【仕事効率化】テレワーク向けおすすめアイテム5選を紹介!

全国的な緊張状態が続いているなか、こうしたコロナ禍に突入してからは、業務そのものが出社からテレワークへと切り替わったという方も多いのではないでしょうか。今回は、仕事効率化におすすめなテレワーク向けのアイテム5選を、ピックアップしてご紹介いたしますので、ぜひ在宅環境の見直しや再構築などに役立ててみてください。

全国的な緊張状態が続いているなか、こうしたコロナ禍に突入してからは、業務そのものが出社からテレワークへと切り替わったという方も多いのではないでしょうか。

今回は、仕事効率化におすすめなテレワーク向けのアイテム5選を、ピックアップしてご紹介いたしますので、ぜひ在宅環境の見直しや再構築などに役立ててみてください。

コロナ以降のテレワーク人口は「2.6倍」

昨年から世間を騒がせている新型コロナウイルス関連の話題ですが、マイナビニュースの発表によると、昨年2月から10月までのおよそ8ヶ月の期間で、業務形態が出社からテレワークに移行したという会社員は、およそ2.6倍にも上るということです。

▶︎コロナ禍でテレワークする会社員は2.6倍に増加、レノボの調査から(マイナビニュース)

昨年はヒトやモノの移動が大きく制限された一年間とはなりましたが、今年に入ってからも依然として復調の兆しは見えてこないため、もうしばらくは外出自粛の生活が続くことになりそうです。

巣ごもり生活の長期化で「テレワークうつ」

一方、近ごろでは、巣ごもり生活が長く続くことで起こり得る「テレワークうつ」の危険性に関しても、さまざまな方面から指摘がなされるようになりました。

東京都内にある人事コンサルティング会社では、在宅勤務の長期化によって心身の不調を訴える相談者が増加傾向にあるということで、新型コロナウイルスが及ぼす社会的な影響は、どうやら直接的なウイルス感染だけではないようです。

仕事を効率化させるには?

このように、移動が大きく制限される昨今のコロナ下においては、いくら自宅と言えど、ある程度の在宅環境は整えておく必要があります。

自宅での作業環境を改善することによって、テレワークによる業務ストレスを軽減させることができるため、そのような意味においても「効率的なテレワーク環境の構築」は重要な課題であると言えます。

では、仕事を効率的にこなすためには、一体どのような解決策が挙げられるのでしょうか。

プライベートと仕事の空間を分けてみる

自宅の部屋数にある程度の余裕があるということであれば「プライベートと仕事の空間を分けてみる」というのも、効率化のための有効な手段の一つです。

特に、仕事場所を人目が多いリビングなどへ移すことによって、周囲から見られているという緊張感が生まれるため、作業の効率化に一役買ってくれることでしょう。

効率化につながるアイテムを導入してみる

自宅の部屋数に余裕がないということであれば「効率化につながるアイテムを導入してみる」というのも、有効な方法の一つと言えます。

イスや机などの大型家具はもちろんのこと、キーボードやマウス、モニターなどを作業性の良い製品にリプレースすることで、仕事に対するモチベーションの向上が期待できます。

仕事効率化!テレワーク向けおすすめアイテム5選

ここからはより具体的に、テレワークにおすすめできる仕事効率化のためのアイテムを、あわせて5つほどご紹介いたします。

パソコン

業務効率に直結する「パソコン」に関しては、なるべくストレスなく作業できるものを用意しておく必要があります。

テレワークになってからというもの、テレビ通話アプリやビジネスチャットアプリなど、複数のアプリケーションを立ち上げながら作業する機会が増えたことで、パソコン本体のマシンスペックについてもある程度の性能が求められるようになりました。

モニター

フルタイムで仕事をしている場合、多い日であれば毎日10時間以上は眺めることになる「モニター」についても、非常に重要な仕事道具の一つであると言えます。

ノートPCを使っている場合であっても、HDMI接続で外部モニターを利用することによって、視認できる範囲が一気に拡張されるため、大幅な業務効率の改善を見込むことができます。

マウス・キーボード

マウスやモニターなどのユーザーの手に触れるハードウェアについても、自分に合ったものを使うことによって、大きな業務改善効果を見込むことができます。

近ごろでは、特定のキーに指定のショートカットを割り当てることができる多機能なキーボード・マウスが手頃な価格から販売されるようになったため、よく使うショートカットなどを割り当てておくことで、作業の効率化につなげることができるでしょう。

デスク・チェア

長時間同じ体勢で仕事を行うような場合には、机や椅子などの家具についても、なるべくであれば自分に合ったものを利用しておきたいところです。

とはいえ、テレワークのためだけに家具を新調することも気が引けてしまうため、そのような場合には、家具を月単位でレンタルすることができるサブスクリプションサービスなどを検討してみると良いかもしれません。

Wi-Fiルーター

テレワークへの移行を機会に、現在使用しているWi-Fiルーターを新調するというケースも非常によく聞くところです。

特に、コロナ禍に突入してからは、ZoomやGoogle Meetなどのテレビ会議アプリが爆発的に普及するようになったため、自宅のネットワーク環境が貧弱なままでは、音声が途切れてしまったり、映像が乱れてしまったりといった、致命的な問題が発生してしまいます。

》Wi-FiならTP LinkのメッシュWi-Fiがおすすめ!詳細はこちら

まとめ

今回は、仕事効率化におすすめなテレワーク向けアイテム5選を、ピックアップしてご紹介いたしました。

未だ先の見えない新型コロナウイルス関連の話題ですが、自宅という限られた環境のなかで最大限のパフォーマンスを発揮するためにも、これを機会にテレワーク環境の見直しを検討してみてはいかがでしょうか。

テレワークガイドラインを厚労省が改定!ポイントやチェックリストに注目!

》【テレワークで使うべきツール15選】これさえあれば心配無用?
 

関連商品

コスト削減&業務改善を実現する、オンライン秘書サービス

コスト削減&業務改善を実現するオンライン秘書サービス

コスト削減&業務改善を実現するオンライン秘書サービス
勤怠・採用管理から給与計算まで!バックオフィス業務を一元管理

勤怠管理システム『ジョブカン』とは?|機能/特徴・価格/費用

勤怠管理システム『ジョブカン』とは?|機能/特徴・価格/費用
テキスト

日本初!デリバリー業務改善のプラットフォーム

日本初!デリバリー業務改善のプラットフォーム

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

電力会社の切り替え

ハルエネでんき

インターネット回線の切り替え(光回線)

もっとみる
店舗

Uber Eats(ウーバーイーツ)

電力会社の切り替え

beepデリバリー

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます