フリーアドレスはコスト削減に効果あり?注目の理由や導入の注意点を解説!

働く席をその日ごとに選択することができるオフィス空間の「フリーアドレス」ですが、一度は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。今回は、近年注目が集まっている「フリーアドレス」の概要を中心に、フリーアドレス実施のメリットや導入の注意点などについても、わかりやすく解説を進めていきます。

働く席をその日ごとに選択することができるオフィス空間の「フリーアドレス」ですが、近ごろでは、ベンチャーやスタートアップの企業の間で普及が進んでいることから、一度は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

今回は、近年注目が集まっている「フリーアドレス」の概要を中心に、フリーアドレス実施のメリットや導入の注意点などについても、わかりやすく解説を進めていきます。

フリーアドレスとは?

フリーアドレスの特徴やメリットを解説する前に、そもそも「フリーアドレス」とは、一体どのようなものを指すのでしょうか。

フリーアドレスとは、英語の「free(自由)」と「adress(所在)」とを掛け合わせた言葉であり、その名前の示す通り、働くデスクを自由に選択することができる新たなオフィススタイルを指すものです。

フリーアドレスの特徴

社員それぞれが自身専用のデスクを所有していた従来までのオフィススタイルとは異なり、自分専用のデスクがないことで部署や職種の垣根を超えた円滑なコミュニケーションが可能となります。

また、フリーアドレスを導入することで、自身の私物をデスク周りに置くことができなくなるため、オフィス全体の美化や整理整頓などにも大きな効果を期待することができるでしょう。

フリーアドレスが注目されている背景

主にベンチャーやスタートアップなどの企業で多く見られるようになった「オフィスのフリーアドレス化」という取り組みですが、その流行の背景としては、近年になって新たに登場した「ナレッジワーカー」の存在が挙げられるでしょう。

ナレッジワーカーとは?

英語の「knowledge(知識)」と「worker(労働者)」とを掛け合わせた「ナレッジワーカー」という言葉ですが、これはしばし、肉体労働やモノづくりのための単純な作業などの対義語として用いられており、日本語では「知識労働者」を意味するものです。

与えられた仕事を淡々とこなす単純労働とは異なり、ナレッジワーカーは既存の問題をまとめ、それらに対して有効な解決策を提案するなど、知識によって新たな付加価値を生み出す知的労働者であると言えるでしょう。

ナレッジワーカーがなぜ重要なのか?

資本主義の考え方が浸透した現代においては、ただひたすらにモノを消費するだけの「消費者社会」から、サービスや体験までをも消費するという「生活者社会」へと、私たちを取り巻く社会生活についても劇的な変化をもたらしました。

さまざまなモノやサービスで溢れかえる社会になるにつれて、労働者の価値もまた、単純にモノを製造するだけの「マニュアルワーカー」から、モノ以外の付加価値を創造する「ナレッジワーカー」へと、そのスタイルを変化させるようになったというわけです。

フリーアドレスとナレッジワーカーの関係

知識によって新たな価値を創造するナレッジワーカーは、その業務の性質上、クリエイティビティに富んだ自由な発想を求められることが多々あります。

さまざまな垣根にとらわれない自由な発想を行うためにも、オープンでインタラクティブな職場環境の構築、つまりは「フリーアドレス」の環境整備が重要視されるようになったということです。

フリーアドレスによるコスト削減のメリット

大小さまざまな企業で導入が進んでいるオフィスのフリーアドレスに向けた取り組みですが、会社全体におけるコスト削減としても、非常に大きな効果を見込むことができます。

ここからは、フリーアドレスによるコスト削減のメリットを、あわせて3つのポイントからご紹介します。

業務効率の改善がコスト削減にもつながる

まず1つ目のメリットとしては、「業務効率の改善につながる」という点が挙げられるでしょう。

フリーアドレスは、社員全員が自分の働く席を自由に選択することができる施策です。職種や階級に縛られない円滑なコミュニケーションが可能となり、組織全体のパフォーマンスの向上などを期待することができます。

そして風通しの良いオフィス環境を構築することで、従業員一人あたりの生産性の向上や業務効率の改善などを見込むことができるため、ムダな残業代や人件費などのコスト削減を実現することができるでしょう。

省スペースの実現につながる

続く2つ目のメリットとしては、「省スペースの実現につながる」という点が挙げられます。

フリーアドレスの導入は、自席が固定されていないぶん、デスクトップPCやディスプレイなどの設置が不要となるため、社内全体での省スペース化にも大きな効果を期待することができます。

ペーパーレスの促進につながる

そして3つ目のメリットとしては、「ペーパーレスの促進につながる」という点が挙げられるでしょう。

フリーアドレスの導入にともなっては、社内全体の無線LAN(Wi-Fi)環境が大幅に強化されるため、デジタル化に向けたさまざまな取り組みを実施することができます。

その結果、紙資料や固定電話などといった、従来までのアナロジーなシステムを廃止することができるため、ペーパーレスの推進をはじめとするコミュニケーションコストのカットに取り組むことができるでしょう。

まとめ

今回は、フリーアドレス実施におけるコスト削減のメリットや導入の注意点などについても、わかりやすく解説を進めていきました。

自由にデスクを決めることができるフリーアドレスは、業務効率の改善やオフィス全体の省スペース化、ペーパーレスの促進など、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)に大きな効果をもたらします。

また、従業員全体のモチベーションの維持にもつながる施策であるため、これを機に積極的な導入を検討してみてはいかがでしょうか。
 

関連商品

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

CLOUD PHONE

Insta Town

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

Uber Eats(ウーバーイーツ)

CLOUD PHONE

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます