• TOP
  • コラム
  • 広がるデジタルトランスフォーメーション(DX)飲食店での導入事例
広がるデジタルトランスフォーメーション(DX)飲食店での導入事例

広がるデジタルトランスフォーメーション(DX)飲食店での導入事例

wizマガジン編集部
昨今では、デジタル技術の進化によってビジネスにも大きな変化が起きています。中でもデジタルトランスフォーメーション(DX)が注目を集めており、飲食店でも導入され始めています。今回は、飲食店におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の導入事例についてご紹介します。
 

飲食店でのDX事例を紹介

デジタルトランスフォーメーション(以下、DX)とは、情報やインターネット技術の進化により、様々なモノやサービスの仕組みに関する利便性が増していくという意味として捉えると良いでしょう。。これはスウェーデンのウメオ大学、エリック・ストルターマン教授が、2004年に提唱した考え方です。
DXをわかりやすく表現すると、「デジタル技術の進化とその浸透により、生活に関わるモノがより便利になること」です。

2018年12月には、経済産業省でも「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン」を発表しました。DXは一部の業界だけでなく、ビジネス全体に変革を起こしているとされています。
特に現在注目されている飲食業界におけるDXについて、実際の店舗での事例をご紹介します。
 

飲食店のPOSレジ導入事例

単純な会計作業だけでなく、便利な機能を兼ね揃えた「POSレジ」を導入している飲食店を2例ご紹介します。
  

SPICY

SPICYは、スパイシーな料理とお酒が楽しめるお店です。POSレジ導入前は、手書きで注文を行い、注文書を元にアナログでレジ打ちをしていたため、お客さまを待たせることが多くありました。

スタッフの負担軽減をするために、タブレットPOSレジである「blaynレジ」を導入しました。導入後は作業効率がアップし、お客さまを待たせる時間が減りました。また、タブレットやスマホさえあればどこでも売上が見られるので、経営状況を把握するのにも役立っています。

鶏笑

鶏笑は、中津しょうゆを使ったタレが秘訣の唐揚げ専門店。POSレジ導入前は、手書き注文・それを元にしたレジ打ち作業を行っていました。作業効率が悪く、レジ前ではお客さまを待たせてしまうこともありました。
blaynというPOSレジを導入後は、会計伝票が出てくるため、レジの作業効率がアップしました。新しい商品を登録するときもその場で商品を打ち込めば完了するので利便性も上がっています。


飲食店のWi-Fi導入事例

飲食店に「Wi-Fi」を導入するとさまざまなメリットがあります。2つの飲食店における事例をご紹介しましょう。
 

焼肉ホルモン 龍の巣

肉屋直営焼肉店の焼肉ホルモン龍の巣。お店は新宿にあり、海外のお客さまがよく来店されます。お客さまから「Wi-Fiはないのか?」という問い合わせが多く寄せられたため、Wi-Fiを導入することになりました。
導入したのは、ギガらくWi-Fiです。導入後は、海外だけでなく日本のお客さまにも喜んでもらえるようになりました。


EUREKA BAR AND DINER

EUREKA BAR AND DINERは、本格カクテルショーが見られる話題のお店です。店内ではWi-Fi環境が必須のため、Wi-Fiを導入しました。導入後は、お客さまから使いやすいと好評を得ています。


防犯カメラ(クラウドカメラ)のWi-Fi導入事例

お店を守る防犯カメラは、「クラウドカメラ」が主流になってきています。こちらも2つの店舗における導入事例をご紹介します。
  

沖縄の台所ぱいかじ恩納本店

沖縄の郷土料理を提供している沖縄の台所ぱいかじ恩納本店。管理事務所と店舗は離れているため、お店の状況を確認できないという問題点がありました。解決するために、クラウドカメラとギガらくWi-Fiを導入しました。
導入後は、管理事務所から店舗までわざわざ歩いて行く必要がなくなり、防犯はもちろん、来客の状況やスタッフの稼働状況がすぐ把握できるようになりました。
 

呑ませ亭

呑ませ亭は、創作料理を提供する落ち着いたお店です。防犯のためのカメラがなかったため、クラウドカメラを導入しました。
クラウドカメラは、店舗入口の外側と内側に2つ設置しました。広く見渡せカメラのため、お店の防犯だけでなく地域の防犯にも貢献でしたいと考えています。
 

instatown導入事例

「instatown(インスタタウン)」は、SNSのInstagramを使った集客ツールです。自動でいいねとフォローを送り、相手が気づいてお店にアクションを取る仕組みです。

株式会社甲羅 赤から

辛くて旨味がある「赤から鍋」を提供しているのが株式会社甲羅 赤から。SNSや広告のノウハウがなく、今後SNSからの集客やブランディングを強めていきたいと考えていたときにinstatownを導入しました。
導入後はお客さまからダイレクトメッセージやコメントが来るようになり、「美味しかった」「こんなメニューが欲しい」などの声を聞くことができ、スタッフの励ましになっています。
 

まとめ

飲食店におけるDXの導入としては、POSレジやWi-Fi、クラウドカメラ、SNS集客などさまざまなものがあります。
これらDXの導入によって作業は効率化し、お客さまの満足度向上も見込めます。また、お客様にとっても「より便利で使いやすい店舗」としてシフトされれば、集客も期待できるでしょう。
ぜひ、こうしたDXの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

あなたにぴったりの
プランをご提案します

ワイズクラウド相談窓口
受付時間:平日9:00-18:00
(土, 日, 祝, 年末年始除く)
中小企業の人事が使いたいサービスNo.1
5分で簡単求人投稿

新着コラム

COLUMN