飲食店のキャッシュレス化におすすめの、決済サービス3選!

飲食店のキャッシュレス化におすすめの、決済サービス3選!
キャッシュレス決済導入の波が波及していく中、キャッシュレスは便利そうだけれど挿入にお金がかかったり、かえって導入が手間になるのではと不安に感じていらっしゃる方もおられることと思います。
キャッシュレス決済の選択肢は増加、そのサービス内容も進化しています。
今回の記事ではキャッシュレス決済メリットとともに、おすすめのサービスを厳選してご紹介していきます。

なぜ今キャッシュレスなのか?

キャッシュレス決済の手段と人気の理由

キャッシュレス決済の導入が話題になる昨今、なぜキャッシュレスは注目を浴びているのでしょうか。現在、キャッシュレス決済の種類として大きく分類すると以下の4つになります。

・クレジットカード
・電子マネー
・モバイル決済
・ポイントサービス

この中でも特にクレジットカードは馴染み深い決済手段ですよね。最近ではSuicaのような交通系ICカードで決済できる店舗も増えており、キャッシュレス決済はますます身近なものになってきています。
またT-POINTやPontaなど、日ごろの買い物で貯められるポイントを、会計時に消費できるポイントサービスも、節約志向の高いユーザーを中心に根強い人気を誇ります。
最近では訪日外国人観光客の増加により、多言語多種貨幣に即時対応できるQRコードを用いた決済も人気です。特に観光客の割合の多い中国でユーザーの多いPayPayや銀聯カード(ユニオンペイ)、国内でサービスを開始したLINE Payなどが有名でしょうか。
これらのQRコード決済はスマホにQRコードを表示させる、あるいはスマホでQRコードを読み込むことで支払いを済ませるモバイル決済となっています。会計時の時間短縮や会計にかかる人的コスト削減など、お客様と店舗側双方に大きなメリットをもたらすことが期待できるでしょう。
キャッシュレス決済全体の共通として、お客様と店舗のどちらにとっても気軽で便利な支払い方法であるという点が上げられます。
特に店舗側としては、キャッシュレス決済の導入で業務効率化を計れるのではないでしょうか。

キャッシュレス化のメリット

キャッシュレス決済サービスの導入に関して、そのメリットをご紹介します。
 

コストの削減

キャッシュレス決済を導入すると、レジ閉めの業務やレジ打ちにかかる時間やスタッフを少なくすることができます。
キャッシュレス決済サービスのなかには、会計記録を自動保存してくれるものもあります。こういった機能があれば、売上管理や人気傾向も把握しやすいですよね!
こういった部分でも、業務効率化、売上改善に繋げていけるのではないでしょうか。
 

データ管理が容易になる

顧客情報管理の部分では、お客様の利用情報をデータとして分析し、顧客獲得・維持に生かせるでしょう。この点は、お客様の満足度の向上や今後の戦略立案において重要な要素です。
キャッシュレス決済ならユーザーの傾向や嗜好がデータとしてそのまま残りますから、参照するにも分析するにも情報の検索性が高く便利です。
時間帯ごとの売れ筋商品など、検索したい属性を抽出できるシステムと組み合わせれば、さらに情報の精度は上がります。
 

スタッフの負担が減る

現金の決済でかかる時間や、レジの打ち間違いによる訂正、混雑によるお客様の満足度の低下など様々な問題が残っていました。
またレジの残金の確認などもすべて手作業で行うため、時間がかかる上に人的ミスも起こりやすいですよね。
キャッシュレス決済であれば、こうした問題も解決できるでしょう。

オススメのキャッシュレスサービス

Origami Pay(オリガミペイ)

日本国内で20,000店舗で利用されている「Origami Pay」。
QRコードを読み込むだけで決済が完了するシンプルさ、加盟店の多さからくる利便性の高さが魅力です。
しかもOrigami Payを利用した場合の最終的な支払い方法として、クレジットカードだけではなく、銀行口座からの直接引き落としによる支払い方法にも対応しています。
また店舗規模に合わせた決済方法として下記の3種類の中から決済方法を選べるので、店の規模や携帯に合わせて最適なものを選ぶといいでしょう。

・ステッカーQR + Web型
Origamami Payのみ対応、専用端末要らずでインターネット環境があれば利用できる、始めやすいプランです。
・タブレット型(iPad)
専用のアプリケーションをインストールして1つのアプリでOrigami PayとAlipayの両方を利用できるスタンダードなプランです。
・POS型
POSレジを用いることで金額なども打ち込まずにレジを利用できるようになります。POS改修費用が発生する場合があるので、気になる方は事前に相談してみるのもいいでしょう。
   

Star Pay(スターペイ)

複数のQRコード決済サービスをまとめてりようできる「Star Pay(スターペイ)」。
国内ならLINE Payやd払い、PayPay、楽天ペイ、海外ならばWeChat PayにAlipayや銀聯など、手広くカバーしています。
導入・運用のいずれも人的・金銭的負担が少ないキャッシュレス対応ツールとしてつくられているため、端末を問わずらゆる機器・端末へのQRコード決済搭載を付与することができるのが特徴です。
プリ版をダウンロードすれば、すでにお持ちのスマホやタブレットが決済端末になるので、まずは簡単にキャッシュレスを利用してみたいという方にもおススメできます。また「自動識別機能」の搭載で、決済されたQRコードがどのブランドかを瞬時に判別するシステムを有しています。決済ごとに別のシステムを立ち上げる必要もなく会計にかかる時間やミスを減らすことができるでしょう。すでにPOSレジを利用中でも接続APIとの連携を設定すればQRコード決済が導入できますから、連携やシステム追加の自由度が高いのも特徴です。
   

Times Pay(タイムズペイ)

実質0円で導入可能!ネットも導入工事も必要なしのクレジットカード決済サービス「Times Pay」。
コインパーキングの「タイムズ駐車場」で有名な「パーク24株式会社」が提供するクレジットカード決済サービスです。
決済手数料は3.24%~と低価格で、振り込み手数料も無料、さらに分割やリボ払いにも対応しているため様々なお客様の支払いニーズに対応可能。
具体的にはVISA・ Mastercardが3.24%、その他4社は3.74%〜となっています。導入コストをかけたくない場合におすすめできます。

決済用の端末は持ち運び可能なコンパクトタイプなうえクレジットカード&電子マネーがひとつの端末で利用ができるため、小さな店舗でも問題なく利用できるでしょう。
 

まとめ


キャッシュレス決済化におけるメリットとともに、飲食店のキャッシュレス化におすすめサービス3選をご紹介しました。

最近ではお手持ちのスマホやタブレットにアプリをインストールするだけで利用できるサービスも登場しているため、キャッシュレス決済導入のハードルは低くなっているといえるでしょう。
キャッシュレス決済導入により、は業務効率化やコスト削減などが期待できます。お客様が展開する事業本来のサービス改善に特化できるなど、仕事の環境を大きく改善する可能性も秘めているのではないでしょうか。
キャッシュレス決済導入で業務改善・コスト削減を行うだけでなく、売上アップにも繋げていくことも期待したいです。
 

関連タグ