小規模店舗運営者にはLINE公式アカウントよりもLINE@がおすすめ!その理由は?

小規模店舗運営者にはLINE公式アカウントよりもLINE@がおすすめ!その理由は?

LINEはビジネス用ツールとして、LINE公式アカウントとLINE@の2種類のサービスを提供しています。どちらも集客や販促用としての目的があるため、「公式アカウントとLINE@は何が違う?」という疑問を持つ方も多いはずです。

そこで今回は、LINE公式アカウントとLINE@の違いを紹介していきます。実は、価格や機能などに様々な違いがあります。

そして、小規模の店舗を運営している方にはLINE@がおすすめです。この記事を読むことでその理由がお分かりになるかと思います。

LINE公式アカウントとLINE@の違い|一番の差はコスト

LINE公式アカウントとLINE@は、どちらもビジネス向けに用意されたサービスです。

内容が似ていることもあり、両者を混合してしまっている方も多いのではないでしょうか。しかし、LINE公式アカウントとLINE@には様々な違いがあります。

その一番の差は「コスト」です。LINE公式アカウントとLINE@はどちらも月額制サービスですが、その費用は大きく異なります。

LINE公式アカウントの月額費用は250万円です。また、有効友だち数やメッセージ配信数によって250万円以上になるケースもあります。公式アカウントの機能を最大限に生かすと月1,000万円以上になることもあり、運用コストは高めです。

一方、LINE@は、公式アカウントに比べ圧倒的に費用が安くなっています。LINE@には3種類のプランが用意されており、それぞれ月額料金が異なります。

  • フリープラン:無料
  • ベーシックプラン:5,000円
  • プロプラン:20,000円
LINE公式アカウントに比べて費用が安い理由は、それだけ機能が制限されるからです。公式アカウントの場合、ビジネス用として利用できる機能はすべて使うことができます。一方、LINE@は、料金が安くなるほど利用できる機能に制限があります。

ただ、無料で使えるLINE@のフリープランでも、基本的な機能は揃っています。そのため、LINEに使う目的によっては、LINE@のほうがシンプルで使いやすく、なおかつ費用まで抑えられるでしょう。

では、公式アカウントとLINE@には、それぞれどのような機能があるのでしょうか。次の章で詳しくお伝えしていきます。

LINE公式アカウントの特徴・機能

LINE公式アカウントは、費用が高い代わりに機能が充実しています。メッセージやクーポン、1:1トーク、アカウントページ、タイムラインといった機能を使うことが可能です。また、LINE公式アカウントにしかない機能が用意されています。

公式アカウントとしての表示

LINE公式アカウントに登録すると、プロフィールに公式アカウントマークが表示されます。これはLINE@にはありません。

公式アカウントマークが表示されることでユーザーからの信頼を獲得することができます。たとえば、企業や著名人を名乗って偽アカウントを運営する「なりすまし」の防止に役立つでしょう。

プロモーションスタンプ

プロモーションスタンプとは、企業や店舗がユーザー向けに用意できるLINEスタンプのことです。自社について広く認知することができるほか、ブランディング、キャンペーン参加のインセンティブといった目的で利用できます。

LIVE CAST(ライブキャスト)

ライブキャストは、LINE内で動画のストリーミング配信ができる機能です。映像はリアルタイムで配信することができます。配信中にはメッセージを送受信することができるため、ユーザーとのコミュニケーションツールとしても最適です。

LINE@の特徴・機能

LINE@は、LINE公式アカウントに比べ機能は制限されるものの、お得な値段で利用できるというメリットがあります。LINE公式アカウントで利用できる基本的な機能は利用できるため、目的に合わせて選び分けることをおすすめします。

また、LINE@には、ショップカードという独自の機能もあります。ここでは、ショップカードの特徴と、LINE@で利用できる基本的な機能についてお伝えしていきましょう。

ショップカード

ショップカードとは、LINE@アカウント専用のポイントカードを作ることができる機能です。「店舗などで作るポイントカードがLINE上で使える」とイメージすると分かりやすいでしょう。

友だちになったユーザーに対し、ポイントカードの配布やポイント付与、特典チケットの配信といったことができます。リピーターを獲得する手段として最適です。

1:1トーク

1:1トークとは、友だち登録したユーザーと1対1でメッセージのやり取りができる機能です。ユーザーとのコミュニケーションツールに適しています。たとえば、商品やサービスのお問い合わせに対応したり、店舗の予約の受け付けといった使い方が一般的です。

メッセージ一斉配信

メッセージ一斉配信とは、友だち登録したユーザー全員に一度でメッセージを送れる機能です。クーポンやアンケート機能と組み合わせることで、より効果の高いコミュニケーションへと繋がります。

タイムライン

タイムライン機能を利用することで、ユーザーのタイムライン上に情報を投稿することができます。その投稿には「いいね」のほか、コメントを付けることもできるため、コミュニケーションツールとしても優れています。

小規模店舗運営者にはLINE@がおすすめ!

小規模店舗を運営する方にはLINE@をおすすめします。

LINE公式アカウントは集客や販促に役立つ機能が多いものの、最低でも月250万円のコストがかかります。小規模事業者にとっては大変な負担ではないでしょうか。

しかし、LINE@にはフリープランが用意されているため、無料で利用することができます。もちろん月額料金が高くなるほど使える機能は多くなりますが、お試しとして利用できる点が大きなメリットです。

また、たとえフリープランでも、集客や販促に役立つ最低限の機能が利用できます。以下でそれぞれのプランの機能を比較してみました。 

上記の表を見ると、実は月5,000円のベーシックプランでも、そのほとんどの機能を利用できることが分かります。そのため、わざわざ高い費用を出してまで高いプランを利用することはありません。

また、資金力のある事業者の方や、大規模な店舗運営者の方でも、割安なLINE@のほうが向いている場合もあります。先ほどLINE公式アカウント限定の機能を紹介しましたが、どうしてもその機能が必要な場合の除いては、より安価なLINE@がおすすめです。

LINE@を導入するメリット

LINE@は、数あるSNSのなかでもユーザーとのコミュニケーションに極めて優れています。一斉メッセージ配信や1:1トーク、タイムライン機能など、ユーザーと密にやり取りできる機能が揃っているからです。

そのため、企業としての信頼を獲得したり、ユーザーのロイヤリティを高めるには最適のSNSといえるでしょう。上記の目的の場合、ツイッターやインスタグラムより効果が高まるはずです。

まとめ

集客や販促、キャンペーンなどでLINEを使うときは、LINE公式アカウントやLINE@ が便利です。それぞれ価格や機能が異なるため、それぞれの特徴を見比べて選び分けるべきでしょう。

運用コストは圧倒的にLINE@が安くなっています。そのため、小規模店舗を運営する方にはLINE@がおすすめです。お試し用のフリープランが用意されているほか、月5,000円のベーシックプランでもほとんどの機能が利用できます。

当サイトでもLINE@を紹介していますので、ぜひ以下もご確認ください。特に、ユーザーとより深いコミュニケーションをとりたい方に向いています。 

insta town

LINE@

リアルタイムに販促・PRができるコミュニケーションツール

関連タグ