WinActor Cast on Call(キャストオンコール)

従量課金型RPAで業務の自動化・効率化|WinActor Cast on Call

従量課金型RPAで業務の自動化・効率化|WinActor Cast on Call

  • デジタルシフトを支援 TOP
  • RPAツールで業務自動化におすすめ!従量課金型RPAのメリット・できること|WinActor Cast on Call(キャストオンコール)

RPAツールで業務自動化におすすめ!従量課金型RPAのメリット・できること|WinActor Cast on Call(キャストオンコール)

WinActor Cast on Call(キャストオンコール)

従量課金型RPAで業務の自動化・効率化|WinActor Cast on Call

金額

年額38,000円〜

機能・サービス

従量課金型のRPA(Robotic Process Automation)ツールです。

サービスの特徴

一般的なRPAツールで必要なシナリオ作成が不要ですぐに利用ができます。
定型業務を自動化することで業務効率化につながります。
従量課金型なので、年会費+使った分だけの利用料金で、RPAを導入可能です。
NTTグループの技術とノウハウがつまった業務効率化支援ロボットです。

カテゴリ

業務効率化

WinActor Cast on Call(キャストオンコール)とは?

  • 1

    従量課金型なので低価格でRPA導入が可能

  • ・必要な時に必要な分だけ業務を自動化できるサービスです。
    ・利用したシナリオに応じた料金を使った分だけお支払いいただく従量課金型ですので、低価格でRPAの導入が可能です。
    *別途年会費が必要です。
    ・NTTグループの技術やノウハウがつまったRPAツール「WinActor」シリーズで、シナリオ開発が不要で業務の自動化が可能になります。

  • 2

    シナリオ作成・開発が不要

  • ・従来必要である、WinActorの処理パーツを組み合わせて業務を自動化するためのシナリオの作成が不要ですぐに自動化することが可能です。
    ・すでにあるシナリオから選んで、簡単に利用することで業務の自動化が可能です。

  • 3

    クラウド型のRPAなので簡単に開始可能

  • ・クラウド型のRPAツールですので、インターネット環境があれば簡単に業務の自動化を開始できます

RPAとは?

RPAとは、Robotic Process Automation(ロボットプロセスオートメーション)の略で、その名の通り、手作業で行っている作業や業務をロボットで自動化する仕組みのことをいいます。RPAだけでも、ツールやソフトウェアを意味して利用している場合もあります。

RPAツールを活用することで、さまざま手作業による作業や業務を自動化し、業務効率化やコストの削減につながります。

RPAでできることは?

RPAでは、さまざま手作業を自動化することが可能です。ロボットによる自動化ですので、単純作業や反復作業、膨大なデータを扱うような作業が向いています。

例えば、請求書や経理の作業など、手順が決まっている単純な作業や定型作業やデータの収集や入力から分析までルーチンワークとなるような作業などが向いています。

また、場合によってはお客さま対応への活用も可能です。

WinActorとは?

WinActor(ウィンアクター)とは、NTTグループによって開発・利用されてきた純国産のRPAツールです。1,900社以上の導入実績があり、導入しやすく・安定して利用しやすいという特徴があります。

出典元:NTTデータ RPAツール『WinActor®』

WinActor Cast on Call(キャストオンコール)では、自動化に必要なシナリオがすでに用意されており、低コストで導入しやすくなっています。

また、従量課金型で利用した分だけの利用料ですので、業務量が多くなり人手が足りなくなるなどの必要なタイミングで、必要な分だけ利用できるため、RPAツールをより導入しやすくなっています。
WinActor Cast on Call(キャストオンコール)の導入無料相談はこちらから

WinActor Cast on Call(キャストオンコール)の機能・特徴

機能

  • 1

    単純作業や定型作業の自動化

  • データの【検索・抽出・集計・加工・確認・入力・登録】を得意としています。

利用例:画像ファイルのテキストデータ化
・指定フォルダにある領収書画像ファイルを100枚までAI-OCRで繰り返し読み取りを⾏い、CSVファイルに出⼒する。

利用例:請求書発行業務
・メールで依頼された請求書発⾏依頼をもとに最⼤30ファイルまで請求書を繰り返し作成し、特定フォルダに格納する。

特徴

Point.1このような課題を解決できます!
①納品書や領収書作成の際に、販売管理システムやエクセルからコピペし手間が
 かかっている。
②出張経路や旅費の正誤確認で、時間が取られてしまっている。
③採用結果をメールで通知しているが、1件1件の宛先を都度確認している。
④出退勤システムから残業の多い社員を毎日チェック、報告している。
Point.2シナリオ開発・作成不要
すでに用意されている豊富な業務シナリオをダウンロードして、簡単にご利用いただけます。
Point.3料金は使った分だけ
従量課金型のため、高額なライセンス料などが不要です。そのため、低コストでのRPAツールを運用することが可能です。
Point.4サポートも安心
各種確認、使い方などの問い合わせも無料サポートがあるため安心してご利用いただけます。

WinActor Cast on Call(キャストオンコール)のシナリオ

WinActor Cast on Call(キャストオンコール)で利用できるシナリオは、経理関係、労務関係、営業関係、学校法人関係などさまざまです。主なシナリオは以下のとおりです。

・パート勤務時間計算:毎月の勤怠表で働いた時間から給与を自動計算する
領収書発行業務:テンプレートを元にリスト分の領収書をグループ毎に自動作成する
郵送料最低料金調査:郵送物の条件に応じた送料の最安値のサービス名と会社、料金を自動取得する
納品書発行業務:テンプレートを元にリスト分の納品書をグループ毎に自動作成する
交通費精算自動入力:交通費精算を自動作成する
雇用保険 被保険者資格喪失届 PDF作成:ハローワークインターネットサービスを利用し、雇用保険の申請に必要な帳票を自動作成する
雇用保険 被保険者資格取得届 PDF作成:ハローワークインターネットサービスを利用し、雇用保険の申請に必要な帳票を自動作成する
健康保険・厚生年金保険 被保険者資格喪失届 PDF作成:日本年金機構が公開する届出書を利用し、健康保険・厚生年金保険の申請に必要な帳票を自動作成する
健康保険・厚生年金保険 被保険者資格取得届 PDF作成:日本年金機構が公開する届出書を利用し、健康保険・厚生年金保険の申請に必要な帳票を自動作成する

WinActor Cast on Call(キャストオンコール)の料金プラン

  プラン1 プラン2
初期費用
(専用PC)
PC-VRL23FB6S4R4(Corei3)
142,000円
PC-VRL25FB6S4R4(Corei5)
160,000円
年会費 38,000円
サポート費用 無料

※料金やオプションの内容は変更されることもございます。最新の情報はお問い合わせください。

WinActor Cast on Call(キャストオンコール)の導入無料相談はこちらから

WinActor Cast on Call(キャストオンコール)のよくある質問

  • Cast on Callとは?

    あなたの業務をすばやく自動化するためのサービスです。業務を自動的化するための多くのシナリオがCast on Callで提供されているため、自動化導入のための時間や費用を抑えることができます。また、Cast on Callのパートナーになり、シナリオをユーザーに提供することで、新たなビジネスを展開することが可能になります。

  • シナリオとは?

    「ファイルを開く」「文字を読み取る」など、WinActorの処理のパーツを組み合わせて業務を自動化するプログラム(しくみ)です。

  • どのような機能をCast on Callで自動化できますか?

    経理関係、労務関係、営業関係、学校法人関係についてシナリオをご用意しています。シナリオは日々拡充しております。現在は、ユーザー登録をしていただいた方のみ、利用できるシナリオを確認することができます。

0件の口コミ一覧

商品のお問い合わせ・
資料請求はこちらから