録画機やSDカードが不要のクラウドカメラって何?

防犯カメラ新時代突入!録画機やSDカードが不要のクラウドカメラって何?

物騒な話題に事欠かない昨今、多くの方の防犯意識は高まってきている傾向にあります。その対策として、自宅やオフィスに防犯カメラを取り付け、不審者の侵入を監視したり、周辺環境の監視をしたりする方が増えています。こうした防犯カメラ・監視カメラの中でも、近年は多くのシステムで導入されている クラウドを利用したものが注目されています。

従来のものに比べてセキュリティレベルも高く、安全性やコスト面においても人気の高い「クラウドカメラ」の詳細から、選ばれるポイントまで解説します。

クラウドカメラとは?

クラウドカメラとは、今まで多く使われていたカメラシステムと違い、 録画機器やSDカードなどを必要とせず、インターネットを介した「クラウド」上にデータを保存できる監視カメラです。録画機やSDカードの場合、容量オーバーで肝心なところが保存できていないことなどありましたが、クラウドはインターネット上のサーバーに保存するため、容量オーバーを気にする必要がありません。

さらにクラウドカメラであれば、インターネット経由でパソコンのブラウザや、スマホアプリなどから簡単に映像を見ることができるため、低コストの導入費用で利用することができます。今や、どの家庭でもインターネットを使っている時代なので、専用のカメラさえ用意できれば、手軽に利用できるのが「クラウドカメラ」です。

スマホアプリなどから簡単に映像を見ることができる

クラウドカメラが選ばれるポイント

①盗難・破損も関係ない!
インターネット上にあるサーバーへ、データを保存する「クラウドカメラ」は、目に見える機器を壊したり、盗んだりしてもデータが消える心配がありません。従来のカメラであれば、証拠隠滅のために、録画機器やモニター・SDカードなどを壊したり、盗んだりすると中のデータは失われてしまっていました。しかしクラウドカメラであれば、いくら本体を持ち去っても、 データはインターネット上に残っているので、管理者が安心して確認ができます。

②セキュリティレベルも高い
お客さまの録画データはインターネット上の専用サーバーに、厳重に保管して管理されています。とはいえ近年は、ハッキングなどのサイバー犯罪が増えているため、回線を乗っ取られてデータを奪われるということもあります。同じようにインターネット回線に繋ぐ「ネットワークカメラ」の場合、こうしたハッキングによる被害が起こる可能性がありました。しかしクラウドカメラは、 クラウド上のサーバー自体にセキュリティをかけているため、万全の体制で犯罪を抑止することができます。

③導入費用が抑えられる
クラウドサービスは、インターネット上のデータ管理サービスになるため、導入費用を抑えられるという点も大きなメリットとなっています。これまでのカメラの場合、本体以外にも録画機器やケーブル、専用のモニターなどを必要とするものがほとんどでした。しかしクラウドカメラであれば、ご自宅のインターネット回線とパソコン、もしくはスマートフォンを用意するだけで利用できます。厳重なセキュリティ対策を備えたサーバーになるため、月額料金が発生することが多いですが、サポートも付いてくるものも多いので、気軽に安心して利用できます。

まとめ

防犯意識が高まる中、大きな会社だけでなく小規模のオフィスや店舗、自宅でも手軽に防犯カメラを取りつけられるようになりました。録画機器などを設置するスペースがない場合でも、スマホやパソコンを使うことで無駄なスペースが必要ありません。自宅外にいても遠隔で、リアルタイムの映像を見ることができるので安心ですね。

自宅やオフィスの防犯対策を行いたい方、家にいるペットの様子が心配で外出先でも見れるようにしたい方など、手軽に導入が可能な「クラウドカメラ」をこの機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

クラウドカメラ紹介

ELMO

暗い倉庫の中でも鮮明に見えるクラウドカメラです。

 

SecuSTATION

安心安全のサポート体制を誇る、屋外対応のクラウドカメラです。

 

CAN SYSTEM

天井取付OKの倍速再生可能クラウドカメラです。

関連タグ