【大衆点評ってなに?】登録や料金は?中国最大級の口コミサイトを徹底解説

【大衆点評ってなに?】登録や料金は?中国最大級の口コミサイトを徹底解説

今回は、登録ユーザー6億人を超える、中国版食べログ「大衆点評」の実力を紐解いていきます。実際に導入した店舗でどんな変化が起きたのか…数字で分かりやすく見ていきましょう!
そのビフォー&アフターに驚かされること、間違いなしです。

「大衆点評」とは

日本語で「みんなの口コミ」という意味を持つ、「大衆点評」。世界中の店舗情報と利用者の口コミやレビューを掲載する、中国最大の生活情報サービスプラットフォームです。
日本国内の登録店舗数は約80万店舗あり、中国政府提供のデータによると、日本を訪れる中国人の海外個人旅行者の45%が旅行前に大衆点評のレビューを参考にしているとのこと。日本へ旅行する中国人にとって欠かせない情報ツールとなっています。

大衆点評を詳しく見る

大衆点評は中国最大の口コミサイト

 

日次アクティブユーザー数:5,000万人

1日あたりのアクティブユーザーは5,000万人としています。中国だけでなく世界中の店舗が掲載されているため、中国人にとって、中国はもちろん、世界中を訪れる際に参考にしているということがわかるでしょう。

世界中に3,000以上の世界都市を網羅

アメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、アセアニアを中心に、1,000の国や地域をカバー。全合計で3,000万店以上が掲載されています。大衆点評一つで、広い地域をカバーできるため、信頼して使われているでしょう。

日本では100万店以上が掲載

日本においても100万店を超える店舗が掲載されいてます。そのジャンルは、百貨店から飲食店、ドラッグストアや観光スポットなど幅広いジャンルのスポットが掲載されいています。
 

中国人観光客の55%が利用

日本において、訪日外国人の1/4を占める中国人観光客ですが、日本を訪れる中国人観光客のうち、その半数以上が大衆点評を活用していることがわかっています。
》中国人のトレンドを知るにはSNSのWeiboが重要?

大衆点評は様々なシーンで便利

大衆点評の強みの一つとして、幅広い業界に関する口コミが投稿されているという点。単純に宿泊施設や飲食店だけでなく、映画館や美容施設、ショッピングやフィットネス、温泉やカラオケなど、業界にとらわれずに情報を集められるため、多くのユーザーから支持されているのでしょう。

特に中国では、情報収集を口コミサイトで行うのが定番であるため、中国人観光客の集客を狙うのであれば大衆点評、トリップアドバイザーの運用が必要になってくるでしょう。
》中国人観光客に注目!集客の鍵は「口コミサイト」の運用

大衆点評の登録方法は?

大衆点評に掲載する場合、まずは会員登録を行なった上で店舗登録を進めていきます。基本的に方法は簡単なのですが、注意したい点は「中国語表記」という点。翻訳サイト等を使いながら登録を進めていくことも可能ですが、運用をしていく上でもいちいち中国語ベースに進めていかなくてはなりません。
この点に関して、時間も労力もかかってしまう場合は、運用代行を活用する方法を取りましょう。

大衆点評の運用代行とは

運用代行とは、店舗や企業の代わりに大衆点評を運用するサービスです。コストは多少かかりますが、口コミサイト、とりわけ大衆点評が中国人にとって最も使われているサービスという点、日本への訪日外国人の1/4が中国人観光客という点を踏まえると、大衆点評をうまく運用して集客に繋げたいところです。

「大衆点評」サービスプラン

現在ご案内しているサービスプランは以下の通りです。

  VIPプランS ベーシックプランS ライトプランS
初期費用 50,000円 50,000円 50,000円
パッケージ料金 55,000円/月 35,000円/月 21,000円/月
大衆点評公式登録
(12ヶ月契約)

※クーポン掲載不可
年間サポート
料金内
広告チャージ

(約306,000円分/約360日分)

(約136,000円分/約140日分)

(約51,000円分/約60日分)
※上記プランの料金は、いずれも大衆点評公式登録サービスに年間サポート5,000円/月を含むパッケージ料金となります。(料金はすべて税別表記)

【特徴1】初期導入時の手厚いフォロー

■大衆点評アプリ初期設定
・ページ情報登録 ※中国語翻訳含む
・おすすめメニュー登録(5点)
・アルバム画像登録(30点)
・クーポン設置 ※ライトプラン除く
・初回広告配信設定

■その他ツールの提供
・大衆点評アプリ管理画面マニュアル
・アプリ集客活用ガイド
・店頭ツールの提供
(店頭ステッカー・店内で口コミ投稿ができるQRステッカー・ショップカード)

【特徴2】充実した年間サポート

・ページ情報の更新・差し替え ※中国語翻訳含む
・メニュー、クーポン、アルバム画像変更(月2回まで)
・広告設定(年4回まで)
・簡易広告レポート(2ヶ月毎)
・専任スタッフによる電話サポート(平日対応)
・口コミに関する相談 ※返信代行は含まず

【特徴3】アプリ内広告による店舗集客

■プロモーション広告
・キーワード検索優先表示広告
検索結果一覧の並び順で、優先的に表示されます。
・おすすめ店舗バナー広告
貴社店舗のバナーを有名家電量販店やドラッグストアのページの上に表示したり、ほかの店舗ページで「その他おすすめのお店」として貴社店舗を表示したりと、あらゆるシーンで露出が増え、クリック率アップに繋がります。

■広告管理画面
管理画面より、広告に対しての閲覧数やクリック数、流入数などの確認ができるため、マーケティング力アップも見込めます。

「大衆点評」導入店舗に起こった驚きの変化!

では、実際にサービスプランを導入した店舗では、どのような変化が起きたのか見ていきましょう。

CASE1.7ヶ月で約70,000PVを達成した「焼肉バル」

業態 焼肉バル
出店エリア 東京・銀座
導入プラン ベーシックプラン
導入効果 7ヶ月間: 2018年9月~2019年4月

都内に数店舗を展開している、国産和牛をバルスタイルで提供するこちらの店舗。ベーシックプランで公式ページを開始しました。

導入前は、ほとんど閲覧されていなかったページが、導入後は一日に240~650PVを獲得。約7ヶ月で計約73,500PVという数字をたたき出しました。






 

CASE2.来店後の口コミ投稿もUP!「海鮮丼店」

業態 海鮮丼店
出店エリア 北海道・札幌
導入プラン ベーシックプラン
導入効果 5ヶ月: 2018年12月~2019年4月
 

こちらの海鮮丼店では、導入から約5ヶ月で計約45,000PV。来店後の口コミ投稿数も格段に上がり、新規顧客の獲得チャンスを広げています。






 

CASE3.クーポン利用で売上UP!「着物レンタルショップ」

業態 着物レンタルショップ
出店エリア 東京・浅草
導入プラン VIPプラン
導入効果 5ヶ月: 2018年12月~2019年4月

VIPプランを導入した着物レンタルショップでは、導入前は一日に0~5ほどだったPV数が、150~440PVにまで増加。5ヶ月で計約45,000PVに達しました。

また、クーポンの閲覧数は1,453回・利用数は559件となっており、想定売上は、なんと約200万円!(客単価:4,000円想定)





「大衆点評」は、店舗ページの開設や口コミの投稿など、基本はユーザーによる登録となります。ですが、それが本当に正しい情報とは限りません。店舗側で公式情報の登録を行える“サービスプラン”を導入することで、お客様に正しい情報を届けることが可能になります。さらに広告を活用するなどし、より効果的に集客アップを目指しましょう。

大衆点評を詳しく見る

 

さいごに

これから益々増え続ける中国人観光客の集客対策には「大衆点評」が効果絶大です。導入した店舗の実例からも、おすすめする理由は分かっていただけたかと思います。弊社では、登録から運用、コンサルティングまで充実したサポートをご提供いたします。

また、この他にも各種商材を扱っているため、集客やコスト削減など様々なお困りごとをワンストップで解決に導くお手伝いをすることが可能です。まずはお気軽に、下記フォームよりお問い合わせください。
》大衆点評への登録や運用についてはこちらで詳細をチェック!

関連タグ