【Go Toトラベル】一時停止いつから?キャンセル料は国が補償?

新型コロナウィルスの影響で、様々な業界が打撃を受けています。事業者を救済するための補助金や助成金なども展開されていますが、今特に注目を集めているのが「GoToトラベル」を始めとしたGoToキャンペーンでしょう。

これらのキャンペーンは政府が主導して各業界を救済するための施策となります。消費者にとってもお得な施策ではありますが、このキャンペーンを通して各業界の売上や活性化が進ことで大きな効果が見込めるとされています。

そこで今回は「GoToトラベル」を解説!夏から開始されているものの、東京追加や地域共通クーポンの追加と、さらに注目を集めています。観光業界はもちろん、飲食店や小売店も、集客を強化することで売上アップに繋げることができるはずです。

《New》新型コロナウィルスの第三波とも言える状況を踏まえ、一部地域ではGoToトラベルを一時停止へと見直しが入るとされています。最新情報を冒頭で確認したうえで、GoToトラベルの全体像をチェックしてみてください!
※2021年11月24日時点の情報です。今後GoToトラベルの一時停止などに関して、正式決定した内容を、各都道府県や国土交通省HP等で必ずご確認ください。

GoToトラベルが一時停止?

新型コロナウィルスがさらなる感染拡大を続けている状況を踏まえ、ついに政府としてGoToトラベルの一時停止の措置が注目を集めています。 また、11月24日の記者会見にて赤羽国土交通大臣は「一時停止に伴う措置」の導入に際して、キャンセル料金を国が負担する方針を示しました。

GoToトラベル一時停止の詳細

ここ最近の爆発的な感染者急増を踏まえ、感染拡大地域を目的とする旅行をGoToトラベルの対象から除外することとしています。 この一次停止に関して、今後新規の予約だけでなくすでに完了している予約分に関しても一時停止(割引対象外)の対象となる見込みです。

GoToトラベル一時停止いつから?

GoToトラベルの一時停止に関して、地域ごとによっても異なりますが、一時停止の検討を表明した地域に対し、協議したうえで最終的な判断をするものとしています。具体的には一時停止を決定した日から3週間程度の除外を想定する方針です。

GoToトラベル一時停止でキャンセル料金はどうなる?

旅行者が旅行をキャンセルした場合、個人の負担にならないよう、またキャンセルによって宿泊事業者への負担も踏まえて、旅行代金の35%に相当する金額を事業予算から負担することとしています。

どんな地域が一時停止になる?

現在、感染者が急増している地域として北海道札幌市、大阪府大阪市などが除外の要望、調整を行っている段階となっています。 除外対象の地域として認められれば、これらの地域を目的地とする旅行がGoToトラベルの割引が対象外となる見込みです。キャンセルに関する対応方法なども含め、今後正式決定する内容を必ず確認するようにしましょう。

GoToトラベルとは?

新型コロナウィルスの影響で、打撃を受けている観光業界救済する目的で展開されている政府主導の観光促進事業。第一次補正予算では、予算額1.1兆円として5500万泊分の宿泊に当たる予算を構えて展開されています。

具体的な概要は後述しますが、宿泊代金の割引・旅行中のみ使用できる共通クーポンの配布を行うものとなっています。

そもそもGoToキャンペーンって何だっけ

GoToキャンペーンとは、観光のみならず、飲食・イベント・地域経済などをフォローする事業として複数の事業を展開する予定としています。
すでに認知され始めている「GoToイート」や「GoTo商店街」「GoToイベント」など、業界における救済を中心に需要喚起を起こすための内容で定義されました。

経済産業省の資料によると、令和2年度の補正予算案としてこのGoToキャンペーン事業に対して約1.7兆円の予算を組んでいることがわかります。
(参考資料:”経済産業省関係 令和2年度補正予算(概要)”経済産業省HP)

GoToトラベルの概要

GoToトラベルでは2つの内容で支援を行う内容になっています。ひとつは旅行代金の割引、もうひとつは旅先で利用できる地域共通クーポンですが、それぞれを解説するまえに、全体像を把握しておきましょう。
 

GoToトラベルの支援の仕方

全体の旅行代金(国内)に対して、半額の支援を行う内容のGoToトラベル。半額の内訳として7割が旅行代金の割引、3割が地域共通クーポンでの支援となっています。
半額を支援するものではありますが、上限として1日1泊あたり2万円、日帰りの場合は1万円を上限としています。連泊や回数の制限はありません。

1泊の旅行に際し、その半額として最大2万円までの支援が受けられるということになるため、消費者にとってもお得な旅行となるでしょう。
 

GoToトラベルの支援①旅行代金の割引

旅行代金の7割を支援というかたちになります。たとえば最大の割引を受けたい場合には、最大支援額として2万円となっているため、その7割として1,000円が補助される仕組みです。

旅行会社が展開するツアーやプラン、宿泊施設が展開するシステムで販売する宿泊プランなどを是非チェックしてみてください。

2020年9月30日までは、この旅行代金の割引のみで展開。これだけでも35%にあたるので、連休等を利用して多くの方がこのGoToトラベルを利用している姿がニュースなどでも取り上げられていました。

さらに10月1日以降は地域共通クーポンにより15%の補助が加わり、半額を支援することが可能になっています。この地域共通クーポンについて、以下でチェックしていきましょう。
 

GoToトラベルの支援②地域共通クーポン

10月1日より追加された「地域共通クーポン」。これにより、旅行代金の15%が補助されるかたちになります。半額部分の3割に充当されるため、旅先での買い物等に使用できるでしょう。

具体的には、1000円単位で商品券が発行され、お釣りは出ません。また1000円未満の端数に関しては四捨五入して換算されます。飲食店や小売店はもちろん、交通機関や観光スポット等でも利用できるようになっています。

地域共通クーポンは、紙クーポン・電子クーポンの2種類がありますが発行方法は旅行会社によって異なります。

地域共通クーポンは、旅先のエリアに隣接した都道府県で旅行期間中のみしかし要できませんのでご注意ください。

地域共通クーポンの詳細をチェック

10月1日から開始された地域限定クーポン。旅行代金の15%が相当するとされているため、注目が集まっています。
 

地域共通クーポンの金額は?

地域共通クーポンとしては旅行代金の15%、半額の支援のうち、3割で計算されます。そのため、旅行金額に応じて商品券の額も決まります。

しかし支援上限を1泊につき20,000円(※)としていいるため、1泊の場合は6,000円が最大の金額になるでしょう。注意しておきたい点は、お釣りが出ないという点。できるだけお釣りの出ない金額で使用すると良いでしょう。
※宿泊の場合
 

地域共通クーポンの使用用途は?

旅先での消費行動に使えるようになっています。飲食店や小売店はもちろん、交通機関や観光スポットでも利用可能とされています。

しかし注意点として、GoToトラベル事務局の登録を受けた店舗・施設が対象となっているため、あらかじめ商品券が使える店舗かどうかという点は確認しておきましょう。側は目印となるポスターやステッカーを目立つところに貼るようにしましょう。


(画像引用:GoToトラベル事務局HP)

※地域限定クーポンが使用できる店舗は登録を受けた店舗のみです。事前に確認しておきましょう。
(参考資料:”取り扱い店舗検索マップ”GoToトラベル事務局HP)
 

地域共通クーポンが使えないものは?

観光のために使われるべきという点で、料金の支払いや金券、行政に係る支払い等などは使用できません。GoToトラベルの趣旨から考えてみれば当然とも言える内容なので過剰な心配は不要ですが、念のため確認しておくと安心です。
(参考資料:”地域共通クーポンの利用対象にならない商品等”GoToトラベル事務局HP)
 

地域共通クーポンの利用可能期間

地域共通クーポンは使用できる期間が設定されています。宿泊する場合は宿泊日の当日および翌日が対象となります。また、日帰り旅行の場合は当日のみ有効となりますのでご注意ください。
 

地域共通クーポンの利用可能エリア

地域共通クーポンは、旅先の都道府県を含めた隣接する都道府県のみとなっています。実際の商品券に、利用エリアがわかりやすく記載されているため必ず確認するようにしてください。

GoToトラベルに東京都が追加で一気に注目が増す?

GoToトラベル開始当初から、東京都は感染拡大の状況を鑑み、その対象地域には入っていませんでした。しかし昨今の状況から、東京都も10月1日以降がGoToトラベルの対象に追加されています。

これにより、東京都への観光・東京都民による国内旅行も支援対象になるということです。

しかし、東京都の感染者数が今後増えた場合には、この対象から外れることもあるとしているため、認識しておきましょう。
 

東京都民による東京観光の場合、さらに支援追加?

GoToトラベルに関して、東京都民が東京都内の旅行や観光を行う場合、独自の支援として追加で補助する方向で調整しているとのことです。

この場合、宿泊の場合1泊につき5,000円、日帰りの場合は2,500円が東京都から別途支援されるということになります。
早ければ10月下旬からの観光が対象になるとされているため、最新情報をチェックしていきましょう。
 

GoToトラベルで観光客が増加?

このGoToトラベルを利用することで、半額の支援が受けられる内容になっているため、消費者もこれを利用して旅行や観光への意欲が高まっているでしょう。

そこで注目したいのが、飲食店や小売店の集客に関してです。新型コロナウィルスの影響で外出を控える消費者が増えたために、直接的な店舗への集客以外にWEB上からの集客・販売・デリバリーサービスでの集客にも注力しているでしょう。

このGoToトラベルを利用した消費者を集客できるかどうかも、売上に大きな影響を及ぼす可能性があるはずです。
この機会を生かして、店舗への集客をいま一度強化してみてはいかがでしょうか。

GoToトラベルに際して強化したい集客方法

観光客を中心に集客したい場合、観光客に寄り添った集客方法を取り入れるのが効果的でしょう。

情報収集では、インターネットサイトやSNS、比較サイト、口コミサイトを情報収集に利用することが増えてきています。そのため、店舗としてもこうしたインターネットサイトやSNSを中心に店舗のアピールを行うことが必要とされるでしょう。
 

SNS

InstagramやTwitterなど、ソーシャルネットサービスを活用した集客方法。若い世代を中心に、情報収集の場はこうしたSNSに移行しつつあります。

ハッシュタグや頻繁なストーリーの更新などにより、店舗をアピールすることで消費者の目に留まる機会も増えるでしょう。
ターゲットとする世代や客層を狙ったアピールをすることで、より集客に効果があるでしょう。
》インスタ集客ならインスタタウン!目的に合わせたアカウントの運用を代行

口コミサイト

飲食店なら一度は検討したことがあるかもしれません、各口コミサイトへの掲載。飲食に特化した大手口コミサイトは、消費者にとって店舗を決める際の判断基準にしている場合もあるでしょう。こうした特化型の口コミサイトや今回のGoToトラベルの場合、旅行関連の口コミサイトも注目度が増すでしょう。

トリップアドバイザーでは、宿泊施設の口コミだけでなく、周辺の飲食店やスポットまで範囲を広く掲載しています。宿泊施設をチェックするためにサイトへ訪れた消費者が、周辺の飲食店をチェックすることも考えられるでしょう。

トリップアドバイザーは世界最大の口コミサイトとして君臨しているため、飲食店や小売店としてもチェックしておきたいサービスと言えるでしょう。
》世界最大の口コミサイトトリップアドバイザーで集客!詳細はこちら

自社サイトからの集客

業界に関わらず、自店のHPやWEBサイトをお持ちの店舗が多いでしょう。消費者にとって、観光をする場合旅先の情報に詳しくないため、インターネットを使用して利用する店舗を探すことも多いでしょう。

その際に検索されるのが「地域名+飲食店」など、その地域に特化したキーワードで検索されるはず。そこで対策しておきたいのが、Googleの検索結果上に上位で自社サイトを表示させること。

Googleで検索した場合、大手口コミサイトよりも上位にGoogleMAPが表示されるのをご存知でしょうか。
この仕組みを生かして対策しておくことで、集客にも効果が見込めるでしょう。
》【成果報酬型が魅力】「地域名+業種名」での検索で上位表示を目指すGoogle成果報酬型MAP広告の費用感はこちら!

まとめ

今回は「GoToトラベル」を中心にご紹介しました。この支援事業自体は、観光業界をメインとした救済キャンペーンではありますが、地域の活性化や消費者のお得にもつながるため、店舗も消費者もメリットがあるでしょう。

観光する際には食事や買い物・施設の利用が伴うため、飲食店や小売店、観光施設を経営する場合でも注目して理解しておきたいキャンペーンなのです。

是非この記事を参考に、GoToトラベルで効果的な集客を行うだけじゃなく、今後も長い目で考えても集客として効果的なものばかりなので是非検討してみてください!

当サイトでは、企業のDX化メインに、集客やコスト削減など様々な効果的なサービスをご紹介しています。新型コロナウィルスで打撃を受けているなかだからこそ、様々な方法で売上やコストの削減を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

関連タグ

関連商品

高所得者層への効果的なダイレクトアプローチが可能!

マンションサイネージ広告|高所得者層への効果的なダイレクトアプローチが可能!|機能/特徴・料金/費用・導入事例

マンションサイネージ広告|高所得者層への効果的なダイレクトアプローチが可能!|機能/特徴・料金/費用・導入事例
安心安全な保守セキュリティが24時間365日付いたWi-Fiサービス

保守セキュリティが24時間365日付いた安心のWi-Fiサービス「ギガらくWi-fi」

保守セキュリティが24時間365日付いた安心のWi-Fiサービス「ギガらくWi-fi」
初期費用0円!月々のシステム運用費のみでホームページ作成が可能

「スマートLP」なら初期費用0円かつシステム運用費のみでホームページ作成が可能!

「スマートLP」なら初期費用0円かつシステム運用費のみでホームページ作成が可能!
初期負担ゼロでお申し込み可能なデジタルサイネージ

初期負担ゼロでお申し込み可能なデジタルサイネージ

初期負担ゼロでお申し込み可能なデジタルサイネージ

おすすめ記事

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます