【導入ガイド無料配布】テレワーク導入企業の悩み解決!テレワークのデメリット解消方法からメリットまで徹底解説!

国内での働き方改革推進により、大手企業など自宅で業務を行う「テレワーク・在宅勤務」を推奨する動きが高まってきています。さらに東京オリンピックが予定されていたことで、2020年に向けてテレワークの準備を進めていた企業も多かったかと思います。

しかし2020年に入り、新型コロナウイルスの拡散を受けて、行動の自粛や2020年4月7日に発令された「緊急事態宣言」により、すぐにでもテレワークの導入を検討する企業も急増しています。

そこで今回は、今からでも間に合う「テレワーク・在宅勤務」の概要や、メリット・デメリットについて詳しく解説していきます。また、デメリットの解消方法まで徹底解説しますので、テレワーク導入を検討中の方はしっかり確認してテレワーク導入の参考にしてくださいね。

テレワーク・リモートワーク導入ガイドを無料公開中!!

ガイドブック

【導入事例付き】テレワーク・リモートワークを検討されている企業の担当者必見!導入の手順・メリット・ポイントなどをわかりやすくまとめています。

無料で資料をダウンロードする

需要が高まるテレワーク・リモートワーク

新型コロナウイルスの影響を受けて、外出自粛による在宅勤務やテレワーク・リモートワークという言葉を多く聞くようになりました。一般的に、会社へ出社して働くことが当たり前だった世の中において、今需要が高まってきている「テレワーク・在宅勤務」とはどういったものなのでしょうか。

そもそも「テレワーク」とは、インターネットなどを活用して、場所や時間にとらわれず自由な働き方を行うことを意味します。特に最近では、外出を控える目的として自宅で業務を行う「在宅勤務」などが増えてきています。

在宅勤務は、オフィスに出社せずに、自宅で任された仕事を行う働き方です。中でも子育て世帯の方や、自宅で介護が必要だったりで出社が難しい方には非常に助かる働き方といえます。
 
テレワーク・リモートワークとは?
テレワーク・リモートワーク導入の無料相談はこちらから

テレワーク・リモートワークのメリット

いざ企業が実施するうえで、まず知っておきたいテレワークやリモートワークのメリットについて解説していきます。会社でテレワークを実施することで、企業側が得られるメリットとしては、以下のようなものがあります。
 

生産性の向上

自宅などで作業するとなると、生産性が低下する印象を持つ人も多いかもしれませんが、実際にテレワークを行った企業の中には、生産性が向上したという企業も多く、期待される効果として挙げられることが多いです。

テレワークは、従業員が働く環境を自由に選べることで、周辺環境による意欲や集中力の定価を減らすことができます。これにより自身の仕事に集中でき、業務成果を効率的にだせるようになります。

また出社しなくて良いため、通勤時のストレスが減るだけでなく、移動時間や待ち時間などの時間ロスを減らすことができます。無駄な時間が削れたことで、気をそらすことなく集中して仕事に取り組むことが可能です。
 

コスト削減

従業員にかかるコストの中で、必要不可欠なものとして通勤費などああるかと思います。仕事をするうえでも、通勤費の支給があるのとないのでは、選択肢としても大きく変わります。そのため企業側として、コスト削減を行うにも通勤費の削減は難しい点とも言えます。

しかしテレワークを導入すれば通勤費が発生しないため、出社しての働き方では削減できなかった通勤費の部分を削減することができます。これは企業にとっても大きなメリットとなり、通勤費だけでなくテレワークの活用によって、これまで紙で対応していたものをペーパーレスにすることで、さらなるコスト削減が可能となります。

その他、フルリモートワークのように完全にリモートワークで働ける環境にすることで、オフィスの規模を小さくするもしくは、無くしてしまうこともできるでしょう。オフィスの家賃は固定費として大きな割合を占めている企業が多いだけに、コスト削減の効果はバツグンです。
 

離職率の低下・求人応募の増加

テレワーク・リモートワークが導入され、従業員の働きやすい環境が構築されることで、実は離職率の低下や求人応募の増加につなげることができます。

それは結婚や出産、育児に介護など、さまざまなライフスタイルの変化により、どうしても離職しなければならないケースに対し、テレワークや在宅勤務が可能であれば離職せず継続して働くこともできます。

そうしたライフスタイルを重視する人材からの求人応募も増えるでしょう。

人手不足に悩む中小企業などは、こうしたライフスタイルの変化で優秀な人材を失うことなく、長く会社で活躍できるようにすることは、採用などの人事コストの削減にもつなげることができます。

また、コスト削減した分を社員へ還元することで結果的に離職率の低下や求人応募の増加につながるでしょう。
266

テレワーク・リモートワークのデメリット

一方で、テレワークを導入していくうえで、企業を悩ませるデメリットとなる点にも注意しなければなりません。
 

セキュリティ面に不安がある

自宅など会社以外で業務を行うテレワークにおいて、最も注意すべきポイントがセキュリティ面でのリスク対策です。

遠隔地で働くテレワーク・リモートワークは、今だと基本的に自宅などで行うことが多いと思いますが、場合によってはカフェやコワーキングスペースなどで行うこともあります。

こうした場所で仕事を行う場合、盗難やウイルス感染などによる情報漏洩や機密情報の紛失といったリスクが考えられますので、パソコンやネットワーク環境の確認は必要となります。
 

費用がかかる

リモートワークを行うメリットとして、コスト・経費を削減できる点がありますが、逆にリモートワークを行うことで発生する費用もあります。

基本的に、リモートワークはネットワークを活用したITシステムがあることで効率的に動くことができます。しかしこうしたITシステムの構築には費用が発生することもあり、それらの保守費用なども発生することがあります。

社外から機密情報にアクセスすることもあるので、セキュリティソフトやシステムも別途用意が必要になるでしょう。
 

従業員の勤怠管理が難しい

リモートワークで働く場合、対象の従業員は会社に出勤するわけではないので、いつ仕事をはじめて、いつ終わったのかがわからないという問題があります。会社内であれば、誰がいるのかも目で確認できますが、社外だと把握が難しく、適切な勤怠管理ができないこともあります。
 

会議を同じ場所で集まってできない

リモートワークで働く従業員が増えると、社内で勤務する人数と社外で働く人数比が変わり、会議や打合せなどの実施が今までのように行えなくなってきます。
 

仕事の進捗状況の把握が難しい

遠隔で業務を行うリモートワークを導入すると、普段同じプロジェクトで働いているメンバーや、同じ部署の部下などの抱える業務の進捗状況などを把握することが難しくなります。

会社内のお同じ部屋や近くの席で働いていれば、常に様子を見ることもできるうえ、すぐに話をしたりと状況把握がスムーズですが、リモートワークで離れた場所で業務をしていると、どうしても管理がしにくいのが問題となります。

その他、知識・経験豊富な専門家にデメリットの解消方法やポイントのアドバイスを受けてスムーズな導入につなげませんか?
テレワーク・リモートワーク導入のお悩みありませんか?

テレワーク・リモートワークのデメリットの解決方法

セキュリティの向上・研修の実施

テレワーク・リモートワークのデメリットとして企業の悩みが多いのがセキュリティへの対策や不安ではないでしょうか?

セキュリティへの対策や不安の解決方法としては、セキュリティの向上や研修の実施を行うのが良いでしょう。

社外からのアクセス時にはVPNを利用する、閲覧制限やアクセス制限を見直す、カフェやコワーキングスペースなどで働くことを想定している場合は、セキュリティに対する研修を実施するなど対策を行いましょう。

テレワークやリモートワークを安心して導入・活用していくのであれば、総務省の「テレワークセキュリティガイドライン」などを元に、セキュリティ対策をしっかり行う必要があります。

「テレワークセキュリティガイドライン」によると、テレワークの実施には、ルール・人・技術のバランスが取れた対策が必要としています。

システムやネットワークの構築だけ気をつけても、従業員に対してのセキュリティリスクの教育などができていなければ、全体のセキュリティレベルは低いままになってしまうということです。

ですので、テレワークの導入を行うのであれば、会社の大切な情報を守るためにも事前にしっかりとした対策を行っておくようにしましょう。テレワークを安心して始めるために、セキュリティ面でも安全・安心がおける、システムを活用する方法などがありますので、チェックしておきましょう。
 

勤怠管理システムの導入・見直し

テレワーク・リモートワークを導入する際のデメリットとして、企業の給与課や管理部門の悩みとして多いのが、勤怠管理ではないでしょうか?

デメリットの解決方法としては、社員の勤怠管理をアナログで行っている場合には、WEBで出退勤の記録をつけられる勤怠管理ツールなどを導入して、始業時間や就業時間の管理をしましょう。

決められた時間に打刻を義務付けることで、オフィスで働くと同じような緊張感を持って仕事に取り組むことができるうえ、給与課など管理部門が勤務状況の把握がカンタンになります。
 

会議システムの導入・見直し

会議が多い企業ではテレワーク・リモートワーク導入を行うことをデメリットに感じる企業もあるでしょう。

解決方法としては、会議システムの導入を行うと良いでしょう。また、以外に思われますが、会議自体が本当に必要なのか見直すことも有効です。

テレワーク・リモートワークでは一つの部屋でメンバー全員集まって会議することができないため、ビデオチャットツールやテレビ会議システムなどを利用する企業が増えてきました。

パソコンやタブレットなどから、ビデオ通話で会話ができるので、その場にいなくても顔を合わせて話ができるほか、会議に必要な資料の共有なども可能です。

実際にその場で話すのと変わらないクオリティで会議ができるので、テレワークやリモートワークを導入する際には欠かせないアイテムとなります。
 

プロジェクト管理ツール・チャットツールの導入

リモートワーク・テレワークでは、仕事の進捗状況が把握しにくい点をデメリットに感じる企業もあるのではないでしょうか?

解決方法としては、チャットツールを導入して常にコミュニケーションが取れる状態にしておくほか、プロジェクトの進捗状況やタスクの管理ができるツールなどを使って、可視化できるようにしておくことが望ましいでしょう。
 

テレワーク・リモートワーク導入の専門家にアドバイスを受ける

テレワーク・リモートワークを導入する際に、費用がかかる点をデメリットに感じる企業も多いことでしょう。

そこで、解決方法としておすすめなのが、テレワーク・リモートワーク導入の専門家に相談し、アドバイスを受けるのが良いでしょう。テレワーク・リモートワークを導入するためにはさまざまな知識や経験者しか気づかない注意点などが多く、独自で導入を進めてしまうと導入後に後悔してしまうこともあるでしょう。

専門家からアドバイスを受けながら導入することで、コストを抑えつつ最適なテレワーク・リモートワークの開始ができるでしょう。相談だけなら無料という親切なところもあるので、まずは無料で相談してみましょう。
テレワーク・リモートワーク導入を専門家に無料で相談してみませんか?
266

テレワーク・リモートワーク導入の注意点・ポイント

まだまだ新型コロナウイルスの影響もあり、一部の都府県ですが政府から非常事態宣言が発令された今、テレワークを開始しようとする企業も多いと思います。

テレワーク・リモートワークの導入を考えるのであれば、まずはテレワーク・リモートワーク・在宅勤務がどういったものなのか理解したうえで、経営者側のメリット・デメリット、そして従業員側が感じるメリット・デメリットを把握し、それらのデメリットの解消方法を知っておくことも必要です。

しかし普段の業務もあり忙しい中で、システムや機器などテレワークの手配を行う時間が取れないのも事実です。もともとテレワークについての知識がない場合、導入に向けてイチから情報収集や知識を得るのは費用対効果もあわず、その時間を業務にあてる方が効率的です。

そのため、テレワークの導入を考えたい場合は、テレワーク導入を徹底サポートしてくれる「はじめてのテレワーク」サービスがおススメです。

相談料無料で、テレワーク導入にあたってご相談やプランの提案まで、専門のスタッフが丁寧に対応してくれます。業務時間を割く必要もなく、導入前から導入後までしっかりとサポートしてもらえるので安心して任すことができます。
266

まとめ

猛威を振るう新型コロナウイルスの影響を受けて、ますます注目を集める「テレワーク・リモートワーク」。今からテレワークの導入を考えている方に向けて、最低限しっておいていただきらいメリットやデメリットについて解説してきました。

テレワークの知識がない方は、ワイズクラウドの「はじめてのテレワーク」へご相談ください。テレワークの専門スタッフが、導入に関する相談からプランやサービスの案内までサポートしています。効率的にスピーディーな導入にもおススメなので、ぜひチェックしてみてください。

テレワーク・リモートワーク導入ガイドを無料公開中!!

ガイドブック

【導入事例付き】テレワーク・リモートワークを検討されている方必見!導入の手順・メリット・ポイントなどをわかりやすくまとめています。

無料で資料をダウンロードする

関連タグ

関連商品

テレワーク導入ならおまかせ!導入から助成金活用まで

はじめてのテレワーク|テレワーク導入を徹底サポート!|機能/特徴・価格/費用・導入事例

はじめてのテレワーク|テレワーク導入を徹底サポート!|機能/特徴・価格/費用・導入事例
外出先で内線・外線通話や転送などが可能に

外出先への電話転送が無料!?スマホで固定電話の内線・外線通話

外出先への電話転送が無料!?スマホで固定電話の内線・外線通話
電話業務の効率化とコスト削減を可能にする自動音声応答案内サービス

IVRは電話業務の効率化とコスト削減を可能にする自動音声応答案内サービス

IVRは電話業務の効率化とコスト削減を可能にする自動音声応答案内サービス

おすすめ記事

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます