知らないと損!IT導入補助金って知ってますか?

知らないと損!IT導入補助金って知ってますか?

2018年4月20日、経済産業省は、中小企業や小規模事業者が、自社のニーズに合ったソフトウエアやサービスといったITツールを導入する際、経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートする「IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)」の公募を開始しました。今回は、ワイズクラウドで取り扱っているサービスとあわせてご紹介していきます。

そもそもIT導入補助金って何?

「IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)」とは、事前にIT導入支援事業者が登録したソフトウエアやサービスから利用するツールを選択し、IT導入支援事業者が申請や報告等の各種手続きを行い、補助金を受ける制度です。自社の強み・弱みを認識、分析し、生産性向上のためにIT導入支援事業者が登録するITツールを、同事業者の提案を受けて検討した上で導入しようとする事業者に対してITツールの導入費用、補助上限額50万・下限額15万で補助率1/2以内の導入補助金が利用できます。

飲食店向けの予約・顧客管理システム 「TableSolution」や、予約台帳システム 「エビカ」。美容院やマッサージ店などのサロンに特化したPOSレジ 「パワーナレッジ」など、専門分野に特化したITツールがIT導入補助金の対象になっています。

今回は、保育園にIT導入補助金を利用する場合を例にとってみましょう。

保育園にIT導入補助金を利用する場合

先に述べたとおり、「ニーズに合ったITツールを導入する」ための補助制度であって、全てのサービスが補助対象になるわけではありません。保育園では保育園向けのITツールが補助の対象です。補助対象は、ソフトウエア、クラウド利用費、導入関連経費等ですので、パソコンやタブレットといったハードウエアは補助対象外となります。ご注意ください。

平成30年度のIT導入支援事業者として選ばれている保育園向けITツールに、株式会社スパインラボが運営する保育園向けITツール 「Codmon(コドモン)」があります。

Codmon(コドモン)とは

it導入補助金
Codmon(コドモン)を詳しく見る

コドモンは、園長や保育者の生産性を高めるべく、毎日の事務作業を削減または効率化するためのシステムです。園児台帳、職員のシフト管理、指導案作成、献立管理など、保育園運営に必要な情報をひとまとめに管理し、事務作業の重複や無駄を自動で省く事で、園児と向き合う時間を増やしつつ、保育者の持ち帰り残業などによる負担を軽減するツールです。「シンプル、簡単」な操作画面で、パソコンに不慣れな方でも安心してお使えるのが特徴です。

情報はすべてインターネット上のクラウドで安全に管理されます。万が一パソコンが故障しても、クラウドに保管されますのでデータの紛失もありませんこのように、「サービス等生産性向上」のためのツールが経済産業省によって選ばれています。

IT導入補助金の申請から交付まで

it導入補助金

最初に注意していただきたいのは、補助の有無やその額については審査があり、後払いだということです。補助の有無・補助金額は「事前の審査」と「事後の検査」によって決定します。

例えばCodmon(コドモン)の場合。補助金の交付を受けようとする保育園の情報(事業計画)および導入するITツール(コドモン)をIT導入支援事業者(スパインラボ)がとりまとめ、事務局へスパインラボが代理申請を行う形になりますスパインラボが提出した申請内容が、補助金の交付を受けるのにふさわしい内容かどうか「事前の審査」があり、その審査が通ればコドモンの導入になります。

運用中はスパインラボが事業実績報告を作成します。その後「事後の検査」があり、申請内容どおりに事業が実施され、補助事業が適正に行われたと認められた場合、補助金額が決定し、交付される順になります。

他にもIT補助金の対象となるサービス

テーブルソリューション

it導入補助金

テーブルソリューションはレストランの予約管理・顧客管理と、お客様のネット予約画面が一体となった総合管理システムです。
お客様はWEBサイトのネット予約ページでかんたん予約受付ができるようになり、その予約情報は予約台帳と連動するので予約状況の確認が簡単にできます。
さらに電話自動応答システムが繁忙時や営業時間外など電話に出られないときも予約を受付ける事ができるので機会ロスを無くすことができます。

ebica

it導入補助金
ebica(エビカ)を詳しく見る

ebica予約台帳は、さまざまな機能を店舗に合わせてカスタマイズできる予約管理システムです。カジュアルな居酒屋からファインダイニング、単店から飲食チェーンまで手広くカバーしています。お客様のご予約は全てインターネットで確認ができます。話し中で取れなかった予約電話にも「おり返し電話」が出来るようになるので、機会ロスを大幅に減らす事ができます。お店の集客力を最大限に高めながら、お客様に最高のおもてなしをご提供することができるようになるのがebicaの特徴です。

まとめ

「サービス等生産性向上IT導入支援事業」は、補助金の申請から交付までをIT支援事業者と連携を取り合って行います。事業者はその道のプロですので補助金の交付は確実に受け取れると思います。中小企業・小規模企業のみなさまが便利なITツールを低価格で導入するには、ちょうど今が好機です。第三次公募は2018年11月19日まで受け付け中ですので、ぜひ、このチャンスをお見逃しなく。

▶IT導入補助金のWEBサイト(外部サイトに移動します)はコチラ。

関連タグ