【インバウンドとは】意味や外国人観光客のデータや関西の対策にも注目

「インバウンド」という言葉を聞いてすぐにイメージするのは「外国人観光客」でしょう。新型コロナウィルスの流行が始まったことで、日本における外国人観光客の数やインバウンド対策への意識は大きく変化しています。

そこで今回は、インバウンドという言葉の持つ意味を解説したうえで、その対象となる「外国人観光客」をメインに昨今の増加や特徴を解説していきます。。今後開催される予定の国際イベントを踏まえて、今後インバウンド対策はどうしていくべきなのか考えていきましょう。

インバウンドとは?

インバウンドとは、「外から内へ」という意味合いを持つ言葉です。日本を中心として捉えた場合、外国人が日本へやってくるということでインバウンドという言葉が当てはまります。この言葉と意味を軸に、様々な言葉が使われています。

インバウンド対策

国や会社(店舗)として、外国人が日本を訪れた際にどのように快適に過ごしてもらうのか、集客するのかというところで計画や戦略が必要になるため、インバウンド対策という言葉があります。

インバウンド対策として、店舗側や国としてそれぞれの対策が必要であります。会社としてインバウンド対策を行う理由は「集客」や外国人への認知などが挙げられるでしょう。

インバウンド需要

外国人が日本を訪れる旅行そのものを指したり、その際に必要となる要素(サービス・モノ)の需要や提供をインバウンド需要と言います。
2020年のはじめまで急激に成長していたインバウンド需要ですが、新型コロナをきっかけに現在は大きく縮小しています。

インバウンドのその他の使い方

外国人観光客が日本へ訪れることに関連した用語が一般的にイメージしやすいですが、実はインバウンドという言葉は全く別のシーンでも使われています。

ビジネスシーン

一般的なビジネスシーンでも「インバウンド」と「アウトバウンド」という言葉が使われることがあります。
言葉のニュアンスは観光関連のものと同様で、「他社や顧客から自社への働きかけ」を意味します。サービスへの問い合わせや相手企業からの申込みなどが該当するでしょう。

IT関連

パソコンや​​​​​ITに関連してもインバウンドという言葉を用いることがあります。外部の情報が内部へ入るものとして、メール受信やサイトへの問い合わせ等もインバウンドの一つと言えるでしょう。
》東京オリンピックで外国人は増える?インバウンドの課題にも注目

外国人観光客のデータ

日本政府観光局(JINTO)の「訪日外客数」を集計したデータによると、2010年860万人、2015年約2,000万人、2018年約3,100万人にまで増加。9年間の間に約4倍にまで拡大しているのがわかります。

しかし2020年3月以降の新型コロナの影響によりこの訪日外客数が大きく減少しました。2020年の最新情報を交えて、チェックしていきましょう。
》外国人観光客はなぜ増加している?効果的なインバウンド対策
 

2020年の最新訪日外国人数のデータ

2020年12月時点での最新の訪日外国人数のデータは、10月時点までの数値ではあるものの約400万人としています。
2018年が3,100万人、2019年が3,180万人だったことを踏まえると10%ほどにまで減少していることがわかります。新型コロナウィルスの影響ではあるものの、終息が見えていないなか、この需要が激減していることは各企業にとっても国としても大きな経済的ダメージがあるでしょう。
(参考データ:”月別・年別統計データ”日本政府観光局HP)

2019年の外国人観光客は?

日本政府観光局(JINTO)による12月18日に発表された最新データでは、2019年1月から~11月までの訪日外国人数は約2,935万人であり、2018年同対比の2,856万人から2.8%増となっています。ただし、韓国からの訪日外国人が直近2ヶ月連続で平均62%ほど激減しているため、この影響が全体にも及ぼしているとされているでしょう。
(参考データ:”月別・年別統計データ”日本政府観光局HP)

外国人観光客の消費額

観光庁のデータによると、2018年の外国人観光客による消費額は4兆5189億円。一人当たりに換算すると平均15万3,029円となりました。中でもアジアの地域が圧倒的に消費額が多く、中国が1兆5450億円、韓国・台湾がそれぞれ約5,800億、続いて香港の約3,300億という順番です。
この数字は、過去最高金額となっていて、7連続での増加となりました。

2019年の速報値を交えた集計結果では1~9月までの消費額が3兆6189億円として過去最高額であり、好調に伸ばしていると言えます。
(参考データ:"訪日外国人消費動向調査"観光庁)
》東京オリンピックで外国人は増える?インバウンドの課題にも注目

外国人観光客に関する国の目標

2019年以降、日本では国際的なイベントや試合が多く開催されていますよね。すでに終了しましたが、2019年には大阪サミット(G20)、ラグビーワールドカップが記憶に新しい国際イベントが開催されました。そして2020年には、東京オリンピック・パラリンピック、また2025年には大阪万博も控えています。
こうした大規模な国際イベントには、当然これまでよりも外国人観光客が訪れることになるでしょう。

実際に日本としてはさらなる訪日外国人数の増加を目標として、2020年に4,000万人、2030年に6,000万人という数値目標を掲げています。単純に計算すると2020年以降は5年間隔で1,000万人ずつの増加が必要になりますね。
まずは東京オリンピックが開催される2020年の4,000万人に向けて、インバウンド対策が必要になるわけです。
》東京オリンピックで外国人増加?最低限のインバウンド対策はこれ!

大阪へのインバウンドが増加?

観光庁のデータによると、2018年の訪日外国人の都道府県別訪問率(全国籍・複数回答)では、東京が45%、大阪が36%、千葉が35%としています。さらにその中でも中国や台湾、香港などのアジアからの訪日客に関しては東京とほぼ同等率となっていて、韓国に関しては大阪が最も訪日客を集めている計算になります。
また最新の大阪観光局によると、2019年上半期の大阪への外国人観光客数が623万人として上半期の過去最高記録を達成したと発表。同データによると、2018年の1142万人を上回り、1200万人に到達しそうな勢いです。

(参考データ:”訪日外国人消費動向調査”観光庁)

大阪へのインバウンドはアジアが中心、西洋も後押し

大阪へ訪れる外国人を国別で見てみると、最も多いのが中国の約258万人、次いで韓国の約115万人、台湾の約65万人。特に2019年前期に関しては、中国・韓国ともに訪問人数が東京以上となっているのです。
それ以外にもアメリカやイギリスからの訪問数も増加しているため、海外からみて日本への訪問先として大阪が注目されていることがわかる結果になっているでしょう。(参考データ:”プレスリリース”大阪観光局)
》月間2億人が使う中国の巨大SNSサービス「ウェイボー」を解説

大阪インバウンドが拡大した背景

では、なぜ日本には様々な地域があるなかで大阪が注目されているのでしょうか。以前は、外国人が訪れる地域として東京・京都・北海道が特に多かったはず。その背景をチェックしてみましょう。

LCCが関西国際空港に発着する

格安航空会社の飛行機が関西国際空港から発着できるようになったため、気軽に訪日できるようになったことも背景として大きいでしょう。特に、ほど近い韓国や中国などのアジアからの来阪外国人が増加していることも、このことが大きく影響していると言っても過言ではありません。
》中国人観光客の特徴をチェック!中国なしにインバウンドは語れない?

京都や奈良などの観光地にも近く、観光地も多い

大阪に訪れた際に、そのまま京都や奈良に足を運ぶことができます。交通の便が優れている大阪を中心として、京都や奈良など、日本独特の文化を感じられる地域が近いことも、来阪の目的として選ばれている理由の一つでしょう。

観光地ならではのグルメもショッピングもできる

大阪には、観光地はもちろんのこと、グルメやショッピングにも便利な地域です。日本を代表するグルメも楽しめて、観光もできる、買い物にも困らないため、総合的に満足できる訪日になるはずです。

親しみやすい大阪の雰囲気

大阪の地域柄、雰囲気も外国人に好まれているのではないでしょうか。関西人ならではの親しみやすさや、独特な関西弁も魅力的でしょう。

大阪独自のインバウンド対策の強化

大阪府と大阪市、民間企業が共同出資して運営している「大阪観光局」が行なっている外国人観光客向けの対策にも注目が集まっています。特に公衆無線LANサービス「Osaka Free Wi-Fi」は大阪のなかで、駅や飲食店など約5000もの場所で使える便利な無料Wi-Fiサービスが整備されています。
また、観光客の消費額を増加させるために「ナイトコンテンツ」にも注力し、夜間観光も楽しめるようなイベントも展開しています。
このように外国人が訪日の際に求めている内容にも取り組んでいるため、外国人にとって過ごしやすい環境が整っているという点で選ばれているのかもしれません。
》Wi-Fiサービス整備は必須の対策?飲食店での導入事例

大阪のインバウンド今後も注目

大阪では2019年にサミットが開催されましたが、2025年には大イベントなる大阪万博が予定されています。これが大阪への外国人観光客数にも影響してくるでしょう。
 

大阪万博とは

大阪万博とは、55年振りに大阪で開催される予定の国際博覧会。開催期間中の動員数は2,800万人とされています。
こちらも世界が注目する重要な国際イベントの一つです。国際博覧会では、社会や人類の課題に対して世界各国の情報やアイディアを発信しあう場でもあり、そうした情報共有の有益な機会とも言えるイベントなのです。
「いのち輝く未来社会のデザイン」として、人工知能であるAIや仮想現実としてVRなどの最先端技術や便利なサービスの展示によって、今後の社会や世界全体の技術力の工場などのきっかけにもなるでしょう。

大阪万博の経済効果

大阪万博で予想されている経済効果を確認していきましょう。2025年の大阪万博での動員数は2,800万人、経済効果は2兆円とされています。
こちらは特に大阪周辺に経済効果がもたらされることになるでしょう。東京だけでなく、地方にこうした経済効果の影響が出ることは日本にとっても大切なこととされています。
2020年の東京五輪に続いて、大阪万博が開催されることで、日本への経済効果の後押しとしても注目されています。しかも大阪万博まであと5年。今から対策をしておくことで、外国人観光客の集客や大阪万博の経済効果によってもたらされる経済効果によって売上も大きく変わってくるでしょう。
(参考資料:”EXPO2025"公益社団法人2025年日本国際博覧会協会)

外国人観光客への対策とは

今後も外国人観光客が増加することを考えると、外国人観光客への対応を早急に対策する必要があります。特に消費額の多い、飲食店や小売店などにおいては特に急務と言えるでしょう。外国人観光客にとって必要なもの、集客の際により効果的なものが必要になってきます。以下のようなものが挙げられます。

・インバウンド用のサイトに情報を掲載する

・SNSで宣伝する

・飲食店や小売店など、外国語表記の対応をとる

・Wi-Fi接続環境を整備する

・キャッシュレス決済の浸透

この中で特に注目したい、Wi-Fi環境・キャッシュレス決済・口コミサイト掲載を以下でご紹介します。

外国人観光客への効果的な対策

Wi-Fi環境の整備

外国人観光客は、インターネットを通じて情報収集を行います。日本へ来た際にこうしたインターネット接続環境が整っていないと、調べることもできず、日本語もわからず不安になるでしょう。
特に飲食店やカフェなどで、調べ物をする際などはなくてはならない必須のものと言えそうです。そこで店舗として準備しておきたいのが、無料で接続できるWi-Fi環境の整備。外国人にとって、異国の日本の地でも安心してネット接続ができるようにしておきましょう。そして店舗の集客対策としてわかりやすく「Wi-Fi FREE」などのステッカーや看板等で認識させることで、集客にも効果があるかもしれません。
》Deco史上最恐のコスパ!Deco M4を徹底解説!

キャッシュレス決済サービスの導入

クレジットカードやQRコードなど、便利で簡単に会計ができるキャッシュレス決済。慣れていない日本円での支払いよりも、簡単に決済できるキャッシュレス決済があれば、店舗としても外国人観光客にとってもスムーズでストレスなく会計ができますよね。
実際に海外では日本よりも圧倒的にキャッシュレス決済の浸透が進んでいて、アメリカや西洋諸国ではクレジットカード決済、アジア地域ではQRコード決済が多く使われています。
特に訪日外国人の中で最も多い中国はキャッシュレス大国とも言われていて、世界共通のクレジットカード決済はもちろん、近年注目されているQRコード決済の準備も必要と言えるでしょう。
》飲食店の集客に効果的なQRコード決済サービス9社比較

口コミサイトへの掲載

外国人観光客が訪日の際に、訪れる場所や店舗を探す情報源には様々ありますが、特に昨今ででインターネットを使った情報収集、とりわけ口コミサイトが定番化しています。中でも「トリップアドバイザー」は世界中で使われている旅行系口コミサイトとして、飲食店から宿泊施設まで幅広く掲載されているのがポイント。外国人観光客の9割が使うとも言われているほどです。
そこで店舗として、このトリップアドバイザーへの掲載が重要になって来るはず。良い口コミを集めれば集めるほど、注目されやすいので、集客にも繋がるでしょう。
》世界最大の口コミサイト「トリップアドバイザー」について無料相談

外国人観光客への対策としては様々ありますが、まずは上記の代表的なものから取り組むことが効果的です。インバウンド対策の詳細については「【インバウンド対策5選】訪日外国人の推移や集客について徹底解説!」をチェックしてみてくださいね!

また、数あるインバウンド対策の中でも特にオススメしたいのが口コミサイト「トリップアドバイザー」への掲載。旅行関連のサイトとしてのイメージが強い方もいるかもしれませんが、世界最大の口コミサイトとして、月間約5億人のユーザーに使われているサービスなのです。次にこのトリップアドバイザーについて簡単にご紹介していきましょう。

インバウンド対策にはトリップアドバイザー

インバウンド対策をしている多くの店舗が登録していて、なおかつ多くの外国人観光客が訪れているインバウンドサイトはトリップアドバイザーです。トリップアドバイザーには世界各国800万以上の宿泊施設、航空会社、観光名所、レストランなどが掲載されています。
口コミも7億件以上あるので、外国人観光客にとってはトリップアドバイザーさえ見ていれば店舗、観光地選びに困らないくらいの状況です。
インバウンド対策用のサイトとしては間違いないですが、世界共通の口コミサイトとして日本版もあるため、日本国内のユーザーも積極的に活用しています。
「せっかくサイトに情報を掲載するなら国外、国内両方から集客したい」という要望もあるでしょう。トリップアドバイザーは外国人も日本人も見ているサイトなので、両方から集客が可能なのです。
》トリップアドバイザーの登録や使い方は?

トリップアドバイザー

初期費用・月額費用0円~代行可能です。登録から更新までフルサポート!

まとめ

今回は増加する外国人観光客を中心に、その増加傾向や消費額、日本の中でも特に注目されている大阪のインバウンド、そして外国人観光客に有効な対策などをご紹介しました。今後予定されている東京五輪や大阪万博等の国際イベントに向けて、さらなる対策の強化が集客にも影響してくるでしょう。

現時点でインバウンド対策をまだ整えていない場合もまだ間に合います。国際イベントを控えて外国人の注目が増している今のうちに、ぜひ対策を始めて行きましょう。
》超重要インバウンド対策!トリップアドバイザーの運用代行について詳しく相談

 

関連商品

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

CLOUD PHONE

Insta Town

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

Uber Eats(ウーバーイーツ)

CLOUD PHONE

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます