SecuSTAION・ELMO・CANSYSTEMのクラウドカメラを徹底比較!

防犯対策、抑止効果、犯罪の証拠確保、店舗の状況確認などに活用できるクラウドカメラ。
(クラウドカメラの特徴ついてのコラムはこちら)
現在、市場には様々なタイプのクラウドカメラが存在します。今回は、「SecuSTATION」・「ELMO」・「CANSYSTEM」のクラウドカメラを比較し、用途別のオススメを解説いたします!

SecuSTATIONは、防塵防水なので野外を撮影するのに最適。

LED付きクラウドカメラで夜もバッチリ

SecuSTATIONのクラウドカメラは、新鋭株式会が開発している製品です。243万画素の高画質で1,920×1,080のフルハイビジョン対応となっています。
暗視対応にもなっているので、昼間でも夜間でもくっきり映ります。(自動で明るい昼と暗い夜の撮影方式が切り替わります)さらに高性能のLEDも付いているので、夜間をより明るく映せるのが特徴です。
LEDは、光が肉眼で見えない「不可視」と、光が見える「光可視」から選ぶことができるので、光を認識させて威嚇することも、相手に気づかれずに監視することもできます。

2重録画機能の搭載で保存も安心

犯罪の証拠確保をするためには、録画を確実に残しておきたいですよね。SecuSTATIONのクラウドカメラは、クラウド保存だけでなく、SDカードにも録画できる業界初の「2重録画機能」を搭載しています。
SDカードでの録画は、インターネットの不具合でクラウド保存できなかったときのために予備録画として活用できます。バックアップ機能が手厚いのは嬉しいですよね。

しかし、SDカード録画する時に気になるのが容量ですよね。そんなときには、「動対検知録画」機能が利用できます。画面に指定内で動きがあった時だけ録画する設定となっています。記録量が少なくなるので、SDカード容量の節約になります。

屋外をしっかり撮影したいならSecuSTATIONがおすすめです。

昼でも夜でも鮮明に撮影ができます。サーバー上だけでなく、microSDにも保存ができるのでWi-Fiが使えなかった場合にも安心です。マイク内蔵でスピーカーを接続すればスマートフォンのアプリから音声を出して注意したり、動物等を威嚇することができます。防犯を強化したい方にはお勧めです。

ELMOは、据え置きOK!取り付けが楽なクラウドカメラ。

据え置き型タイプ

防犯カメラというと天井に付けるタイプのものが多いですが、エルモのクラウドカメラは据え置き型タイプになっています。置くだけでいいので、簡単に設置したい方にはオススメです。
天井や壁に設置したい場合は、電源の以外の配電が不要なのでDIY感覚で取り付けることができます。

水平111°、対角134°の広角レンズを採用

水平111°、対角134°の広角レンズを採用。1 台のカメラで広範囲をカバーし、広角でありながら歪みの少ない自然な映像が録画できます。

ナイトビジョン搭載でしっかりと夜間映像を

ELMO(エルモ)のクラウドカメラは、ナイトビジョンが搭載されており、赤外線LEDを利用して夜間時や暗い倉庫の中でも鮮明に映すことができます。

ELMOは設置が簡単な据え置き型

Wi-Fiか有線のLANが選べるので工事が必要ありません。広角レンズが搭載されているので狭い室内も広範囲での撮影が可能です。
暗い室内も明るく撮影ができるので、手軽に屋内での設置を検討されている方にはお勧めです。

CANSYSTEMは、レジの上などに最適なドーム型、カメラの視線を感じさせません。

セキュリティー万全な録画データ

録画データを悪用されては困りますよね。CANSYSTEM(キャンシステム)のクラウドカメラは、クラウドのサーバー管理でデータが暗号化されています。そのため、人為的なデータ漏洩を防ぐことができます。

設置工事のサービスあり

キャンシステムのクラウドカメラは、コンパクトなデザインで目立ちにくいドーム型です。天井取付が可能で、環境を選びません。工事業者でもあるので自社で設置工事も行ってもらえるので安心です。

CANSYSTEMは「レジロク」という名称がついています

「レジロク」という名称のとおり、レジの上などにつけて防犯やスタッフの導線の確認などに適しています。カメラのレンズが見えないドーム型なので、お店の雰囲気を壊さず設置できます。監視されていると感じるカメラの視線も軽減できるのと同時にどこを録画しているのかわかりにくいので抑止効果もあります。

クラウドカメラはスマートフォンの操作が可能です

クラウドカメラを視聴したり操作したりするためには、パソコンだけでなく、タブレットやスマートフォンでも行えるので便利です。

SecuSTATION・ELMO・CANSYSTEMのクラウドカメラはどれもモバイル端末で操作できるようになっています。ですので、リアルタイムの状況を把握することも、録画した映像も、時間や場所を選ばずに確認できます。

まとめ

一括りにクラウドカメラといっても、それぞれに機能やデザインが異なっています。クラウドカメラを取り付ける目的やお店の規模・場所・状況によって、どんなものを選ぶかが変わってきます。「実際に何を選んでいいか分からない」という場合は、予算や必要な機能に応じてご提案いたします。一度、お問い合わせください。

SecuSTATIONを詳しく見る
ELMOを詳しく見る
CAN SYSTEMを詳しく見る

関連商品

録画機器不要!専用アプリから遠隔で映像を確認!

スマホから遠隔で映像が確認できる「クラウドカメラ」

スマホから遠隔で映像が確認できる「クラウドカメラ」
トリプルパワーの加湿器

AIRZEE(エアジー)|トリプルパワーの加湿器

AIRZEE(エアジー)|トリプルパワーの加湿器
複数の機能でネットワークの出入口を守るセキュリティ対策機器

複数の機能でネットワークの出入口を守る「おまかせサイバーみまもり」

複数の機能でネットワークの出入口を守る「おまかせサイバーみまもり」

おすすめ記事

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます