【テレワークのメリット】企業におけるメリットデメリットを紹介

新型コロナウィルスの流行をきっかけに増加しているテレワーク。オフィスワークを中心に、会社への出勤を前提としない働き方という考え方が浸透し始めています。
しかし実際にテレワークを取り入れている企業は一部とも言えるでしょう。職種や業界によってはテレワークを導入できない場合があるのも事実です。

今回はテレワークのメリット・デメリットについて、ご紹介していきます。今後テレワークの導入を検討している場合は是非最後まで目を通してみてください!
 

テレワークとは

テレワークとは、会社への出勤を前提としない働き方です。特に昨今では新型コロナウィルスの影響で、自宅で稼働するという働き方も増えてきています。

飲食業界や小売業界、サービス業においてはテレワークを全社的に導入することは難しいですが、オフィスワークを中心とした職種や企業においてはこうしたテレワークの導入が浸透し始めています。
 

テレワーク7割を要請

実際に西村経済再生担当大臣も、テレワーク導入・継続を推進しており、7割のテレワークを要請してきました。
》【関連記事】西村大臣がテレワーク7割を要請?いつから?準備したい環境とは

テレワークのメリット

実際にテレワークを導入する上での企業にもたらされるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。
企業目線でメリットを確認していきましょう。
 

コスト削減

テレワークを導入することで、従来発生していた交通費や光熱費、テナント家賃、業務に必要な消耗品の削減等、大きなコスト削減効果が見込めるでしょう。
テナント家賃に関しては、オフィスを構えることは必要でも、これまでよりも縮小したスペースにすることが可能になり、家賃の削減に繋がります。
》もう申請した?テナント家賃を補助!家賃支援給付金の申請を徹底解説
》オフィスや店舗も電気代の見直し!新電力が再度注目されている?
 

女性を中心としライフワークの影響を受けにくい継続雇用

結婚・出産・介護等、女性を中心に人生のなかでは働き方に大きな変化が訪れるタイミングがある場合もあります。こうした節目において、決められた時間や場所に出勤することが困難となり、退職を余儀なくされるケースもあります。

テレワークを導入することで、こうした柔軟な働き方が可能になれば、雇用の継続にも都賀がる可能性があるでしょう。
優秀な人材を逃さないためにも、重要な選択肢のひとつとしてテレワークはメリットがあるはずです。
 

人材確保

テレワークを導入することで、遠方で暮らす優秀な人材を確保することも可能になるでしょう。
従来のオフィスへの出勤が前提の場合、どうしても出勤可能範囲での採用が中心となりますが、テレワークであればエリアや場所に影響されずに仕事を行うことも可能になります。

こうしたことで、会社と自宅の所在地に関わらず優秀な人材を採用することができれば会社にとっても大きなメリットになるのではないでしょうか。
 

生産性の向上

テレワークでは自宅での業務が中心になるため、予定外の仕事や会議、来客によって仕事が中断されることも少なくなるでしょう。

また、通勤時間が削減されることで、満員電車による疲れや負担を減らすことができます。心身ともに負担の少ない働き方をすることで、より業務のパフォーマンスも上がることが期待できるでしょう。
 

ライフワークバランス

通勤がない分、社員の時間を確保することも可能となります。よりライフワークバランスが取れることで、仕事も私生活も充実した日々に繋がる可能性が高まります。
 

事象に影響されない事業

自然災害や新型コロナウィルスのような未知のウィルスが流行した際、テレワークを導入していることで、大きな影響や打撃を受けずに事業を継続することも可能になるでしょう。
こうした自然災害やウィルスの発生は今後も予測不可能であるため、あらかじめテレワークの体制を整えておくことで、スムーズな対処が取れるはず。

今後のリスクヘッジとしても、テレワークの導入・社内での浸透はメリットとなり、必要と言えるでしょう。
》テレワークを初めて導入する場合は必見!テレワーク導入を完全サポート

テレワークのデメリット

反対にテレワークのデメリットとなる点にも抑えておきたいところ。以下でテレワーク導入における企業側のデメリットについてご紹介していきます。
 

勤怠管理

自宅での稼働となるため、勤怠管理の徹底が重要になってきます。オフィスへの出勤とは異なり、実態把握が難しくなるでしょう。

実際に稼働しているかどうか、逆に自宅での作業が長引くことで、長時間労働になってしまうケースも否めません。こうした勤怠の実態に関する対策も必要になるでしょう。
 

セキュリティリスク

会社の端末を社外で使用することで、セキュリティにへの対策も必要になります。

他社からの閲覧だけでなく、オフィス以外の環境に端末を置くことでインターネット上のセキュリティのリスクもゼロではありません。こうしたセキュリティ対策も考える必要があるでしょう。
》テレワークにおけるセキュリティリスクについてはこちらをチェック
 

社員とのコミュニケーション

オフィスに出勤しないことで、会社としてのコミュニティや個人間のコミュニケーションが希薄になります。こうしたコミュ二ケーションや連携にも注意が必要で、定期的なオンライン面談を行う等の対策も行いましょう。

まとめ

今回はテレワーク導入における企業側のメリット・デメリットをご紹介しました。
テレワークを行うことで、業務効率化、柔軟な働き方、人材確保、コスト削減など様々なメリットが生まれるでしょう。しかしデメリットにも注意しなくてはなりません。

こうしたメリット・デメリットを把握した上で、時代や状況に合った働きかたとしてテレワークの導入・社内浸透を検討してみてはいかがでしょうか。

》テレワーク導入どうしたらいい?助成金や課題、準備をサポート

》オフィスにもテレワークにもピッタリ!Wi-Fi環境を強化するならTP LinkのメッシュWi-Fi

》人気メーカーのメッシュWi-Fiの比較8選!それぞれの特徴をチェック

》テレワーク導入済の企業は、使わないオフィスのコスト削減!ガス会社の見直しはこちら


 

関連商品

株式会社ハルエネが提供するガスサービス

株式会社ハルエネが提供するガスサービス

株式会社ハルエネが提供するガスサービス
画面丈夫商品横のキャッチ文

「テストページ」画像の横に表示される一番目立つ文字はここ

「テストページ」画像の横に表示される一番目立つ文字はここ
成果報酬型・定額型選べるチャットボット

webサイトの問い合わせを大幅にUPできる「コンバージョンあがるくん(C-bot)」

webサイトの問い合わせを大幅にUPできる「コンバージョンあがるくん(C-bot)」

おすすめ記事

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます