テレワーク・リモートワーク・在宅勤務のセキュリティ強化にはUTM導入がおすすめ!

新型コロナウイルスの感染拡大にともなって、東京都を中心とする主要都市においては、在宅勤務やテレワークの導入が進むようになりました。

しかし、在宅勤務やテレワークの実施においては、従業員それぞれのネットワークセキュリティに注目しなければなりません。

今回は、テレワークやリモートワークのセキュリティにスポットをあてながら、在宅勤務に便利なUTMについて解説していきます。

スマートUTMの問い合わせはこちら

お問い合わせ

東京都におけるテレワークや在宅勤務の普及の現状

新型コロナウイルスの流行にともない、近ごろでは行政府の主導のもと、多くの企業で在宅ワークやテレワークの導入が進んでいます。

(参考資料:"テレワーク「導入率」緊急調査結果"東京都HP)

東京都の実施した調査の結果を見てみると「従業員が30名を超える企業」のテレワーク導入率は「62.7%」にも上るということです。

東京都をはじめとする都心部や人口密集地においては、テレワークによるソーシャルディスタンスの確保と感染予防対策が必要不可欠です。

今後も加速していくIT化の流れを踏まえても、テレワークに向けた業務環境の整備などは、いち早く実施する必要があるといえるでしょう。

テレワークや在宅勤務におけるセキュリティのリスク

テレワークを実施する場合に注意しておかなければならないのが、在宅環境におけるネットワークセキュリティのリスクです。

テレワークは、従業員が各々の自宅で市販のルーター製品を利用することになるため、当然セキュリティレベルの低下は避けられません。

とくに顧客情報を管理している仕事の場合には、情報の漏洩や第三者による不正アクセスなどのリスクが高まってしまいます。

そのため、テレワークや在宅勤務においては、VPNと呼ばれる仮想専用線を構築することで、セキュリティレベルを統一する必要があります。

また近ごろでは、VPNの機能を搭載した「UTM」と呼ばれる統合セキュリティサービスが大きな注目を集めています。

UTMとは?

UTMとは、英語の「Unified Threat Management」の略語であり、日本語では「統合脅威管理」と訳されるセキュリティサービスを指すものです。

UTMには、ファイアウォールやウイルスブロック、迷惑メール防止やURLフィルタリングなどのさまざまなセキュリティ機能が搭載されています。

ネットワークの出入り口(ルーターやモデム)に物理的に接続させるものや、クラウドに設置するものなど、さまざまなタイプが存在します。

従来までのアンチウイルスソフトなどとは異なり、単体のサービスでさまざまなセキュリティ機能を利用することができるでしょう。

また、それぞれの端末に個別にインストールする手間なども省くことができるため、会社のコスト削減と業務効率化の両立にもつながります。

UTMでできるセキュリティ対策

VPNシステム
ファイアウォール
IDS/IPS
URLフィルタリング
アンチスパム
アンチウイルス

ファイアウォール

端末の内部にある大切なデータを保護する機能のこと

VPNシステム

ネットワークにおける仮想の専用線を構築すること通信を保護する機能のこと

IDS/IPS

第三者による不正なパケット攻撃を防止する機能のこと

URLフィルタリング

特定のウェブサイトやURLに対する閲覧制限機能のこと

アンチスパム

迷惑メールをフォルダごとに分けて分別してくれる機能

アンチウイルス

データを破壊するウイルスから内部のデータを保護する機能のこと

UTM導入の流れ

同時接続台数の決定

UTMには、同時に接続させることができる上限台数があらかじめ決まっています。

まずはオフィス内で使用する端末の台数を確認し、少なくともそれらを上回る台数スペックのサービスを検討するべきでしょう。

固定IPの取得

固定IPを取得しておくことで、リモートワークやサーバーの管理などがスムーズになります。

通常、IPアドレスはアクセスするたびに変更される動的なものが一般的ですが、用途によっては固定IPの設定が必要になります。

UTMの設置

アプライアンス型のUTMの場合には、オフィス内に物理的なUTM端末の設置が必要になります。

また、UTMは必ずモデムやルーターの直下に接続しなければならないため、接続する場所を間違えないように注意しておきましょう。

PCの設定

UTMを設置しただけでは効果は現れないため、PC本体の設定も必要になります。

製品やサービスなどによってPCからの操作画面は若干異なってくるため、製品マニュアルなどを参照しながら端末の設定を終えましょう。

まとめ

今回は、テレワークやリモートワークのセキュリティにスポットをあてながら、在宅勤務に便利なUTMについて解説していきました。

さまざまなセキュリティ機能が集約されているUTMを導入することによって、リモートワークでのセキュリティを強化することができます。

これからリモートワークを導入しようと計画している場合には、スマートUTMをはじめとするUTMサービスの導入がおすすめです。
 
スマートUTMの問い合わせはこちら

お問い合わせ

関連タグ

関連商品

使いやすいセルフオーダー・POSレジアプリ

「かんたん注文」かんたんで使いやすいセルフオーダー・POSレジアプリ

「かんたん注文」かんたんで使いやすいセルフオーダー・POSレジアプリ
これが!使えるスマートホーム!

「Space Core」様々な企業・サービス・デバイスと連携。住居の可能性を広げ、空室対策にも!

「Space Core」様々な企業・サービス・デバイスと連携。住居の可能性を広げ、空室対策にも!
UTM(統合脅威管理)でのネットワークセキュリティ対策

UTM(統合脅威管理)でのネットワークセキュリティ対策

UTM(統合脅威管理)でのネットワークセキュリティ対策
様々な業態に対応するPOSレジ

「東芝テックレジ」豊富な品揃えで様々な業態に対応できるレジ

「東芝テックレジ」豊富な品揃えで様々な業態に対応できるレジ

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

電力会社の切り替え

えらべる税理士

ソフトバンクでんき

もっとみる
店舗

電力会社の切り替え

えらべる税理士

beepデリバリー

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEで無料相談する

LINEからもお気軽にご相談いただけます