ビジネスフォンリースの料金相場はどれくらい?メリット・デメリットを解説

ビジネスフォンの導入は、高額な初期費用が発生するためリース契約を検討している企業や法人様も多いのではないでしょうか。

確かに初期費用を大幅に抑えることはできますが、導入の際にいくつか注意しなけばならないこともあります。

今回は、ビジネスフォンを導入するにあたり、リース料金の相場やメリット、デメリット、そのほかリース料金を抑えるポイントなど導入に役立つ情報を分かりやすく解説いたします。

ビジネスフォンをリース契約するメリット

リースは、月々のリース代を支払うだけで初期費用を抑えることができますが、購入した場合、導入台数や規模によっては50万円を超える高額な費用が発生します。

一方、リースとして導入した場合は、税法上、損金としての処理が可能であり、節税にも繋がります。

損金とは、法人税を計算する場合の支出金額のことであり、負債や固定資産にも計上されることはありません。

また、リースの場合は、購入の手続きに比べて、減価償却処理や資産管理、固定資産税納付などの手間を省くことができるため、大きなメリットの一つです。

ビジネスフォンをリース契約するデメリット

ビジネスフォンのリース契約は、「ファイナンシャルリース」にあたり途中解約は原則不可能です。解約するには、残りのリース残金を支払う必要があります。

また、リースの解約の際には、保険料や手数料、税金や金利なども発生し、購入時よりも割高になってしまう場合もあります。

特に、リース期間が長い場合などには、事前に契約内容を確認しておくなど、慎重に検討しておく必要があるでしょう。

リース契約が終了すると、ビジネスフォンは一度リース会社に返却する必要があるため、再リースを希望する場合は、再びリース契約を行います。

リース契約する前に抑えるべきポイント

クーリングオフ適用が不可

リース解約の場合は、クーリングオフが適用されませんので、ビジネスフォンの検討違いを招かないよう見極めが必要です。

また解約手数料がかかることから、自社に合わないビジネスフォンを使い続けることで生産性が落ちる原因にもなり兼ねません。事前に契約期間を想定した検討も必要です。

維持費込みの料金であるか

リース会社によっては、機器代金費用のみで工事費やメンテナンス費用などが含まれていないケースもあります。

多くの場合、機器のメーカーの保証は通常1年ですが、保証内容によっては1年以内の場合がありますので、契約前にいま一度確認しトラブルが起きないよう確認が必要です。

買い方の検討は慎重に行う

導入の際、最終的にリース契約かレンタル、あるいは購入かで再検討する場合は、商品の比較のほか利用する期間で判断します。

・長期間使用したいが、初期費用も抑えたい場合はリース契約
・必要な期間が明確ではない場合はレンタル
・費用に余裕がある場合は購入など目安にすると検討しやすくなります。

ビジネスフォンのリース料金の相場はどれくらい?

ビジネスフォンのリース料金の内訳

ビジネスフォンのリース料金の内訳は、

・電話機代 約2万円~(1台)
・主装置代 約20万円~ 
・工事費 約1万5千円~(1台)

リース契約での手数料の料率は、

・5年リース(約2%)
・6年リース(約1.7%)
・7年リース(約1.5%)

上記の料金が目安となり、リース会社や導入設置台数によっても異なるため、まずは料金形態をしっかりと確認するようにしましょう。

ビジネスフォンのリースシュミレーション

ビジネスフォンを導入する際、事前にリースシュミレーションをしながら、最終的に支払う金額などを算出することが大事です。

年間の支払い総額×リース期間を数字にし、ビジネスフォン1台あたりの金額を把握することで、必要な台数や機能を絞ることができます。

ビジネスフォンのリース料金を抑えるポイント

相見積もりを活用する

ビジネスフォンを導入する際は、他社と比較できるよう相見積もりを活用し交渉することで、最安値での契約が期待できます。

相見積もりは値段交渉での活用ばかりではなく、ビジネスフォンの相場をきちんと把握することで無駄なコスト削減にも繋がります。

電話回線とセットで申し込む

必要に応じてビジネスフォンのみではなく、電話回線とセットで申し込むと、特別価格での導入も期待できる場合があります。

また期間限定キャンペーンなどないか、確認しておくのもおすすめです。ただ、電話回線を必要としない場合は無駄な買い物にならないよう気をつけましょう。

クラウドPBXサービスを検討する

ビジネスフォンは、通常主装置を必要としますが、クラウドPBXは主装置がクラウド化されており購入の必要がなくなります。

個人のスマホやパソコンにアプリを入れることで、ビジネフォンとしても利用が可能になり、大幅なコスト削減にも繋がります。

クラウドPBXの「CLOUD PHONE(クラウドフォン)」がおすすめ!

「CLOUD PHINE」は、インターネットを使ったIP電話のため、転送電話とスピード発番で快適な電話業務とテレワークを実現します。

端末を選ばずどこからでも受発信が可能ですし、主装置を取り付ける際の工事も必要ないため、大幅な費用削減が期待できるでしょう。

そのほか、市外局番や050番号の取得の簡易化、さらには最短3日で利用することができるため、新規事業にも最適です。

・機器を増やさずスマートにビジネスフォンを導入したい
・一斉受電や一斉着信で受電漏れを減少させたい
・とにかく導入費用を抑えたい
・すぐにビジネスフォンが必要
・キャンペーン期間中に申し込みたい
・従業員が少ないので電話業務を効率化させたい
・通話が途切れることなく安定した音質を体験したい

導入事例やよくある質問などを参考に、まずはお気軽にご相談ください。

まとめ

今回は、ビジネスフォンのリース料金相場や、メリット・デメリット、リース料金を抑えるポイントなどを分かりやすく解説いたしました。

近年ではテレワークも進み、場所に縛られることなく電話業務ができるクラウドPBXも主流となりつつあります。

いずれにせよ、導入前には相見積もりなど他社との比較を十分に行いながら、コストを抑えつつ自社に適したビジネスフォン選びをおすすめします。
 

関連タグ

関連商品

記帳作業を簡単に!会計・経理を効率化するクラウドソフト

記帳作業を簡単に!会計・経理を効率化するクラウドソフト
契約関連業務をワンパッケージで提供!電子契約サービス

契約関連業務をワンパッケージで提供!電子契約サービス

契約関連業務をワンパッケージで提供!電子契約サービス
コスト削減&業務改善を実現する、オンライン秘書サービス

コスト削減&業務改善を実現するオンライン秘書サービス

コスト削減&業務改善を実現するオンライン秘書サービス
締結から管理まで一括管理!クラウド型電子契約サービス

電子契約書の締結から管理まで月額11,000円(税込)から

電子契約書の締結から管理まで月額11,000円(税込)から

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

電力会社の切り替え

インターネット回線の切り替え(光回線)

ガス会社の切り替え

もっとみる
店舗

電力会社の切り替え

インターネット回線の切り替え(光回線)

ガス会社の切り替え

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEで無料相談する

LINEからもお気軽にご相談いただけます