「バーティカルメディア」とは?特化型サイトのビジネスモデル

「バーティカルメディア」とは?特化型サイトのビジネスモデル

ご飯のレシピを検索するにはあのサイト!美容に関する情報ならあのサイト!と自分の趣味趣向に応じた業種特化型サイトが思い浮かぶ方、多いのではないのでしょうか。今回はこのような「(業種特化型)バーティカルメディア」とは何かWizもバーティカルメディア事業に参入した立場から詳しくお伝えしたいと思います。

バーティカルメディアについて知ろう

バーティカルメディアは、あるテーマに興味を持つユーザーが、欲しい情報に瞬時にたどり着くように、不要な情報をなくし専門領域に特化した編集コンテンツサイトです。

バーティカルの意味

「バーティカル」は「垂直な」という意味で、総合ポータルが広く浅い情報を提供しているのに対して、狭くて深い情報を提供することでユーザーの細かなニーズに応えるようにしているものです。
少し前までは、検索するときは、Googleにキーワードを入れて、上位にヒットする情報から為になる情報を得ていたと思います。しかし、最近は、欲しい情報を収集する手段が変わり、「この情報はあのサイト!」とサイトで検索する方が増えているのではないでしょうか。こうした(領域)業種特化型メディアがバーティカルメディアです。

バーティカルメディアの出現

情報検索の歴史をたどると、検索→キュレーションメディア→バーティカルメディアとなっています。
10年くらい前はGoogleにキーワードを入れて上がってくるブログやWikipediaで断片的に拾うことが多かったのではないでしょうか。
そのうち「NAVERまとめ」に見られる、一つの情報や話題に特化したまとめサイトが出現し、まとめて情報を検索できる手軽さに気づいた方も多いと思います。「NAVERまとめ」は、あらゆる情報を、自由に組み合わせ、ひとつのページにまとめて保存・紹介できるサービスです。
まとめサイトは、情報過多の中、「要するに」という人々の要望に答えられるように多くの情報を網羅したもので、キュレーションメディアや、アプリなども出現しました。
しかし、キュレーションメディアやNAVERまとめは、一般の人が自由に発信している情報も入っているため、内容が薄い点や専門性に課題がありました。そこで、より詳しく専門的な情報を掲載しているバーティカルメディアに注目が集まるようになりました。

バーティカルメディアの役割


 

バーティカルメディアの特徴

バーティカルメディアの特徴として、特定の領域に特化しており、なおかつ専門性がある点が上げられます。
しっかりとした情報コンテンツのため、ユーザーのニッチな趣向に応えられ、例えば商材やサービスを選ぶ際、比較検討に役立ちます。
有名サイトだと、レシピ検索の「クックパッド」。看護師求人募集・転職サイトの「看護師求人EX」などです。

バーティカルメディアの運営

そんなバーティカルメディアですが、運営していく上で大事なことが3つあります。1つは導線の確保です。特にニッチな話題の場合は、サイト自体が見つけてもらいにくいという難点があります。SEO(検索エンジン最適化)、WEB広告や関連するサイトなどとの連動も検討していくと良いでしょう。

バーティカルメディアを運営する上で欠かせないのがコンテンツです。ユーザーの満足度に応えられるコンテンツとなるよう、高い精度と文章量も必要になってきます。そのため、どんな状況にある誰のどんな役に立ちたいのか、ターゲットを明確にしていく必要があります。

全体として検索量が少なくてもカテゴリーに特化してそこで1番をとれれば、ターゲット層からの認知度も得られブランディングとしても成功するのではないでしょうか。

バーティカルメディアのモデル

メディア運営事業社のビジネスモデルと言って思い浮かぶのは、
①利用者に対して無料で情報を提供
②自社サイトにアクセスを集める
③サイト内に広告を掲載して広告主から広告料をもらう
④売上となる
このような形式ではないでしょうか。

バーティカルメディアの場合は特化型を活かし、
①メディアのプラットフォームとして利用
②サイト運営者であるクライアントからデータベースをもらって掲載
③プラットフォームで集めたユーザーを一括でサイトへ送る
④クライアントから成功報酬費用を得る

という求人メディアなどに見られるBtoB型の成果報酬で運営しているものが多く見られます。

また、利用者の興味や属性が限定されているため、一般的なポータルサイトに比べて広告の対象を絞りやすいとされています。そのため、ターゲットを絞りやすく効果的なマーケティングが可能だとも言われています。

これまでは、業種や職種に特化した求人メディアなどが主流でしたが、今後は商材やサービスなど、業態も広がり、従来のプロモーションや取引先開拓の中心的な「場」であった展示会に変わる新しい機能になるとも言われています。


 

まとめ

最後に、WizとWizの子会社で運営しているバーティカルメディアを一部ご紹介します。

※画像をクリック
POSレジ比較するならレジチョイス。POSレジからレジスターまで、あらゆるレジスターを徹底比較。今レジスターの比較検討をされていらっしゃる企業様、事業主様にご満足いただける情報を発信してまいります。

保育業務を効率化してくれるICTシステムの導入をご検討中の方に、比較検討に必要な情報を発信中!地域別・園毎における様々な取組みもご紹介し、一緒になって園業務の効率化・改善のお手伝いを目指すメディア。

今後Wizはバーティカルメディア事業を伸ばし、ヒトとモノ・コト・情報を繋げて誰もが働きやすい社会を目指していく計画です。
ぜひサイトをご覧ください。

関連タグ