仕分けとは?基本知識や業務の効率化方法まで紹介!

仕分けとは、会社を経営していく上で欠かせない経理作業ですが、その中でも重要な項目なのが仕分け作業です。

しかし、勘定科目の種類や、簿記のルールなど覚える項目があり、難しい作業をイメージしている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、経理の基本となる仕分けのやり方や、効率化できる方法をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

 仕分けとは?

仕訳をする女性

仕分けとは、会社の取引を分類し記録する重要な作業です。すべての取引は貸方と借方に分けることができます。

会社では、商品が売れる、維持費を払うなどで多くの物やお金の動きがありますが、分類ごとに仕分けるには知識が必要です。

税務署などに提出する公的な文書や、決算にも関係します。作業を怠っていたり理解不足な点がないようにしていきましょう。

貸借対照表と損益計算書とは?

損益計算書の書類

 貸借対照表

貸借対照表は、一定時点での資産保有量を表した物です。純資産や資産、負債で構成され資金の調達、運用状況がわかります。

会社の財政状況を把握する場合に便利で、資産状況や返済義務のある負債の確認などでも役立ちます。

損益計算書

損益計算書は、一定期間で収益や費用がどの程度発生したかを表します。収益や費用で構成されいて純損益が確認できます。

損益計算書を作成することで、会社の利益が一目でわかります。経営をしていく上での指標としてもの重要な資料です。

勘定科目とは?

勘定科目は、会社にどのような理由でお金が入ってきたかなどを、一目でわかるようにした「見出し」の役割をしています。

見出しの名称は法的に決まっているわけではありませんが、誰が見てもわかる名称での分類が必要です。
 
資産 現金、預金、売掛金、商品、受取手形、短期貸付金、長期貸付金...など
負債 買掛金、支払手形、未払金、支払手形、短期借入金、長期借入金、
純資産 資本金、引出金、資本準備金
収益 売上、受取利息、受取配当金、雑収入
費用 仕入高、給料手当、水道光熱費、広告宣伝費、賃借料
勘定科目の分類は資産、負債、純資産、収益、費用の5つに分類されます。分類ごとに管理項目が異なるので注意しましょう。

仕分けの流れ

流れを説明する女性

取引の勘定科目を選定する

仕分けを行う際は、まず取引で発生した金額に該当する勘定科目を決めます。商品が売れた場合などは、売上、現金などが該当します。

取引の内容によって、勘定科目は異なってきます。取引内容を正しく理解し、適切な勘定科目に分類できるようにしていきましょう。

5つの勘定科目グループから分類先を決める

5つのグループのうち、勘定科目がどのグループに分類されるか確認します。売上であれば収益に、現金や預金などは資産に分類します。

グループごとに管理される勘定科目は異なります。一目見てわかる表を作成するなどして、誤入力を防いでいきましょう。

勘定科目を貸方と借方へ振り分けを行う

勘定科目はすべて貸方と借方に振り分ける必要があります。勘定科目のグループごとに、貸方と借方は異なるので注意が必要です。

勘定科目の金額の増減によって判断していくと記入しやすいため、取引でどのようなお金の動きがあったか参考にしましょう。

仕分けのポイント

ポイント

ルールを暗記して効率化

仕分け時は、基礎的なルールを暗記するとスムーズに対応できるため、大切なポイントと言えます。
たとえば勘定科目について覚えられていない場合、都度確認が必要になり、業務効率も下がってしまいます。

そのため、基礎的なルールを暗記することで、業務効率も改善します。よく使う勘定科目などは、積極的に覚えていきましょう。

自社で使用する勘定科目を把握する

仕分けを行う際は、自社で利用されている勘定科目を把握し、適切に経理作業をしていきましょう。

勘定科目の名称は、法律によって明確に決められているわけではないため、企業間で項目が微妙に異なるケースがあります。

会社によって決められている名称で仕分けできるよう、あらかじめ確認しておくことで、誤入力などのミスを防ぎましょう。

2つ以上の勘定科目が関わる

仕分けの際は、基本的に2つ以上の勘定科目が関連することで、会社でのお金の動きが明確になります。

例えば、100万円の資金調達があった場合、商品の代金として受け取ったのか、銀行など時から借入たのか不明瞭です。

仕分けする際は貸方と借方両方に記載し、金額がどのようにして増減したのか明確になるようにしましょう。

仕分けの業務効率化をする方法

方法のイメージ画像

クラウド会計ソフトで自動化する

仕分け作業を効率化したいときは、クラウド会計ソフトの自動仕分け機能がおすすめです。

クラウド会計freeeであれば、人工知能を使った仕分けの自動化によって、記帳作業が不要になります。

また、確定申告などの決算関連の機能も豊富です。青色申告が選択肢を選ぶだけでできるなど非常に便利です。

仕分けのアウトソーシングを検討する

仕分けを効率化する際は、記帳作業を代行してくれるアウトソーシングを検討してみましょう。

記帳代行サービスのKANBEIは、低コストで、仕分け作業以外にも経理上発生する記帳作業を丸投げすることが可能です。

日々忙しいなかでの面倒な作業を無くし、本業に集中できるため、中小企業や個人事業主に特におすすめの方法です。

まとめ

経理作業の基本である仕分けは、ルールや項目は多いですが、やり方やコツを掴めば比較的簡単にできます。

経理作業は、会社を支える大切な作業である一方で、時間や手間がかかるため面倒な仕事であるのも事実です。

重要な本業に集中するためにも、仕分けや記帳の自動化ができる会計freee、記帳を代行してくれるKANBEIの導入を検討してみてはいかがでしょうか。


 

関連タグ

関連商品

飲食店に特化したレストラン経営専門の税務・会計サービス

飲食店に特化したレストラン経営専門の税務・会計サービス

飲食店に特化したレストラン経営専門の税務・会計サービス
飲食店のPOS連動システムでコストダウン×効率アップ

売上・勤怠・発注が可能な飲食店向け店舗管理システム

売上・勤怠・発注が可能な飲食店向け店舗管理システム
簡単に使える、美容サロン専用の予約システム

簡単に使える、美容サロン専用の予約システム

簡単に使える、美容サロン専用の予約システム

記帳作業を簡単に!会計・経理を効率化するクラウドソフト

記帳作業を簡単に!会計・経理を効率化するクラウドソフト

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

電力会社の切り替え

インターネット回線の切り替え(光回線)

ガス会社の切り替え

もっとみる
店舗

電力会社の切り替え

インターネット回線の切り替え(光回線)

ガス会社の切り替え

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

050-5050-0116

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEで無料相談する

LINEからもお気軽にご相談いただけます