緊急事態宣言の再発令!宣言解除目安は東京1日500人?飲食店が今すべきこととは

新型コロナウィルスがさらに拡大しているなか、年末年始の過ごし方にも注目が集まっています。関西では年末年始にかけての緊急宣言を採択し、帰省や忘年会等の自粛を呼びかけています。

本来であれば年末年始が繁忙期となる飲食業界や様々な店舗には、更なる大きな影響が出るでしょう。そこで今回は緊急事態宣言や関西の年末年始緊急宣言ふまえたうえで、今後どのような対応をとっていけばよいのか考えていきましょう。

緊急事態宣言の発令へ

新型コロナウィルスがこれまでにない規模と速さで拡大し続けています。1月4日の首相記者会見において、「緊急事態宣言」の発令が調整されていることが発表されました。そして1月8日から1都3県を対象にした緊急事態宣言が再発令されるとしています。
どのような内容で発令されるのか、現時点でわかっていることを確認していきましょう。

緊急事態宣言の対象は1都3県

今回の緊急事態宣言については東京都およびその近隣県である神奈川県、千葉県、埼玉県としています。首都圏の爆発的な感染者増加を踏まえ、該当地域の知事が政府に緊急事態宣言の発令を要請していました。こうした要請を受けたうえで発令されることになっています。

緊急事態宣言の発令はいつから

緊急事態宣言の期間については、1月8日~2月7日までとしています。この期間内に解除される可能性は0ではありませんが、解除の基準は現時点でステージ3以下(東京都で500人/日の水準)に抑えることが必要とされています。

GoToトラベルは停止のまま?

緊急事態宣言が発令される場合においては、停止しているGoToイートに関しては継続や復活は難しいとしています。緊急事態宣言の発令がされた場合には、GoToトラベルに関しても引き続き停止措置が執られるでしょう。

1都3県へは飲食店の時短営業の強化を要請

政府としては1都3県に関して、飲食店の営業時間短縮のさらなる強化を要請しています。具体的には現時点で22時までとしている営業時間を20時までの営業短縮、酒類提供を19時までに終了させることとしています。依然として減少しない東京近隣に対して、強いメッセージ性を持つものを発信するためともしています。
》東京都が飲食店に時短要請?さらなる強化の内容とは

首相の考えとして慎重から本格検討へ

政府として緊急事態宣言を発令することは、経済への打撃も踏まえて、慎重に検討していくとしていました。今後、飲食店の時短営業を進めるために「給付金と罰則」のセットとして進めるために特措法の改正も検討しているとしています。

新型コロナ分科会の尾身会長としては、感染拡大の急所を抑えることが重要とするなかで、それができていないことが感染拡大の原因としています。東京都を中心とした首都圏の感染を抑えない限り、拡大を留めていくことも難しいとしていて、今後の東京都や近隣地域の動向にも注目が集まっていくでしょう。現状としては基本的に飲食を伴う会合や会食の自粛の徹底を繰り返し推進している状況となっています。
》緊急事態宣言が発令されたらどうなる?飲食店の売上確保の活路とは

関西広域連合が緊急宣言を採択

関西広域連合が採択した緊急宣言をまとめた内容の画像(画像引用:"関西・年末年始緊急宣言”関西広域連合)

新型コロナウィルスが拡大の一途をたどるなか、医療機関の状況も限界を迎えつつあります。そこで、関西地方の2府4県などから成る関西広域連合において、「緊急宣言」を採択しました。年末年始においての過ごし方について、帰省や忘年会などの人が多く集まる場への外出を控えることなどを呼びかける内容となっています。

関西における緊急宣言の内容は

関西連合が採択した緊急宣言の内容は外出の自粛を求める内容として設定されています。
以下でその詳細を確認してみましょう。

帰省の自粛

それぞれの地域の実情に応じて、できるだけしないという内容で要請をしています。

外出自粛

感染拡大の地域への不要不急の外出を控えることを求めると同時に、そうした地域で飲食を伴うことを特に控えることを求めています。
また、検温や体調管理の徹底を行い、風邪症状がある場合には医療機関に相談したうえで受信するなどの対応を求めています。

年末年始の行事の自粛

人が多く集まる場や飲食を伴う行事等への参加をできるだけ控えるよう求めています。また、年末年始のイベントでもあるカウントダウンイベント・初詣・成人式などの前後はリスクの高い場所への出入りを注意することを呼びかけています。

年末年始は特に感染拡大が起こるリスク

こうした緊急宣言を採択した背景として、年末年始は医療機関が休みとなるなかで、従来は人の動きが活発になると言えます。これにより、さらなる新型コロナウィルスの拡大が懸念されます。

今後さらに様々な地域で自粛要請が行われる可能性も?

自粛で人がいない繁華街の様子不要不急の外出を控えることで感染拡大を少しでも抑えることが目的となる内容です。今後関西だけなく各地域でこうした方向性が示される可能性もありますので、ご自身の地域の情報や動向を確認するようにしましょう。

千葉県でも不要不急の外出自粛要請

12月25日の最新情報としては、千葉県の森田知事が県民に対して2021年1月11日まで不要不急の外出自粛を要請しました。千葉県でも12月24日に過去最多の感染者数が報告されていて、感染拡大が深刻な状況となっています。

東京都でも都知事が外出控えの徹底を呼びかけている

東京都では約2,500人の感染者を出している状況です。そのなかで東京都知事は、さらなる外出自粛要請・テレワーク実施を呼びかけています。

すでに飲食店に対して時短営業の要請をしていますが、今回の緊急事態宣言を受けてさらなる強化を行うことになりました。

飲食店はどうする?

従来であれば繁忙期を迎える飲食店や店舗はこの年末年始で、外出控えが行われることでさらに大きな売上減が予想されるでしょう。すでに新型コロナウィルスが流行して、緊急事態宣言や営業時間短縮要請が行われてきたことで飲食店や各店舗ではこれまでにない危機を迎えています。本サイトでもご紹介したとおり、飲食店の倒産件数は過去最多となっています。
》飲食店の倒産が過去最多?コロナ禍を乗り切る方法とは

飲食店がいまできることとは

飲食業界が今できることとしてすぐにでも取り入れておきたいことがテイクアウトやデリバリ―サービスの導入です。当サイトでは一貫してデリバリーやテイクアウトサービスの導入を推奨しています。今後も終息が見えないなかで闇雲に営業をするのではなく、新型コロナウィルスを踏まえた状況や消費者のニーズ・動きを想像して対策することが必要となるでしょう。
テイクアウトを行う飲食店の画像まだテイクアウトやデリバリーサービスを始めていない場合にはすぐにでも取り入れたいところです。また、すでにデリバリーやテイクアウトを導入している店舗は、更なる認知拡大を図っていきましょう。

デリバリやテイクアウトの仕組み

店舗独自でデリバリーサービスやテイクアウトを始める場合、様々なリソースが必要になります。環境整備のための準備や莫大なコストも必要になるでしょう。一刻も早く、売上対策を行いたいなかで、準備や新たなリソースを発生させるのはお勧めできません。そこで活用したいのがデリバリー代行サービスやテイクアウトの予約サービスです。

デリバリーの場合では、店舗の代わりに注文を受け付けて商品のお届けを担ってくれる内容で展開されています。テイクアウトでは、一元的に注文や予約を受け付けてくれるようなサービスがあります。

どちらも様々なサービスが登場していますがまずは大手主要のサービスは抑えておきたいところです。ユーザー数が多く、多くの消費者の目に触れることが可能だからです。また、地域ごとに表示される店舗も異なるため、地元や近隣の消費者に存在をアピールすることにも繋がります。
》緊急事態宣言でデリバリー導入のすすめ!主要サービス最新の動きにも注目

デリバリーやテイクアウトはどこと契約するのがいい?

しかし、現在までに様々なデリバリーサービスやテイクアウトを扱うサービスが登場しています。どのサービスに時点を契約すればよいのかわからないという飲食店も少なくないでしょう。

そこで、デリバリーとテイクアウトそれぞれにまずは抑えておきたい主要サービスをご紹介します。併用できるようであれば併用して、少しでも多くのユーザーに認知してもらう対策を執ることもおすすめです。

デリバリーならウーバーイーツか出前館

特に年末年始を含めたイベント事で需要が増すのはデリバリーサービスではないでしょうか。ユーザーにとっては自宅で受け取ることができるため、人との接触の機会を減らすrことで新型コロナウィルスの感染を予防することもできます。

デリバリーサービスの主要サービスと言えば、ウーバーイーツと出前館が2大勢力となっています。どちらも置き配サービスに対応しているため、配達スタッフとの接触自体も選択することがきるようになっています。

手数料や使い方は両者で異なる部分があるため、それぞれ確認が必要にはなりますが、どちらとも掲載している店舗があるくらいです。
》出前館vsウーバーイーツ!違いはどこ?どっちらメリット多いの?

テイクアウトならLINEポケオやEparkテイクアウト

事前注文や予約注文の受付が可能とするテイクアウトサービス。LINEポケオやEparkテイクアウトが主要サービスとして人気を集めています。また、「menu」や「食べログテイクアウト」なども人気が出ているため、自分の店舗と相性のよいサービスを選んでみると良いでしょう。

すでにデリバリーやテイクアウトを導入済の飲食店はどうする?

すでにデリバリーサービスやテイクアウトを導入して営業を行っている場合、それでも売上に大きな影響がなく困っているというケースもあるかもしれません。
その原因としては、自店がデリバリーやテイクアウトを実施していることを認知してもらえてないことやうまくユーザーに訴求できていないことが考えられます。

SNS運用で認知拡大・集客を強化

そこで強化したいのがSNSの運用です。インスタグラムやTwitterなどの多くのユーザーが集まるSNSの運用を強化しましょう。特に新型コロナウィルス拡大の影響で外出控えをするユーザーが多くなる場合、SNSを閲覧する時間も増えるはずです。

そういった際に、ハッシュタグの活用、ターゲット層、時間帯などあらゆる面を考えて発信していくことでより効果的な運用に繋がるかもしれません。
こうしたSNSの運用に関してはプロが代行するサービスを活用すると効率的です。

例えば当サイトがおすすめする「Instatawn」ではフォロワー数1万人以上のインフルエンサーが監修した運用代行をおこなっています。時間効率を考える場合はぜひこうしたSNSの運用代行を活用することをおすすめします!
》インスタタウンで宣伝するメリットは費用帯効果?おすすめと注意点

まとめ

今回は年末年始の各地における過ごし方や外出控えの要請について冒頭でご紹介しました。年末年始は従来、多くの人が行き交う時期ですが、新型コロナウィルスの影響により今年は外出控えが各地で行われるでしょう。

そこで危機となるのが、飲食店です。12月から1月にかけて、様々なイベントによって繁忙期を迎えるはずの飲食業界としてはどうにか対策を講じたいところです。
まずは感染症という側面を踏まえたユーザーの行動や心理、政府の動きを想像して今できること、すべきことを行いましょう。

店内の感染対策の徹底はもちろんのこと、店内飲食に頼らない時勢にあった集客方法・強化方法を優先して取り入れてみてください。
》新型コロナ禍で需要が高まるウーバーイーツ!詳細や資料DL、無料相談はこちら

》緊急事態宣言でデリバリー導入のすすめ!主要サービス最新の動きにも注目





 

関連商品

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

CLOUD PHONE

Insta Town

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

Uber Eats(ウーバーイーツ)

CLOUD PHONE

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます