【2021年最新版】確定申告のやり方と作業効率をアップさせる方法を解説

今年も2021年2月16日より確定申告の受付が開始されました。提出対象の方々は通常業務と合わせて作業を行わなければならないため、効率化する方法はないのかとお悩みの方も多いでしょう。

そこで、本記事では、確定申告のやり方やポイントのまとめと合わせて、作業効率をアップさせる方法についてご紹介していきます。

「確定申告の作業が重くて大変だ」という方、「提出期限など基本的なところをチェックしておきたい」という方はぜひ、本記事を参考にしてください。

2020年度分確定申告のポイントをチェック

まずは、2020年度分確定申告のポイントからチェックしていきましょう。

確定申告の受付期間

2020年度分確定申告の受付は2021年2月16日~4月15日です。

例年は3月15日までとなっていますが、緊急事態宣言発令の影響などにより、1ヶ月間期間が伸びています。

>>【緊急事態宣言延長】企業が今すべきテレワーク化とその課題

e-Taxによる申告で65万円控除

e-Taxによる電子申告や、電子帳簿保存を行うと、65万円の青色申告特別控除が受けられます。ただし、通常の提出方法の場合は、55万円の控除です。

本年度は基本的に電子申告が推奨されていますので、なるべく電子申告や電子帳簿保存を行うようにしましょう。

基礎控除が10万円引き上げ

本年度より合計所得金額が2,400万円以下の人に関しては、例年より10万円引き上げで48万円控除されることになりました。

逆に2,400万円を超える人は、基礎控除の額が段階的に引き下げられます。

一部給与所得控除が10万円引き下げ

給与収入が850万円以下の会社員は、給与所得控除額から10万円の引き下げとなりました。こちらについては、基礎控除額が10万円引き上げとなっているので、合計では特に影響がないとお考えいただいて問題ないでしょう。

婚姻歴無しでもひとり親控除可能

シングルマザーやシングルファザーは、婚姻歴がなくても、要件を満たすことで35万円の控除がうけられるようになりました。

(出典:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/index.htm)

確定申告のやり方、提出方法は

では、確定申告のやり方や提出方法など、確定申告に関する基本事項を確認していきましょう。

確定申告が必要な人

確定申告の対象者といえば、飲食店や美容室などの個人事業主やフリーランスというイメージが強いですが、条件によっては会社員も確定申告を行う必要があるケースがあります。

まずは、確定申告の対象者をまとめました。

①フリーランス
②個人事業主
③退職所得がある方
④年金受給者
⑤不動産収入がある方
⑥給与収入が2,000万円を超えている方
⑦副業の所得が20万円を超えている方
⑧給与収入が2か所以上ある方

それぞれ解説していきます。

①フリーランス

所得額に関わらず、フリーランスの方は必ず確定申告が必要です。

②個人事業主

個人事業主もフリーランス同様に、確定申告が必要です。

③退職所得がある方

ここでいう「退職所得がある方」とは、退職をするときに、退職所得の受給に関する申告書を提出していない方です。会社に関連する書類を提出している場合は、必要ありません。

④年金受給者

公的年金やその他年金において、年間で下記の額を受け取っている受給者は確定申告が必要です。

65歳未満:108万円以上
65歳以上:158万円以上

(出典:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1600.htm)

⑤不動産収入がある方

不動産収入や配当所得がある方は確定申告が必要です。ただし、同収入が20万円以下の場合は必要ない可能性もありますので、確認しておきましょう。

⑥給与収入が2,000万円を超えている方

また、会社員でも2020年の給与収入が2,000万円をこえている場合は、確定申告が必要です。

⑦副業の所得が20万円を超えている方

不動産を含む、副業の所得が20万円を超えている方は確定申告が必要です。ただし、子の場合も収入から必要経費を差し引いた分が20万円以下の場合は、確定申告をする必要がない場合もありますので⑤同様に確認をしてください。

⑧給与収入が2か所以上ある方

副業の収入源が2か所以上ある方で、少ない方の収入が20万円を超えている場合は、確定申告が必要です。

まとめると、サラリーマンでも給与以外の収入が20万円を超えていたり、そもそもの給与が2,000万円以上の場合は確定申告が必要になるということです。

確定申告書の入手方法

確定申告書は下記の3通りの入手パターンがあります。

国税庁のWebサイトからダウンロードし、印刷する
②各自治体の税務課等で直接受け取る
③税務署から郵送で取り寄せる
④e-Taxから提出する

基本的には、国税庁のWebサイトからダウンロードするか、e-Taxから提出をするのがご時世的にも作業の効率的にもおすすめです。

確定申告書の書き方

確定申告書の書き方は、提出する申告書の種類や、記述が必要な項目によって違います。書き方の例が国税庁の公式ホームページに記載されていますので、ご確認ください。

確定申告書の提出先

確定申告書の提出先は、税務署です。

スマホからの申告以外であれば、税務署に郵送するか、窓口に直接持っていくという方法で対応しましょう。

確定申告書の必要書類

確定申告に必要な書類は以下の通りです。

【白色申告書の場合】
収支内訳書

【青色申告書の場合】
青色申告決算書

【医療費控除を受ける場合】
医療費控除の明細
治療費や薬代の領収書

【給与を受け取った場合】
源泉徴収票(税務署で確定申告書を作成する場合のみ)

【ふるさと納税をしている場合】
寄附金の受領証明書

確定申告書の作成にかかる時間

このように、確定申告は対象となる方は、必ず行わなければならない作業でありながら、必要書類も多く、煩雑になりがちです。通常であれば、確定申告の作業は3日から1週間ほどかかると言われています。

フリーランスや個人事業主は特に、日々の業務で手一杯で、なかなか終わらすことができずに毎年機嫌ギリギリに提出しているという方も少なくないでしょう。

直接的な売上に繋がるわけではない、ノンコア業務だからこそ、効率的に作業を終わらせて、できればコア業務に専念する時間を作りたいですよね。

確定申告の作業効率をアップさせるクラウド会計システムとは


そんな「確定申告の作業を効率化させたい!」とお考えの方におすすめなのがクラウド会計システムです。

日々の仕分け作業などから効率化し、確定申告も簡単に済ませられるサービスですので、企業はもちろん、飲食店や美容室など、個人事業主やフリーランスの方々に特におすすめです。

クラウド会計システムならfreeeがおすすめ

クラウド会計システムは、多くのサービスがありますが、確定申告をするのであれば特に「freee」というクラウド会計システムがおすすめです。

>>freeeの詳細をチェック

freeeの特徴とは

freeeの特徴は、次のような点があげられます。

①日々の仕訳作業を自動でできる
②書類作成がスマホでできる
③質問に応えていくだけで確定申告が可能
④対応税理士多数

日々の仕訳を自動で行う事ができる点はもちろん、その他書類作成等もスマホで作成することができます。また、申告書をダウンロードしたり、手書きで記入したり、記入ミスがあれば再度ダウンロードしたり、、という作業が特に手間ですよね。

その点、freeeでは、質問に答えていくだけで簡単に確定申告の書類を作成することができます。経理の作業がはじめての方でも安心して利用できるでしょう。

また、ふるさと納税の確定申告も提出可能です。

確定申告の作業をシステムで効率化するメリットは

確定申告の作業は大変だが、これまで何年も行ってきた作業なので、システムを導入する必要はないとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

しかし、様々な作業においてITツールの活用による効率化が広がるなかで、むしろクラウド会計システムの導入は必須ともなりつつあるのです。

ここからは、確定申告の作業をクラウド会計システムで効率化するメリットについて考えていきます。

コア業務に専念できる

飲食店であれば、料理を作ること、メニューを考えること、お客様にサービスをすることなど、本来注力すべき業務に専念したいですよね。美容室や小売店でも同様だと思います。

しかし、確定申告に3日や1週間も時間を取られてしまっては、その間にコア業務に専念することができません。

特に、収束の見えない新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、売上が低迷している店舗も多い中、少しでも売上アップに繋がる作業を進めたいとお考えの経営者が多いでしょう。

その点、クラウド会計システムを導入し、確定申告に関する作業を効率化することで、コア業務に専念することができます。

日々の仕訳作業自動化で確定申告時も困らない

個人事業主やフリーランスであれば、特に日々の会計業務、および仕訳作業は怠ってはならない作業の1つです。

それをおろそかにしてしまうと、確定申告時に集計が大変になってしまうことが考えられます。

しかし、クラウド会計システムは日々の仕訳作業も自動で行ってくれるので、確定申告時の書類集めもスムーズに行うことができるでしょう。

販売チャネルの拡大にも対応できる

昨今では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、販売チャネルの拡大の動きが広まっています。飲食店であればデリバリーやテイクアウト、美容室でもオンラインヘアアレンジ講座や、ECサイトの運用などがあげられます。

このように、収益を得る部分が分散されることで、収支の記録作業が煩雑になってしまうことが予想されるのです。

しかし、クラウド会計システムを導入すれば、もし将来的に販売チャネルを拡大したり新規事業を始めたりした場合でも、確定申告の作業が煩雑になることなく、効率的に進めることができるようになります。

まとめ

2020年分の確定申告の提出は4月15日までです。緊急事態宣言の影響で例年より1ヶ月伸びているとはいえ、早めに提出するよう作業を進めておきましょう。

また、確定申告は事業をしていたり、ある一定額以上の収入を得ていれば、毎年必ず必要となる作業です。来年度の確定申告の作業を効率化するためにも、いまからクラウド会計システムなどの効率化ツールの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

WizCloudは、確定申告の書類作成が楽に行えるツールとして、「freee」や、その他複数のクラウド会計システムのご案内をしています。お客様それぞれに最適なツールをご紹介しますので、気になる方は是非下記のお問い合わせ窓口からお気軽にご相談ください。

関連タグ

関連商品

会計ソフトを使った記帳代行サービス

「KANBEI」低コストで導入できる記帳代行サービス

「KANBEI」低コストで導入できる記帳代行サービス
CVR改善の提案資料が毎月届くサブスクサービス!

Growth Planet | CVR改善の提案資料が毎月届くサブスクサービス!

Growth Planet | CVR改善の提案資料が毎月届くサブスクサービス!
介護職特化型の採用代行サービス

「medica(メディカ)」介護職特化型の採用マーケティング代行サービス

「medica(メディカ)」介護職特化型の採用マーケティング代行サービス

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

CLOUD PHONE

Insta Town

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

Uber Eats(ウーバーイーツ)

CLOUD PHONE

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます