話題のチャットボット!導入効果とメリットをご紹介

話題のチャットボット!導入効果とメリットをご紹介

チャットボットを導入する企業が増えており、結果的に成果が出ています。それを見た企業の担当者がチャットボットの導入を検討するも、実際導入することでどのような効果が得られるのか明確にわからない、効果をまとめないと社内に提案するのも難しい、といったことがあるでしょう。

そこでこのページでは、チャットボットを導入することで得られる効果について解説します。

チャットボットを導入することで得られる効果

チャットボットを導入することで、以下のような効果が得られます。

メッセージを自動送信できる
自動お問い合わせができる
24時間365日対応できる
CVR向上につながる
商品によってはEFO対策がされているのでフォーム入力が便利
ユーザーの入力データを蓄積できる
業務効率化につながる
ミスせず対応できる

たとえば24時間365日対応の結果業務効率化につながっている、といったように因果関係があるので一律に効果を列挙するのは難しいのですが、網羅的に挙げていくと上記のようになります。

メッセージの自動対応で業務効率化

チャットボットはユーザーからの問い合わせに対して自動で応答します。また人間と違って業務時間外、休日はないので、24時間365日対応です。常にユーザーからの問い合わせに即時対応できるので、WEBサイト担当者にとってもユーザーにとってもありがたい仕組みと言えるでしょう。

ユーザーは相手がチャットボットだと気兼ねなく問い合わせが可能で、また担当者からの返信を待つ必要もありません。知りたいことをすぐに知ることができます。

WEB担当者は毎回ユーザーからの問い合わせを確認し、返信する手間がかかりません。その結果別の業務に集中できるので、業務効率化につながります。WEB担当者は時間、労力を節約でき、企業からすると人件費の節約にもなります。

特に問い合わせが多い企業では、WEBサイト担当者、オペレーターを何人も雇うよりもチャットボットを導入した方が効率的かつ安上がりでしょう。もちろんチャットボットだけですべての問い合わせに対応できるわけではないかもしれませんが、特に単純なよくある問い合わせはチャットボットで十分対応できます。

ユーザーの入力データを蓄積してサイトの改善につなげられる

ユーザーが何気なく入力するデータは、企業にとって資産になります。なぜなら、ユーザーがWEBサイト、企業に対して求めていることをダイレクトに知れるからです。

今までも検索ワードや、ユーザーの動きを数値データとして分析するツールはありました。またサイトでコメントを受け付けておけば、コメントを書いてもらうことができます。

しかし検索ワードや数値データだけだとユーザーの生の声ではないですし、コメントだと書いてくれるのは一部のユーザーだけです。チャットボットへの問い合わせなら、より多くのユーザーが生の声を書き込んでくれるのです。

チャットボットへの入力データを独自に分析し、WEBサイト内のコンテンツの改良や、新規コンテンツ制作に活かせばよりユーザーニーズに沿ったWEBサイト作りが可能になります。

WEBサイトでうまく集客、コンバージョンにつながらない原因のほとんどは、作業量が足りていないかユーザーニーズと合致していないことです。つまり作業量が足りているにも関わらず集客、コンバージョン獲得がうまくいっていないのなら、それはユーザーニーズとずれたコンテンツを作ってしまっているということです。

たとえばサービス、商品情報の説明が不十分なままコンバージョン獲得のための広告を出している、情報収集をしたいだけの段階のユーザーに対してサービスの宣伝をしているせいで、ユーザーの早期離脱を招いている、などはよくあることです。

それ以前に、そもそもユーザーの検索ニーズに沿わない情報が記載されているケースも多いでしょう。客観的なユーザーの視点を持つことは案外難しく、それができればサイト運営は半分以上成功したと言っても過言ではありません。

なぜならユーザーニーズさえつかんだら、後はそれに則ってコンテンツを作り込んでいくだけだからです。チャットボットを導入することで、業務効率化だけでなくサイト運営に重要な情報が入手できます。

チャットボットはミスをしない

チャットボットは問い合わせ業務を自動化してくれます。そして人間と違ってミスをする心配はありません。設定がおかしいとユーザーとの会話が噛みあわないリスクはありますが、少なくとも人間のように勘違いや見落としによるミスはありません。

人間はどうしてもミスをする可能性があるので、たとえばユーザーからの問い合わせに対応する度に内容が合っているかなどを確認する時間、労力がかかります。

ある程度テンプレートを用意してはいても、一部を書き換えたり、そのテンプレートが使えるかどうかを判断する必要があります。チャットボットならこういった手間がないので、ユーザーにとってもサイト担当者にとってもメリットです。

チャットボット選びの基準

チャットボットの効果がわかって導入しようと思ったタイミングで出てくる問題が、どのチャットボットを選ぶか、ということです。チャットボットはいろいろな商品があるので、どの商品を選ぶべきか迷ってしまうのも無理はないでしょう。

チャットボットを選ぶ基準はいくつかありますが、以下のような基準を満たしているチャットボットがおすすめです。

無料から始められる
成果報酬型である
実績がある
使いやすい
コストパフォーマンスに優れている

チャットボットを始めて導入する段階では、「本当に効果が出るのか」「効果が出なくて赤字になったら困る」といった気持ちがあると思います。無料で始められるチャットボットであれば、赤字になるリスクはありません。

万が一効果が出なくても使用を辞めればお金はかからないからです。運用方法を間違えなければチャットボットの効果がないことはありませんが、念のため無料でノーリスクの状態で始めるのがベストです。

次に、成果報酬型であることも基準の一つになります。初期費用があって月額費用がかかる商品は、成果が出ても出なくてもお金がかかるということです。悪く言えば、仕組み上結果に責任を持っていないとも言えます。

なぜなら成果が出なくても費用として回収できてしまうからです。一方で、成果報酬型の商品なら成果が出ないと費用が発生しません。成果の一部を費用として支払う仕組みであれば、赤字になることが絶対にないのです。

また過去の実績があるチャットボットがおすすめです。成果報酬型のチャットボットは自信と実績があるからこそ成果報酬型にできています。成果報酬型かどうかは実績を測る基準にもなります。

ユーザーにとっても担当者にとっても使いやすさは重要で、使いにくいと使われなくなっていきます。複雑な機能を兼ね備えていることが重要なのではなく、シンプルでも機能が使いやすく、業務に必要な機能が網羅されていることが重要です。

コストパフォーマンスも当然重要で、チャットボットは高ければ良いというものではありません。費用を抑えつつ成果を出すことが重要なので、安くて良い商品がおすすめです。

すべての条件を満たすのがコンバージョンあがるくん(C-bot)

チャットボット選びの基準を紹介しましたが、これらの条件をすべて満たしているのが「コンバージョンあがるくん」です。「コンバージョンあがるくん」は完全成果報酬で、初期費用、月額費用が0円です。無料で始められることはもちろん、成果が出るまでは一切お金がかからないということです。

 

自信と実績があるからこそこのような料金システムになっています。また機能的にもメッセージ自動送信、自動お問い合わせ、24時間365日対応、CVR向上のための各種施策、EFO対策、検索疲れの抑制のための工夫、などシンプルながら機能が網羅されています。

 

まとめ

チャットボットは業務効率化しつつユーザーニーズを満たし、WEBサイトの価値を高めてくれます。結果的にCVRは向上するでしょう。チャットボットには複数の商品があり、機能性の高さよりもシンプルで自社サイトに必要な要素を網羅している商品を選ぶことが重要です。

「コンバージョンあがるくん」なら完全成果報酬で、多くのサイトに必要な機能を網羅しています。実績もあるので、これからチャットボットを導入する方におすすめです。

関連タグ