DX化に向けての相談ならプロにお任せ!どんな業種や業界でもトータルサポートが可能!

近年、インターネットをはじめとしたIT技術が進化していく中で、次々に新しいサービスやビジネスモデルが生み出されています。こうして新しい物が生まれていく社会において、今大きな注目を集めており、各企業が続々と対応し始めているのが「DX(デジタルトランスフォーメーション)」です。
「DX(デジタルトランスフォーメーション)」は、すでに経済産業省でもガイドラインやレポートが発表され、国全体でDXサービスの推進がすすめられています。
しかしこのように「DX」とういう名前は聞くものの、実際にどこから手を付けていいか分からない企業の担当者も多いと思います。そこで今回は、DXへ着手したい担当者に向けて「DX」の基本から、そのポイントなどをご紹介。無料であらゆるDXに精通したプロへ相談する方法も、合わせて解説していきます。
 

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

そもそも「DX(デジタルトランスフォーメーション)」とは、スウェーデンのエリック・ストルターマン教授によって2004年に発表された概念のことです。広くは、進化するデジタル技術を人々の生活に浸透させ、生活をより豊かにするために変換していくという意味を持っています。
デジタル技術の進化により、AIやビッグデータ、IoTなどを本格的に活用した技術が多く登場し、社会全体に「DX」の波が押し寄せてきています。

DXが注目される背景

このように「DX(デジタルトランスフォーメーション)」が注目されるようになったのには、どのような背景があるのでしょうか。

ITをはじめ、さまざまなデジタル技術が進化するのに伴い、さまざまな業種において、新しい製品やサービスを開発し新規参入する企業が登場しています。新しい企業がふえていくことで、従来からの企業との競争も激しくなってきました。こうした中で、競争力を維持し、強化していくために必要なのが「DX」の推進です。

しかしデジタル技術でサービスや製品を開発している新規参入企業ならまだしも、従来からある企業などは、会社組織を含め、ビジネス全体の仕組みを変えることは難しいのが現状です。そこで経済産業省では、既存システムの老朽化や、世代交代の必要性など多くの問題が2025年を節目に、企業の前に壁として立ちはだかると提唱しています。この警鐘を鳴らす報告レポートには、2025年までにシステムの刷新を進める必要があると記載されています。
万が一、DXへの対策が出来なかったり送れてしまった場合、膨大なデータを活用できなくなったり、既存システムがブラックボックスのようになってしまうなど、さまざまなリスクが考えられるため、早急な対応が求められています。
346

DX化に必要な技術

DX化を目指すといっても、どのような技術を使うことで「DX化」できているのでしょうか。ここではDX化に向けて、必要となる技術について、主要なものをご紹介します。
 

AI(人工知能)

人工知能を指す「AI」は、これからDX化を進めていくために活用されるテクノロジーの代表格で、すでにスマホやパソコンなど、一般にも身近な電子機器にも取り入れられています。そのほかゲームや医療機器、音楽、エンターテインメントなど、さまざまな分野で活用されています。
今後、テクノロジーがどんどん進歩していくにつれて、AIはさらにDX化にはなくてはならない存在となるでしょう。

AIの主な活用例は以下です。

・言語処理:機械翻訳・質問への回答(チャットボット)・言語モデリング
・ゲーム:ビデオゲーム・ボードゲーム
・コンピューター:画像分類・画像生成・オブジェクト検出
・音声:音声認識・音声合成
 

IoT

AIに続いて、多くの製品やサービスで活用されているのが「IoT」です。「IoT」とは、インターネットを通じて、コンピュータだけでなく、家電などの電子機器と人とを繋いで、人々の生活を豊かにする仕組みです。
インターネット環境さえあれば、スマートスピーカーや家庭内家電などのスマートホームなど、これまでネットを繋ぐことができなかった製品を、声を使って操作できるようになるなど、新しい使い方が可能になります。

さまざまな企業や業界で使われる「IoT」ですが、主な活用方法は以下のようなものです。

・物流:自動搬送ロボットやRFIDを利用するなど、倉庫業務の効率化
・医療:患者のデータを医師にリアルタイムで共有し、遠隔地からでも患者の健康状態をモニタリング
・農業:毎日の日射量や土壌の状態をセンサーで感知し、水や肥料を与えるタイミングや量を割り出して管理する
 

5G(第5世代移動通信システム)

さらに2020年から商用サービスが開始されたのが「5G」です。スマートフォンのキャリアなどのCMで、この言葉を聞くことが一気に増えたのではないでしょうか。5Gとは「第5世代移動通信システム」のことで、4Gに続き、次世代の通信インフラとして、スマートフォンなどで5G対応スマホが次々に登場しています。

5Gの大きな特徴としては「高速大容量」「多数同時接続」「高信頼・低遅延通信」の3つがあります。5Gで出来ることには、以下のようなものがあります。

・VR体験:ヘッドセットを使って高精度でスムーズに映像を楽しめる(ライブ、オンラインゲームなど)
・スポーツ観戦:端末やVR機器を使って、マルチアングルでのスポーツ観戦も可能
・ライブ配信:4K、8Kなど高画質の映像をタイムラグが少なく楽しめる。

DXを始めるならプロに相談!

今回紹介してきたように、DX化を始めるにもさまざまな方法があるため、実際に何から始めていいか分からないという方も非常に多いです。いきなり大がかりな部分に着手するのは不安だから、一部の業務に関するところから始めたいということもあるでしょう。

DXを取り入れていくことに不安を感じている方は、DXの専門家に相談するのがオススメです。あらゆるDXサービスやツールの中から、現状の課題や要望を踏まえて、導入に関する相談や補助金や助成金の使い方、経営に関する不安をしっかりサポートします。

専門知識を持ったプロへ相談するのであれば、ワイズクラウドの「DXデスク」を活用ください!あらゆるDX関連ツールやサービス、関連する補助金や助成金、導入後のサポートまで安心して任せることができます。

DXの導入を進めたいと思っているけど、少し不安を感じている方は、まずはお気軽に無料相談へご連絡ください。
346

まとめ

今回は、DX化に向けて進めていきたいけれど、何から始めていいか不安を抱える方に向けて、改めてDXについて解説してきました。DX化を行う方法には、さまざまな種類があり、業界や業種によっても適正やツールなどが変わります。
一つ一つ調べていくのは時間がかかるので、ワイズクラウドへ相談して、まとめてサポートしてもらう方法は、時間や手間をかけられない担当者の方にもピッタリです。相談は無料で受け付けているので、ぜひお気軽に相談してみてください。

 
346

関連商品

おすすめ記事

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます