新たな人間中心の社会への取り組み「Society 5.0」とは?

新たな人間中心の社会への取り組み「Society 5.0」とは?
みなさんは「Society 5.0(ソサエティーゴテンゼロ)」という言葉を目にしたり、耳にした経験はおありですか?
おそらく「ある」といえる方は、あまり多くはないのではないかと思います。

しかし「Society 5.0」は、2016年1月に日本政府によって閣議決定がなされ、策定された「第5期科学技術基本計画」の中で用いられているキャッチフレーズです。
日本が提唱している、そう遠くない未来社会のコンセプトとして「Society 5.0」が登場しています。アベノミクスの第三の矢である成長戦略となっており、とても重要な役割を担っている政策といえますが「Society 5.0」の認知度は現時点で未だ低く、3年が経過した今もさほど普及していません。

そこで今回は「Society 5.0」とはいったい何なのか、その目的はどういったものなのかを、具体的な事例を挙げつつご説明していきたいと思います。

Society 5.0とは

私たち人類社会の歴史は、大きく分類すると、現時点で4段階に分けられます。
まず最初の社会であり、自然と共生して生活していた「狩猟社会」を、Society 1.0と位置付けています。
次に灌漑(かんがい)技術の開発により、作物を育て定住化が定着した「農耕社会」を、Society 2.0としました。
また次の段階に移ると、蒸気機関の発明や大量生産が開始された「工業社会」を、Society 3.0と定義。
そして社会は現代へと移り、コンピュータが開発され、情報が簡単に流通するようになった「情報社会」を、Society 4.0と命名しています。

こうした人類社会の歩みにおいて、さらにもう一歩先を行く社会形態として掲げられるのが、「超スマート社会」を実現するSociety 5.0です。
Society 5.0は、人類が今まで歩んできた社会に次ぐ5番目の新たな社会を、IoT(Internet of Things/モノのインターネット)・ビッグデータ・AI(Artificial Intelligence/人工知能)・ロボットなどを活用して実現するとしています。
Society 5.0の最終的な目的として挙げられているのが、少子高齢化・地域格差・貧富の格差など、現代社会が抱えている様々な課題の解決です。
ひとりひとりが快適に過ごしていける、新たな「人間中心」の社会の実現を目指します。

現状「Society 4.0」では、氾濫する情報の中から必要なものだけを選び、分析する役割を人が担っています。しかし人が足りない社会となっている今の現状では、人にかかる負担が増す一方です。そこで様々な最先端テクノロジーを駆使し、便利な社会を構築していくというのが、Society 5.0の真の意図といえます。
Society 5.0は生活にどんな関係があるの?
それでは「Society 5.0」の取り組みによって、私たちの生活にはどのような影響があるのでしょうか? ここでは具体的な事例をいくつか挙げていき、Society 5.0でできるようになることをご紹介していきたいと思います。

 

健康・医療・介護

医療・健康・生理計測データなど、様々な情報をリアルタイムに取得したり蓄積したりすることで、病気の予防や健康の促進、QOLの向上などが期待できます。
またこれらのビッグデータをAIが解析し、シェアすることによって、どこでも最適な治療を実現することができます。オンライン環境を整えることで、遠隔診察も行えます。通院や往診などの負担が減り、ベストな医療診断が下せます。
さらにAIが搭載されたロボットが、生活上の支援や会話をすることで、医療や介護の現場で問題となっていた人手不足の解消や、社会全体における医療費・介護費などのコストカットにもつながります。
 

交通・移動

交通や移動などのインフラは、どの地域にとっても大切なライフラインです。しかし近年過疎化が問題になっており、路線バスが廃線に追いやれれてしまったりと、その土地に住んでいる住民にとっては大きな痛手となります。特に高齢者や、障害のある方にとっては致命的な問題です。
そこで活躍してくれるのが、自動運転機能を搭載したバスです。
乗客数が少ない過疎地域でも、利益が上がらず廃線になるということはなくなり、運転手にかかっていた人件費もカットできるため、期待が寄せられています。
当然、自動車でも自動運転機能の普及が見込めます。渋滞の緩和や、事故の防止、ストレスフリーな移動が実現できます。社会全体の利益としてもCO2の削減や、交通事故の減少、過疎地域の活性化など、様々な問題が解決されます。
他にもドライバーの運転傾向から、様々な情報をデータベース化し、蓄積されたビッグデータをもとにAIが分析をすることで、最適な運転計画の提案が可能になり、旅行や観光もしやすくなるというメリットもあります。
 

農業

現在農業分野では、厳しい労働環境や農家の高齢化などによる、人手不足・担い手不足が深刻化しています。そこで活躍が見込まれるのが、無人トラクターやドローンです。無人トラクターは、GPSで正確に農地を把握し、自動的に土を耕したり種をまいたりといったことが可能です。ドローンは搭載されたカメラから、農作物の生育情報を自動的に収集し、状況を把握することで、農地の管理を可能にします。ここから得られた情報は、ビッグデータとして蓄積されAIが解析することで、気象情報と照らし合わせ、自動的に最も適した水やりの管理ができます。

また栽培や収穫の経験やノウハウをデータベース化し、今まで培われてきた熟練の技術をロボットがデータ管理します。こうすることで、例えばビニールハウスの開閉や、水やり・肥料を与えるタイミングなど、労力がかかっていたものを省力化し、知識・経験が必要だったものをデータ化することで、高品質の農作物を生産できるといったメリットがあります。
 

店舗経営

サービス業を展開している店舗の多くは、人材確保が難しいのが現状です。そこで、AIやロボット、セルフレジの導入などが注目されています。特にこれらを応用した、無人店舗の経営に期待が集まっています。店舗に設置されたカメラやセンサーで収集した情報から、入店状況や空席情報などをデータ化し、それをAIが分析することで、マーケティングの戦略が容易に立てられます。またカメラで撮影した映像をAIが分析し、万引きなどの様々な犯罪の防止にもつながるのです。

キャッシュレス決済の技術も注目がされています。生体認証技術が普及することにより、お財布を持ち歩くことなく、体一つあれば世界中どこにいても決済が可能となります。現金やカードを使う必要がないため、スムーズで気軽なお買い物ができるのです。
 

くらし

無人のドローンを活用することで、頼んでいた荷物が指定の時間に指定の場所で受け取られるようになります。特に過疎地域など、近くの商店で取り扱っていない商品も、短時間で配達してくれるので、とても便利です。配達業者としても、人手不足の解消となるのでコストカットにつながります。
AI家電を利用することにより、日々の暮らしがグッと便利になります。例えば、テレビ自体がAIを搭載しているのであれば、話しかけるだけで電源のON/OFFや、チャンネル切り替えなどができます。他にもAI冷蔵庫などは、食材のストックを管理してくれるだけでなく、今ある食材から何が作れるのかレシピまで紹介してくれます。

街の保安という観点では、道路や建物など街のあらゆるところにセンサーやカメラを設置し、情報をデータ化することで、状態を把握することができます。これらのカメラやセンサーが収集したデータは、ビッグデータとしてAIにより解析され、災害時にも役立ちます。危険な場所の特定や被災状況などの把握により、避難情報のインフォメーションが素早く行え、ドローンやロボットによる避難所までの誘導ができます。パワードスーツや自律型ロボットによる救助活動や、ドローンを使った被災地への救援物資配送といった、迅速な復興活動にも期待が持てます。

Society 5.0が秘めている可能性

Society 5.0の活発化により、様々な可能性が広がることとなります。IoTやAIの活用で社会全体の効率化がはかられ、人手不足問題も解消します。
様々なノウハウをデータ化することで、後継者不足が深刻な問題となっていた、消えゆく伝統技能の匠の業も、しっかりと未来に伝承していくことが可能となります。
ビッグデータをAIが自動解析することによって、人的負担も大幅に減り、誰もが輝ける社会の構築が実現できます。

Society 5.0の秘めた可能性は、現代社会が抱える諸問題の解決だけではありません。
Society 5.0がスタンダードとなる社会では、様々な分野の垣根を越えて、企業同士の連携がはかられることが予想されます。
医療・交通・農業・経営・くらし・防災だけにとどまらず、ものづくり・インフラ・金融など、様々な分野で企業が手を携えることで、まったく新しいアイディアが生まれることもあり得ます。このアイディアが大きなビジネスチャンスに発展する可能性が大いに期待されているのです。

まとめ

日本政府が提唱している成長戦略の中でも、Society 5.0は重要な役割を担う政策として位置づけられています。
これは日本だけにとどまらず、世界の抱える様々な課題解決にも、大変大きく貢献するはずです。実際、国連が提唱している「持続可能な開発目標(SDGs)」という具体的な行動指針と絡め、「Society 5.0 for SDGs」として用いられることもあります。

Society 5.0は、国・人種・年齢・性別というものにとらわれず、誰もが分け隔てなく平等に、必要なものやサービスを享受できる社会の実現を可能にするものです。経済の発展だけでなく、社会が抱える様々な課題を解決するという取り組みといえます。

AIやロボットに監視・支配されるといった悲観的な社会ではなく、人間中心の明るい未来こそが、Society 5.0の実現する社会なのです。
 

関連タグ