確定申告を税理士に依頼する場合のメリットや費用相場など完全ガイド

確定申告を税理士に依頼しようか検討している人が増えています。

しかし、依頼する場合の費用面など疑問を感じている方も多いのではないでしょうか。

当記事では、確定申告を税理士に依頼する際のメリットや費用相場について解説していきます。

確定申告を税理士に依頼するメリット

確定申告をしている様子

時間を節約できる

確定申告を税理士に依頼することで、確定申告にかかる時間を節約できます。委託した税理士が代理で確定申告の作業を行ってくれるからです。

確定申告を行うには、日々の記帳業務が必要です。細かい確認作業に使う時間や確定申告時期にまとめて記帳していた時間も削減できます。

確定申告を税理士に依頼することで、作業時間を削減でき、業務効率化に繋げることができるでしょう。

コア業務に集中できる

確定申告を税理士に依頼することで、本業に集中することができます。確定申告の時期に作業に追われることがなくなるからです。
確定申告の時期に急いで領収証を整理し始めたり、帳簿付けをするようでは、本業がおろそかになりかねません。

代行サービスを導入することで作業から解放されます。本業が忙しくて確定申告まで手が回らないという方にはおすすめです。

節税が期待できる

確定申告を税理士に依頼することによって、節税を期待することができます。適切な節税対策による納税額の減少ができれば、その分が利益になるからです。。

節税対策は日ごろから心掛け、税理士に相談をすることで、中長期的な観点で節税対策のアドバイスをもらうことができます。

確定申告を税理士に依頼することで、節税に対するアドバイスも仰げるようになるため、会社の利益に繋げることができるでしょう。

確定申告を税理士に依頼するデメリット

デメリットをイメージする女性

費用がかかる

確定申告を税理士に依頼することによって、税理士費用が発生します。

税理士の報酬は税理士ごとに異なり、領収証の数や取引き先の数、売り上げによっても費用は異なります。

目安は申告書の作成のみが10万前後、記帳代行が月々1万円から3万円程度です。

事前の打ち合わせが必要

申告書が出来上がるまで、税理士と密にコミュニケーションを取り合う必要があります。

申告書の作成や記帳の作成では、勘定項目に振り分けるために、税理士は依頼者の情報を把握しておく必要があります。

領収証の内容や確定申告に関する連絡が頻繁に来る可能性があることを認識しておきましょう。

会計知識が身につかない

確定申告を税理士に依頼することで、事業のお金の流れが把握できないデメリットがあります。

自社のお金のことは最低限理解しておいたほうが良いですし、ある程度の会計知識は身に着けておくべきです。

確定申告を代行する場合も、決算や申告状況についてきちんと説明してもらうようにしましょう。

確定申告を税理士に依頼する場合のスケジュール

カレンダーの画像確定申告を税理士に依頼するスケジュールは事前に確認することが重要です。申告の期間は、2月16日から3月15日までの1ヶ月しかないからです。

税理士に確定申告だけでなく記帳業務も依頼する場合は、確認や取引にさらに時間がかかる可能性があります。

取引件数が多い場合や扱っている商品の種類が多い場合、従業員の多い場合などは、少なくとも前年の秋までには依頼するようにしましょう。

確定申告を税理士に依頼する際にかかる費用相場

電卓確定申告の費用は10万円程度です。記帳代行も依頼する場合、月々2万円程度の費用も発生します。

確定申告と記帳代行を合わせて、年間約30万円程度発生することや税理士の費用相場は売上や取引先の数によって変動することを認識しておきましょう。

確定申告を自分で行う場合の方法

方法をイメージする電球の画像

1. 帳簿を整理する

帳簿とは、会社の売り上げの流れを記録したものです。確定申告書や収支内訳書、青色申告決算書はすべて帳簿にもとづいて作成します。

帳簿をつける際は請求書や領収書の内容を記載していきます。帳簿の形式は、手書きやExcel、確定申告ソフトなど何でも問題ありません。

2. 確定申告書類を作成する

帳簿の作成と、社会保険料控除証明書などをはじめとする必要書類が済んだら、確定申告書を作成します。

作成の際は、手書きや確定申告ソフトを使って作成したり、税理士に依頼するなどの手段があります。国税庁のサイトも参考にしてみましょう。

(参考:”作成コーナートップ”国税庁確定申告書等作成コーナー)

 3.確定申告書などを提出する

確定申告書を含む必要書類の準備が済んだら、税務署に書類を提出をします。

提出する際には、税務署に直接持参したり、郵送したり、e-Taxを利用する税務署の時間外収集箱へ投函するなどの方法があります。

4. 納税する

確定申告書の提出が済んだら、納税が必要です。所得税が3月15日、消費税が3月31日が納税期限です。

納付する際には、インターネットバンキングやクレジットカードが利用できるほか、コンビニでも納付することができます。

KANBEI

KANBEIは、会計ソフトfreeeに特化した記帳代行サービスです。

業界最安級の料金で、日々の記帳業務を丸投げでき、確定申告書の作成まで簡単に行える会計ソフトfreeeに特化しているので

さらに、コスト診断機能がついており、経営状況もリアルタイムで確認ができます。誰でもカンタンコスト削減を行うことができます。

税理士にすべて代行をお願いしたいけど費用が高い、経理作業に時間や手間をとられずにコア業務に集中したい方におすすめです。

▶KANBEIの詳細はこちら

h2 まとめ
確定申告を税理士に依頼するメリットや、自分で確定申告をしたい場合などの方法を解説してきました。

確定申告や記帳業務を代行することで、業務効率化のメリットがあります。しかし、税理士にすべて一任すると、費用もその分かかりデメリットになります。
 
KANBEIを導入すれば日々の記帳業務から解放されコスト削減にも役立てることが可能です。業界最安級の料金で導入することができるので、お困りの方はぜひお問い合わせください。

▶KANBEIの詳細はこちら
 

関連タグ

関連商品

経営データの見える化をサポート!

IT化を通じてスモールビジネスの「働き方改革」を推進!

IT化を通じてスモールビジネスの「働き方改革」を推進!

プロによる融資相談!成果報酬型の融資支援サービス!

プロによる融資相談!成果報酬型の融資支援サービス!
会計ソフトを使った記帳代行サービス

低コストで導入できる記帳代行サービス

低コストで導入できる記帳代行サービス

日本最大の社労士事務所が給与計算業務を代行!

日本最大の社労士事務所が給与計算業務を代行!

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

電力会社の切り替え

インターネット回線の切り替え(光回線)

ガス会社の切り替え

もっとみる
店舗

電力会社の切り替え

インターネット回線の切り替え(光回線)

ガス会社の切り替え

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

050-5050-0116

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEで無料相談する

LINEからもお気軽にご相談いただけます