プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違いって?料金の比較や安くする方法を伝授!

毎月届くガス料金の請求書に目を通すと、金額が一桁多くてびっくりしたという経験をした方はいませんか?「なぜうちの店舗はこんなにガス代が高いの?」と高額なガス代の請求に頭を抱える方も多いようです。
本記事では、そんな高額なガス代の請求に悩む店舗オーナーに向けて、プロパンガス(LPガス)と都市ガスとの違いについて解説するとともに、ガス代を安くする方法を紹介します。

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違い


そもそも、「プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違いってなに?」と疑問を持つ方も少なくないでしょう。まずは、ガス代を安くする上で理解しておくべき両者の違いについて解説します。

 

プロパンガス(LPガス)とは?


プロパンガスといえば、家庭のお風呂やキッチンのガスコンロ、店舗やタクシーなどの業務用、工業用などあらゆる業界で使用されているガス燃料です。

プロパンガス(LPガス)は、海外から主に輸入されるプロパン・ブタンの主な成分を持つ液化石油ガスのことで、通称LPGともいいます。主成分であるプロパン・ブタンは、空気より重く常温や常圧では気体となりますが、常温で低い圧力をかけることですぐに液化します。またLPガスは、無臭・無色となっており、万が一ガス漏れした場合でもすぐに気付けるよう独特の匂いが付けられています。

 

都市ガスとは?


一方都市ガスは、主成分がメタンの液化天然ガス(LNG)です。現在そのほとんどを海外から輸入している状況です。都市ガスは、本来であれば無臭・無色なのですが、プロパンガス(LPガス)と同じく万が一、ガス漏れをした際にすぐ気付けるように独特な匂いが付いています。
液化天然ガスは、マイナス162℃まで冷凍させると液体となり、体積600分の1と非常に小さくなるのが特徴です。それを活かし、大量に液体の状態で海外から輸入し、所定場所のタンカーに貯蔵します。そのあとは、気化・熱量を調整したものを都市ガスとして道路下に通されたガス導管を通じて一般の家庭や事業者へ供給されます。都市ガスは、このようにガスの導管を設置するのに膨大な初期投資がかかるため、主に人口の多い都市部などで使用されています。

また都市ガスは空気よりも軽いのが特徴で、都市ガスが漏れた場合には、空中に上がり放散されるため、屋内の場合には喚起をして放出する必要があります。

>>料金が安くなる都市ガスの自由化ってなに?

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの供給方法の違い


次に、プロパンガス(LPガス)と都市ガスとの供給方法の違いについてみていきましょう。

 

プロパンガス(LPガス)の供給方法


プロパンガス(LPガス)は、ガスの事業者がガスボンベを専用の車に乗せて、それぞれの家庭へ配送します。プロパンガス(LPガス)専用のタンカーで海外より輸入されたのち、国内の所定の1次基地、輸入基地から内航船やタンクローリーなどに積載され、中継地である2次基地へ送られます。

続いて2次基地では、常温のタンクに貯蔵され、タンクローリー車で3次基地の充鎮所へ送られます。その後、充鎮されたガスボンベは配送センターへ送られようやく各家庭へと配送されます。

 

都市ガスの供給方法


都市ガスは、海外から輸入されたLNGタンカーで液化して運ばれた液化天然ガスが気化・減圧したあと、ガスホルダーに貯蔵されます。その後は、道路下に通されたガス導管を通じて家庭や事業者まで供給される仕組みとなっています。

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの料金システムの違い


つづいては、プロパンガス(LPガス)と都市ガスとの料金システムの違いについて解説します。

 

都市ガスの料金システム


都市ガスの料金は、2017年4月まで国の認可が必要となる規制料金制でした。規制料金制では、必ずすべての費用を「総括原価」として、さらに一定の報酬を上乗せした金額が電気の販売収入に等しくなるようにする「総括原価方式」を利用して、料金を設定する必要がありました。また規制料金の場合は、お客様自身で都市ガスの会社を選ぶことはできず、各地域で決められた都市ガスを契約することが定められていました。

しかし2017年4月よりこの規制料金が廃止となり、都市ガスの自由化始まりました。都市ガスの自由化は、それぞれの都市ガス会社が自由に料金を設定できるようになるため、これまでよりさらに安い価格で都市ガスを提供する会社も出てくるようになりました。とはいえ、規制料金の影響はまだ続いており、従来までの規制料金から著しく安い料金設定を行う会社はまだ見受けられていない状況です。

>>ガス代を節約したい人必見!都市ガスの料金が最大38%安くなる「ニチガス」とは

 

プロパンガス(LPガス)の料金システム


都市ガスと比較すると、プロパンガス(LPガス)は、以前からずっと自由料金制となっています。自由料金性とは、法律などによる規制がなく、統一されたルールがない制度です。各プロパンガス会社が仕入れ価格や人件費といったコストと自社の利益を考えて自由に料金を設定しています。そのためプロパンガスは、同じ地域でも販売店によって価格はバラバラで、極端な例を挙げると2倍以上の価格で販売しているというケースも十分あり得るのです。このように都市ガスに比べてプロパンガスは自由に料金を決められるため、会社によって料金が大きく変わることも少なくないといえるでしょう。

プロパンガス(LPガス)の料金が都市ガスよりも高くなる理由


ここまでは、プロパンガス(LPガス)と都市ガスの料金システムの違いについて解説しました。では、具体的にプロパンガス(LPガス)の料金が都市ガスよりも高くなる理由は、何が原因なのでしょうか。3つの理由をみていきましょう。

 

熱量(カロリー)が都市ガスの2倍以上


プロパンガス(LPガス)は、熱量(カロリー)が都市ガスよりも2倍以上高いことが原因として挙げられます。プロパンガスの熱量は1平方メートルあたり24,000Kcalに対し、都市ガスは熱量が11,000Kcalとなります。そのため、両者同じ働きをするためには、都市ガスよりもプロパンガスの方が2.2倍使用を増やさなければいけないのです。

 

配送にかかるコストが都市ガスよりも高い


プロパンガス(LPガス)が都市ガスよりも高い理由として、供給方法の違いが関係してきます。都市ガスは、はじめにガス管を地中に通すのに初期投資として膨大な費用が発生します。もちろん、いづれ初期費用が回収できるように計算された上で敷設されますが、一度敷設されるとその後は、ガスの契約者の自宅までガス管を使って自動供給されるようになります。そのため、初期投資はかかってもランニングコストは少なくて済むというわけです。

その点、プロパンガス(LPガス)の場合、初期費用はそれほどかからない分、ランニングコストが高い傾向にあります。ガス販売会社の配達員がガス契約者の自宅まで配送しなくてはいけません。そのため、配送にかかる人件費やガソリン代というコストが発生することになるのです。このコストは、プロパンガス(LPガス)の小売価格の大きな割合を占めており、地方の広いエリアにまばらに契約者がいる場合は、必然的にコストが高くなってしまうのです。

 

料金の開示が徹底されていない


プロパンガス(LPガス)は、料金の開示義務が徹底されていないため、多くのプロパンガス会社では、料金が掲載されていないことが少なくありません。そのため、プロパンガスを契約したい人も手軽に料金を確認できる環境が整っていないのが現状なのです。とはいえ、秘密にされているわけではなく、ガスの料金はプロパンガス販売店に問い合わせることで料金表をもらえたり、見積もりなども出してくれます。手軽に料金を調べることができない環境だからこそ、消費者は料金を調べることなく、価格競争も起きにくい状況となっています。つまり、このような状況下では、プロパンガスの料金は下がりにくいということになるのです。

LPガス(プロパンガス)の料金を節約する方法


ここからは、LPガス(プロパンガス)の料金を節約する方法についてみていきましょう。

対策①ガス販売会社を切り替える


LPガスは、全国で使えたり、災害に強いというメリットがある反面、やはり「料金が高い」というデメリットもあります。しかし、LPガスは、販売店によって自由に価格を決めることのできる自由料金制のため、ガス販売会社によっても違いが大きいことも少なくありません。料金をできる限り安い料金で提供している販売店もあるため、販売店の見極めが非常に重要といえるでしょう。
とはいえ、ガス販売会社は数えきれないほどたくさんあるため、自分自身でホームページなどを見ながら一つずつ探すのも大変な作業です。そのため、LPガスの料金が高いと思ったら、まずは、料金の自動診断で今のガス料金がどれくらい高いのかチェックすることからはじめるといいでしょう。明細を用意して、ひと月のガス代と使用量の数値が分かればカンタンに診断することができますよ。診断を終えたあとで、今のガス料金が高いという結果が出たのであれば、ガス販売店の切り替えを行うことをおススメします。

「ガスの見直しサービス」を活用するのがおススメ


LPガス会社の切り替えについては、「ガスの見直しサービス」を活用すると、最大50社の中からから一人ひとりの条件に合った最良のガス会社を提案してくれます!
「ガスの見直しサービス」は、一定以上の水準を満たしているガス会社の中で不当な値上げを行わないことに賛同した最良のガス会社のみを提案してくれます。そのため、安全・安心・安価なプロパンガスを利用できるようになります。プロパンガスの切り替えについては、無料相談となっているので、気になる方はぜひお気軽に相談してみるといいでしょう。

プロパンガスを安くしたい人は必見!最大50社から最安のガス会社を提案
 
27

対策②電気とガスのセットプランに変更する


ガス販売会社によっては、各社さまざまな料金プランを展開しており、電気とセットで契約すると割引が適用されお得に電気とガスを使える会社があります。
電気とガスがセットで契約できるプランをで選択することでこれらの料金を節約できるだけでなく、支払いもまとめることができるため、管理が楽になるという魅力もあります。

対策③オール電化にする


可能であれば、オール電化に切り替えることも一つの方法です。オール電化の電気代の平均金額と一般的に家庭や店舗などで使う電気・ガス・灯油などの合計した平均金額を比較した場合、オール電化のほうがやや割安になることが多いです。そのため、オール電化を選択肢のひとつに入れるのもおススメといえるでしょう。

【無料相談】プロパンガスの見直しサービスの詳細はこちら

まとめ


今回は、高額なガス代の請求に悩む店舗オーナーに向けて、ガスの種類やプロパンガス(LPガス)と都市ガスとの違い、ガス代を安くする方法などを詳しくご紹介しました。店舗でプロパンガスを契約している場合は、家庭などに比べて使用量も多いため、高額な請求に困っている店舗オーナーも少なくないでしょう。そんな場合は、「ガスの見直しサービス」を活用すると条件に合った最良のガス会社を提案してくれますよ!ぜひ活用してみるといいでしょう。


【問合せ】プロパンガスを安くしたい人は必見!最大50社から最安のガス会社を提案!


 
27

関連タグ

関連商品

工事不要でかんたんに接続できる快適高速インターネット

高速インターネット「UQ WiMAX」なら工事不要でかんたんに接続できる!

高速インターネット「UQ WiMAX」なら工事不要でかんたんに接続できる!
多機能型セルフオーダーシステム

「Wiz-Order(ワイズオーダー)」QRコードを読み込むだけ。オーダーからマーケティングまで行える多機能型セルフオーダーシステム

「Wiz-Order(ワイズオーダー)」QRコードを読み込むだけ。オーダーからマーケティングまで行える多機能型セルフオーダーシステム

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

CLOUD PHONE

Insta Town

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

Uber Eats(ウーバーイーツ)

CLOUD PHONE

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます