WEBサイトでCVを増やすならコンバージョンあがるくん(C-bot)が便利

WEBサイトでCVを増やすならコンバージョンあがるくん(C-bot)が便利

WEBサイトでCVを増やすために必要な条件は複数あります。具体的には以下です。

WEBサイトのアクセス数を増やす
直帰率を減らす
コンバージョンページに流入する仕組みを作る
コンテンツの質を上げる
ユーザーニーズをつかむ

他にもなるべくコンバージョンにつながる層のユーザーを確保する、などがあります。ざっくり言えば、集客~コンバージョンまでの流れが重要と言えるでしょう。

そこでこのページでは、集客~コンバージョンまでの流れをサポートしてくれるコンバージョンあがるくんについて解説します。

コンバージョンあがるくん(C-bot)にできること

コンバージョンあがるくんの主な機能はチャットボットですが、それだけではありません。機能として以下が挙げられます。

チャットボット
EFO対策
CVRアップのための各種機能

まずチャットボットについては、「メッセージ自動送信」「自動お問い合わせ」「24時間365日対応」が可能です。これにより従業員の労力が削減できるだけでなく、ユーザー満足度が向上します。

ユーザーは情報収集のためにサイトを訪問している可能性が高いのですが、ページ内に求めている情報がない、サイト内で情報を検索するのも面倒、と感じると当然離脱します。

離脱されないためには、ユーザーが求めている情報を提示することが必要です。チャットボットはユーザーが情報を入力するとそれに応じて必要なコンテンツを表示することが可能なので、ユーザーに離脱されないための策として有効です。

また1ページ読み終わったタイミングでサイトを離脱してしまうケースも多いですが、チャットボットがユーザーが求めている2ページ目を表示することで、サイトを離脱せずに回遊してもらうことができます。

うまくコンバージョンページに誘導することができれば、コンバージョンにもつながるでしょう。ユーザーニーズを把握した上でコンテンツの質を高める作業も、CVRを高めます。

次にEFO対策にも力を入れています。EFOとは、入力フォーム最適化のことです。フォームから個人情報を入力するときなどに、未入力項目の背景が赤くなっていたり、誤った値を入力した際に注意喚起が表示されるようなことがあります。

これが簡単なEFOツールの機能で、コンバージョンあがるくんは他にもEFOツールの機能を充実させています。個人情報入力の工程は非常に重要で、ここで離脱されるとせっかくチャットボットでコンバージョンページまで誘導してきた流れが水の泡になってしまいます。

コンバージョンあがるくんは最後の最後でコンバージョンを逃さないために、EFOツールにも力を入れています。この他にもCVRを上げるための機能が充実しています。詳しくは以下をご参照ください。

 

コンバージョンあがるくん(C-bot)による業務効率化

コンバージョンあがるくんを導入することで、業務効率化が可能です。業務を効率化しつつ、さらにCVRも上がるということです。ほとんどの企業はWEBサイトの運営だけを行っているわけではなく、多くの場合メイン業務があります。

たしかに今の時代WEBサイトは集客、販売のためのツールとして非常に重要で、WEBサイトをいかに活用するかがビジネスの明暗をわけると言っても過言ではありません。

ただしそれはあくまでもメイン業務にきちんと時間を割いていて、成功している場合に限ります。たとえば営業代行をサービス販売している企業があったとして、WEBサイトでの宣伝がうまくいっていれば当然仕事の依頼は増えます。

しかし営業代行のサービスそのものの品質が低いとどうなるでしょうか。悪評が立つ可能性があり、そうでなくても客足は遠のくはずです。仮に当面の集客がうまくいったとしてもサービスが期待外れだと長くは続きません。

サービスあってのWEBサイトなので、WEBサイトにばかり時間と労力を奪われてサービスに力を入れられない状態は本末転倒なのです。特に中小零細企業の場合人手が足りないので、そうならないためにはいかにWEBサイトの運営を効率化していくかがビジネス成功のカギになります。

コンバージョンあがるくんを導入すればWEBサイトのCVRが上がるだけでなく、流入してきた一般ユーザーや取引先とのやり取りが円滑で楽になります。24時間365日自動で対応してくれるからです。

一昔前のチャットボットと言えば精度が低く、ビジネス上のやり取りをするには厳しいものがありました。相手の求めているものを返せていなかったり、最悪の場合会話自体成立していない可能性があります。

これだとビジネス用途で使用できるような代物ではないのですが、コンバージョンあがるくんなら相手のニーズに合った応答を行い、むしろミスなくサイト内の情報をすべて把握している分人間が対応するよりも確実です。
さらに応答自体は人間がするとしても、質問を受けて担当者につなぐことができます。ユーザーからするとちょっとしたことならわざわざ担当者に連絡するよりも気軽なので、結果的にユーザーからのコンタクトが増えます。

コンバージョンあがるくん(C-bot)は完全成功報酬

チャットボットを導入すると、初期費用、月額費用がかかるケースが多いです。初期費用は無料のところも多いのですが、かかるとすれば数十万円、月額費用も数千円~十万円程度はかかるケースが多いでしょう。

一方で、コンバージョンあがるくんなら初期費用無料、月額費用無料です。かかるのは成果報酬だけなので、赤字になることは絶対にありません。むしろ成果が出ないと赤字になるのは業者側なので、成果を出す自信があるからこそ完全成功報酬になっています。

まとめ

コンバージョンあがるくんは業務効率化しつつコンバージョンを増やせる便利なツールです。これからのWEBサイト運営はチャットボットの活用がより一般化し、これをいかに活用するかが競合サイトとの勝敗をわける要因になりえます。

チャットボット選びの段階から勝負が始まっていると言っても過言ではないので、間違いなく使えるツールを導入する必要があるでしょう。コンバージョンあがるくんは成果を出す自信と実績があるからこそ完全成功報酬になっています。

チャットボット選びに迷っているのであれば、ぜひコンバージョンあがるくんをおすすめします。詳細は以下です。

関連タグ