法人クレジットカードのおすすめ比較!メリットや特徴を解説!


個人事業主も企業もビジネスシーンで活躍するのが「法人クレジットカード」になります。法人クレジットカードを利用することで、経理業務の手間を減らすことができたり、ビジネスで利用できる優待やサービスを受けることができます。 今回は法人クレジットカードのメリットや、おすすめの法人クレジットカードについて紹介していきますので、個人事業主の方や企業で法人クレジットカードの利用を検討している方は是非参考にしてみてください。

 

法人クレジットカードとは

「法人クレジットカード」とは、法人や個人事業主に対して発行されるクレジットカードになります。

イメージとしては個人カードの家族会員のようなもので、会社の社員に対して複数のクレジットカードを発行することができますので、社員が発行された法人クレジットカードで支払いを行うことで費用の立替をする手間を省くことができます。 法人クレジットカードでは、利用可能枠が高く設定されている場合もあり、高額の事業用の支払いにも対応することができます。

引き落としは、法人であれば法人名義の口座となり、個人事業主であれば屋号付きの口座もしくは個人の口座から引き落とされる仕組みとなります。 法人クレジットカードを持っておくことで私的で利用する場合と区別がつけやすく、確定申告の際にもどちらの支払いだったかなと悩むこともなくなります。

 

法人クレジットカードを持つメリット

法人クレジットカードを利用することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。具体的なメリットを紹介していきます。

 

経費の管理が簡単に

仕入れや公共料金などのさまざまな経費の支払いを法人クレジットカードに統一することで、毎月の明細が一目でわかるようになります。いつ、誰が、何に、どのくらい利用したのかも明確に把握することができます。 現金の管理がなくなり、社員の仮払いや立替の清算業務を省くことができますので、業務効率化にもつながります。 法人カードと会計ソフトを連携させることで、記帳の手間を省くこともできますし、外部の会計士などに経理業務を委託している場合でも、利用明細を送るだけになり、領収書を郵送する手間もなくなります。
 

割引やサービスが利用でき、ポイントもためることができる

法人クレジットカードは、法人や個人事業主が利用することを前提として作られているので、ビジネスシーンで活用できるホテルの優待や電話通訳サービスなどの特典や機能が用意されています。さらに、個人のクレジットカードのようにポイントをためることができる法人クレジットカードもありますので、お得に利用することもできます。

法人クレジットカードのおすすめ5選を比較

続いて、人気の法人クレジットカード5ブランドを紹介していきます。 法人クレジットカードを作るときにチェックするポイントとしては、ご利用可能枠・発行可能枚数・付帯のサービス・国内や海外旅行傷害保険が付いているか・ポイントのためやすさ、などが挙げられます。そのほか、必要とするサービスが設けられているか、事前にしっかり確認しておくようにしましょう。
 

セゾンカード

セゾンカードの法人クレジットカードには「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」と「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®️・カード」の2種類が用意されています。
 
名称 セゾンコバルト・ビジネス・
アメリカン・エキスプレス®・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・
アメリカン・エキスプレス®️・カード
ブランド American Express American Express
年会費 1,100円(税込) 22,000円(税込)
※年間200万円の利用で
次年度年会費11,000円(税込)
利用可能枠 ニーズに合わせて設定 ニーズに合わせて設定
追加カード 4枚まで永年無料 4枚まで発行可能
1枚につき3,300円(税込)
ETCカード
ポイント 1,000円=1ポイント、海外利用2倍
たまったポイントは、有効期限がありませんのである程度のポイントをためて使うことができます。たまったポイントは、支払いに利用したり、ギフトカードに交換したり、マイルに交換することも可能です。

優待のサービスでは、エックスサーバーが初期設定費用無料で利用できたり、かんたんクラウドが月額利用料3か月無料で利用できたりと、事務用品やレンタカー、宅配サービスまで、さまざまな経費の支払いを優待の値段で利用することができます。

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®️・カード」限定で利用できる特典も用意されています。24時間365日専任のコンシェルジュや、海外や国内の旅行傷害保険がついていたり、空港ラウンジで飲み物やインターネットサービスを利用できる「プライオリティ・パス」に無料で登録することもできます。
107

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード

American Expressの法人クレジットカードには「アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・カード」と「アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード」「アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・プラチナ・カード」の3種類が用意されています。
 
名称 アメリカン・エキスプレス®・
ビジネス・カード
アメリカン・エキスプレス®・
ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス®・
ビジネス・プラチナ・カード
ブランド American Express American Express American Express
年会費 13,200円(税込) 34,100円(税込) 143,000円(税込)
利用可能枠 利用状況により異なる 利用状況により異なる 利用状況により異なる
追加カード 1枚につき6,600円(税込) 1枚につき13,200円(税込) 4枚まで無料
※5枚目以上は13,200円(税込)/枚
ETCカード × × ×
ポイント 100円につき1ポイント  ※「メンバーシップ・リワード®」を利用した場合
American Expressのポイントプログラムである「メンバーシップ・リワード®」を利用することで、利用金額の100円につき1ポイントをためることができます。たまったポイントを一度でもアイテムの交換に利用するだけで、通常最大3年間のポイントの有効期限が無期限になります。 ためたポイントで、マイルの交換や旅行商品の購入、対象の店舗で利用できる商品券への交換なども行うことができます。

クラウド会計ソフトの「freee(フリー)」へデータの連携ができますので、カード情報を自動的に取り込むことが可能です。経理や決算を簡単に行うことができ、日々の経理業務の効率化や経営分析に役立てることができます。 また利用状況を、いつでもオンラインで確認することができます。カードの利用額や過去の利用代金明細書をアプリから、そして利用明細であればCSV、Excelをファイル形式でダウンロードも可能です。

「アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード」では、入会特典として入会1年以内にカードを利用することで30,000ポイントをもらうことができます。 会食や接待に利用できるお店を予約代行してくれたり、空港のラウンジが利用できたり手荷物サービスも用意されています。

「アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・プラチナ・カード」は、メタル製の重厚感のあるスタイリッシュなカードになります。24時間365日で出張や接待の手配、カードに関する要望なども電話で承ってくれる「プラチナ・セクレタリー・サービス」や、生活習慣や食生活などの健康に関する相談を電話で承り、優待料金で各種検診サービスを利用することができる「メディカル・コンサルテーション」を活用できます。
105

三井住友ビジネスカード

三井住友ビジネスカードには、「ビジネスクラシック(一般)カード」と「ビジネスゴールドカード」と「ビジネスプラチナカード」の3種類が用意されています。それぞれのカードによって、利用可能枠や海外旅行傷害保険の金額が異なります。
 
名称 ビジネスクラシックカード ビジネスゴールドカード ビジネスプラチナカード
ブランド VISA、Mastercard VISA、Mastercard VISA、Mastercard
年会費 1,375円(税込) 11,000円(税込) 55,000円(税込)
利用可能枠 原則20~150万円 原則20~300万円 原則150~500万円
追加カード 1名につき440円(税込) 1名につき11,000円(税込) 1名につき5,500円(税込)
ETCカード
三井住友ビジネスカードの場合、ETCカードの発行も可能で、初年度年会費無料で通常550円(税込)の年会費がかかりますが、2年目以降は前年度に1回以上でもETC利用の請求書があれば翌年度が無料になります。 東海道新幹線のネット予約ができる「プラスEXサービス」の利用も可能です。チケットが必要ありませんので、駅の窓口できっぷの受け取りなどの手間がなくスムーズに利用できます。

海外旅行中や出張中のケガも補償してくれる安心の海外旅行傷害保険のサービスもついています。補償期間は一回の旅行につき最長3カ月となりそれぞれのカードによって補償される最大の金額が異なります。 ビジネスクラシックカードの場合は最高2,000万円、ビジネスゴールドカードの場合は最高5,000万円、ビジネスプラチナカードの場合は最高1億円になります。

ビジネスゴールドカードとビジネスプラチナカードの場合であれば、全国の主要空港のラウンジを無料で利用することができます。
 

JCB法人カード

  JCB法人カードには「一般カード」と「ゴールドカード」「プラチナカード」の3種類が用意されています。
名称 一般カード ゴールドカード プラチナカード
ブランド JCB JCB JCB
年会費 1,375円(税込) 11,000円(税込) 33,000円(税込)
利用可能枠 10万~100万円 50万~250万円 150万円~
追加カード 1枚につき1,375円(税込) 1枚につき3,300円(税込) 1枚につき6,600円(税込)
ETCカード
ポイント 1,000円(税込)=1ポイント(※Oki Dokiポイント)
毎月カードを利用することで、1,000円(税込)につき1ポイントのOki Dokiポイントが自動でたまります。さらに、ネットショッピングである「Oki Doki ランド」では、2倍~最大20倍のポイントがたまりますので「Oki Doki ランド」を経由することで、さらにお得に利用することができます。 たまったポイントは、ギフトカードなどの商品と交換したり、買い物で利用したり、マイルや他のポイントに移行することもできます。

会計ソフトである「弥生」や「freee(フリー)」にJCBカードの利用明細データを取り込むことができます。自動でデータが取り込まれますので、面倒な仕分け作業がなくなり経理の業務が簡単になります。

ゴールドカードでは、国内の主要空港やハワイ ホノルルの国際空港の空港ラウンジを無料で利用することができたり、対象の飲食店での支払いをJCBプレミアムカードで支払うことで割引を受けることができます。

さらにプラチナカードでは、ゴールドカードの特典を利用できるだけでなく、プラチナカードならではの特別なサービスを利用することができます。 国内や海外の旅行に関するサポートや相談などを承るコンシェルジュを24時間365日で利用することができたり、世界148の国や地域にある1,300か所以上の空港ラウンジを無料で利用することができます。
 

オリコ・ビジネスカード

オリコ・ビジネスカードには「オリコビジネスカードスタンダード」と「オリコビジネスカードGold」の2種類が用意されています。
 
名称 オリコビジネスカードスタンダード オリコビジネスカードGold
ブランド Mastercard Mastercard
年会費 1,375円(税込)※初年度無料 2,200円(税込)※初年度無料
利用可能枠 10万円~1,000万円 10万円~1,000万円
追加カード 最大20枚 最大20枚
ETCカード
付帯サービスとしては、福利厚生プログラムや経理システム、日本企業海外進出サポートなどのビジネスで利用することができる「Mastercardビジネスアシスト」のサービスや、クラウド会計ソフトの「freee(フリー)」の有料プランを通常より2カ月分お得に利用することができます。

各種保険も充実しており、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険、紛失・盗難保障がついてきますので、出張時でも安心して利用することが可能です。

オリコビジネスカードGoldでは、国内の主要空港ラウンジを年中無休で無料で利用することができたり、高級レストランでの優待や海外空港券優待サービスなどを受けることができる「Mastercard T&E Savings」のサービスも利用することができます。

まとめ

今回は、法人クレジットカードについてやメリット、おすすめの法人クレジットカードについても紹介していきました。 法人クレジットカードには、サービスごとにポイントのたまり方や、出張が多い企業に嬉しい優待がついていたり、会計ソフトと連携しているなどそれぞれに特徴があります。 法人クレジットカードを利用する際は、今回の記事を参考に利用する目的や会社の規模などを考えた上で選ぶようにしましょう。

関連商品

0円でクレカ・電子マネーが使える店舗向け決済端末!

0円でクレカ・電子マネーが使える店舗向け決済端末!

0円でクレカ・電子マネーが使える店舗向け決済端末!
キャッシュレス対応をマルチに解決する決済サービス

キャッシュレス対応をマルチに解決する決済サービス

キャッシュレス対応をマルチに解決する決済サービス
初期費用・入金手数料も無料のQRコード決済

初期費用・入金手数料も無料のQRコード決済

初期費用・入金手数料も無料のQRコード決済
決算書不要!創業時にも使える事業用クレジットカード

決算書不要!創業時にも使える事業用クレジットカード

決算書不要!創業時にも使える事業用クレジットカード

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

電力会社の切り替え

インターネット回線の切り替え(光回線)

ガス会社の切り替え

もっとみる
店舗

電力会社の切り替え

インターネット回線の切り替え(光回線)

ガス会社の切り替え

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

050-5050-0116

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEで無料相談する

LINEからもお気軽にご相談いただけます