CVR改善の秘密兵器「チャットボット」とは?

「CVRが低くって困っている」とお悩みではありませんか? CVR改善のためにはさまざまな方法がありますが、「チャットボット」を設置するのは有効です。今回は、CVRとチャットボットについて取り上げていきます!
 

CVRが低い理由

CVRは「Conversion Rate(コンバージョンレート)」の略で、Webサイトに訪れた人のなかで、どれくらいの人がCV(コンバージョン=申込等)に至ったかを示す割合のことです。
状況によって母数をどこにするかでCVRは異なり、母数をサイト全体とする場合もあれば、特定のページの閲覧とする場合もあるでしょう。
このCVRが低い原因としては、そのサイトにユーザー目線がかけていたり、十分な訴求ができていなかったり、ターゲットが不明確だったりなど、理由は様々です。最終的にはサイトから離脱してしまうため、CVに至らず、CVRも上がらないということに繋がります。CVRを改善していくためには、この「離脱率」の高さを改善していかなければなりません。
 

離脱率はチャットボットで改善できる

サイトへのセッションや閲覧がどんなに多くても、最終的に離脱してしまってはCVRはいつまでも改善できません。
CVRを改善するためできることの一つとして注目したいのが「ユーザーの行動を意識すること」。商品に興味があって、サイトにも訪れたからと言ってすぐに申込しようと考える人は少ないですよね。「もう少し情報収集をしたい」「サイトにいきなり申込みするのは不安」という方も多いのではないでしょうか。
こうしたユーザーの行動を意識した場合、チャットボットが有効です。
チャットボットとは、サイトにチャット風のサービスを組み込むことで、ユーザーが質問等を気軽にすることができるサービスです。
チャットボットはメールや電話と異なり、ユーザーが普段使い慣れているチャットを使うため、心理的負担が少ないというメリットがあります。大手の商品サイトなどにはチャットボットが採用されているものも多く、チャットをするような感覚で気軽にコミュニケーションを取れるようになっていますよね!
「問い合わせがめんどくさいからもういいや」などのコンタクトの機会損失を防げるだけでなく、チャットボットで1クッションおくことで、ユーザーが安心感や納得感を得て、コンバージョンに至るという流れも期待できるのではないでしょうか。
 

無料で導入できるチャットボット

「チャットボットを導入したい」と思っても、コストが高いと導入するのに躊躇してしまいますよね。しかし、チャットボットは無料で導入できるものが増えてきています。ここでは、無料で使えるチャットボット「コンバージョンあがるくん」についてご紹介します。
 

コンバージョンあがるくん

2019年5月にサービスを開始した「コンバーションあがるくん」。株式会社Wizが提供しているWeb集客ツールです。ホームページからの反響を増やしたい方や「チャットを導入したいけどコストが心配」という方、そしてなにより「CVRを上げていきたい!」という場合にオススメです。
 

特徴

「コンバージョンあがるくん」は、コンバージョン率の向上や離脱率の軽減、サポート業務の効率化、検索疲れの抑制のための機能を搭載しています。
チャット機能や自動音声応答を使うことで、問い合わせ件数の増加や顧客満足度向上が期待できます。
 

機能

主な機能は以下の通りです。

機能 内容
C-bot サイト上にチャット機能を設置できます。自動または有人でお客さまとチャットのやり取りを行えます。
自動音声応答(IVR) 自動音声応答を導入すれば、ホームページからの問い合せや予約を24時間365日受けられます。
あふれ呼(IVR) コールセンターで繋がりにくい時間帯に受電があふれてしまうことがあると思います。そんなときには、コールバック予約の自動受付ができます。機会損失を最小限にできます。
 

 料金

気になるのはコスト面ですよね。「コンバージョンあがるくん」は、業界初として成果報酬型の料金システムを採用しています。つまり、初期費用と月額費用ともに無料、コンバージョンによって料金が発生するというかたちなのです。
一般的にチャットボットの導入には、初期契約だけで150〜300万かかってしまいます。さらにランニングコストもかかるとなると、断念してしまいますよね。
「コンバージョンあがるくん」では、こうした料金面での不安を一蹴できるサービスとして注目されています。お問い合わせを獲得したときのみ料金が発生するサービスなので、初期費用や毎月のランニングコストを心配して導入を躊躇している方にオススメです。

 

まとめ

ユーザーは、Webサイトに訪問した際、問い合わせが面倒な仕組みだと感じると心理的な負担を感じ、たちまち離脱してしまいます。
離脱を防いでCVRを高めるには、ユーザーが気軽に利用できるチャットボット機能の導入がオススメです。
そのなかでも、特に今注目すべき「コンバージョンあがるくん」。気になる方は是非試してみてはいかがでしょうか?

 

関連商品

おすすめ記事

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます