いまさら聞けない「チャットボット」?おすすめサービスもご紹介

いまさら聞けない「チャットボット」?おすすめサービスもご紹介

チャットボットはここ数年知名度が急上昇しているシステムで、多くの企業が導入しています。そして今後も導入数は増加していくでしょう。このページでは、そもそもチャットボットとは何か、どのチャットボットがおすすめなのか、などについて解説していきます。

チャットボットとは

チャットボットとは、自動でメッセージ送信、お問い合わせ対応、などを行ってくれるシステムのことです。24時間365日対応してくれるので、従業員の負担を軽減しつつユーザー満足度を上げることができます。

ユーザー側の操作としては、メッセージ入力かオプションリストからの選択です。チャットボット自体は1950年代から存在したのですが、実用的になり、急速に普及していったのはここ数年間の話です。

今はWEBサイトだけでなくFacebookやLINEなどのSNSでもチャットボットが導入されており、今後活躍の幅は増えていくでしょう。

チャットボットは2種類ある

チャットボットは機能レベルに応じて大きく2種類に分類されます。具体的には以下の2つです。

一問一答形式のチャットボット
AIチャットボット

どちらが高機能かは一目瞭然でしょう。まず一問一答形式のチャットボットは、あらかじめ作ったシナリオ通りに応答する仕組みです。たとえばユーザーに対して選択肢を提示し、ユーザーはその選択肢から選択します。

それに対してチャットボットは再び選択肢を提示するか、あらかじめ用意しておいたゴールを提示します。ユーザーの回答に応じて学習することはなく、単にデータベースに蓄積していくだけです。

データベースに蓄積したデータを元に回答パターンが増えることもないため、データベース内の情報はあくまでも担当者が確認するためにあります。

次にAIチャットボットはその名の通りAIを活用したチャットボットです。理想的には、ユーザーが入力した情報をデータベースに蓄積して回答のパターンを増やす機械学習や、さらにそこから回答を導き出すまでのロジックも進化させるディープラーニングが組み込まれていることです。

今後AIチャットボットが進化すれば完全なAI利用が実現されると考えられますが、現状は完璧にAI活用できているわけではありません。一問一答形式よりは高機能ですが、完全なAI化とまではなっていないので、徐々にAI化が進んでいる状況です。

AIは人工知能ですが、人工知能に似たような動きをするものの人工知能よりもスペックが低いシステムを人工無能と呼ぶことがあります。チャットボットは人工無能から人工知能に進化している段階です。

とはいえ現状でもチャットボットは十分に成果を出しており、機能性の高さだけがすべてではありません。中途半端にAI活用しすぎるとシステムが自力で考える範囲が増える分、不具合が増える可能性もあります。

そのため機能性の高さだけで判断するのではなく、サイトに必要な機能を充足しているか、コストパフォーマンスが良いか、といった観点が欠かせません。

チャットボット導入において重要なこと

チャットボットを導入することで、CVR向上、業務効率化、などを達成している企業が多いです。しかし、残念ながらすべての企業が成果を上げられるわけではありません。

せっかくチャットボットを導入したにも関わらず、成果が出ないケースもあるのです。失敗原因としては、以下のような理由が挙げられます。

機能性にこだわるあまり目的を疎かにしている
設定が甘いせいで対話のユーザー満足度が低い

まずチャットボットは機能の高さを楽しむためのものではありません。興味本位が先行してしまっている場合、なるべく機能性を上げてチャットボットとの対話を楽しみたい、という方向性にシフトしがちです。

業務利用するなら役立つことが前提なので、きちんとユーザーニーズを満たす応答をしなければ意味がないのです。ユーザーとのやり取りが噛みあっていなかったり、求めているものと異なっていたらユーザーは不満が溜まります。

当然コンバージョンにもつながらず、結果的にチャットボットを使わなくなってしまうかもしれません。仮にチャットボットの機能をフルで活用できなかったとしても、ユーザーのニーズを満たす形で対応できるよう調整する必要があります。

次にせっかく高機能なチャットボットを導入していても、設定が甘いとユーザーが満足する応答ができません。現状のチャットボットは何も設定をしなくても100%AIが自動的に最適解を導いてくれるようなものではありません。

AIが使われているチャットボットであっても人間が設定したものをベースに動くので、ユーザーからの問い合わせを想定した上で適正な設定をする必要があるのです。

またAIチャットボットは高機能であるがゆえにチャットボットの自由度が高く、結果的に混乱してしまうことも珍しくありません。混乱したまま応答してしまうと完全にユーザーと会話が噛みあわなくなるので、いったん軌道修正するための設定が必要です。

チャットボットはとにかく高機能、完璧さにこだわるよりも、無理ない範囲での機能性、ときにはエラーで会話を戻す、ユーザーに聞きなおす、などの運用が重要になります。

コンバージョンあがるくん(C-bot)がおすすめ

チャットボットを導入してCVR向上、業務効率化を狙いたくても、そもそもどのチャットボットを導入すべきか迷ってしまうかもしれません。チャットボットの商品は数多いため、どれが良いのかわからないからです。

迷っているのであれば、「コンバージョンあがるくん」がおすすめです。「コンバージョンあがるくん」はメッセージの自動送信、自動お問い合わせ、24時間365日対応が可能で、CVR向上、業務効率化に結び付きます。

 

機能的にはシンプルで使いやすいサービスです。設定も簡単で、サポートが充実しています。WEB担当者にとってもユーザーにとっても直感的に操作しやすいツールで、わかりやすいと評判です。

 

コンバージョンあがるくん(C-bot)は完全成果報酬

「コンバージョンあがるくん」は完全成果報酬で、初期費用も月額料金も0円です。初期費用が0円の商品は他にもありますが、初期費用がかかる場合、数十万円かかるものが多いです。

また月額費用に関してはほとんどの商品が料金に組み込まれており、数千円~十万円以上の料金設定になっています。月額料金がかかる商品は、当然成果が出ても出なくても毎月お金を支払うことになります。

一方で「コンバージョンあがるくん」なら完全成果報酬なので、成果が出なければ一切お金はかかりません。成果の一部を費用として支払うだけなので、赤字になる心配がありません。

せっかくチャットボットを導入したのに成果につながらない、むしろ費用だけがかかって、これなら導入しない方が良かった、ということがないのです。

「コンバージョンあがるくん」が完全成果報酬にできている理由は、それだけ成果が出ているからです。他の商品と違って、完全成果報酬である「コンバージョンあがるくん」は万が一成果が出なかった場合に運営会社であるWizだけが赤字を被る仕組みになっています。

仕組みはこのようになっていますが、実際に赤字になることはないので問題ありません。人件コスト削減、コンバージョンアップなどに成功しています。導入企業の業種は幅広く、実績として整体院、整骨院、塾、ジム、英会話スクールなどがあります。

いずれの企業も導入後成果を上げており、業種問わず「コンバージョンあがるくん」が活躍できることがわかります。もちろんモバイル対応もしているので、スマホからのアクセスが多いWEBサイトも安心です。

まとめ

チャットボットは自動で応答してくれるシステムで、導入件数は右肩上がりに増加しています。業務効率化、CVR向上につながっており、今後ますます一般化していくでしょう。

むしろチャットボットを導入しないと非効率なサイト運営になる時代になってきています。また現状のチャットボットは人工知能と人工無能の間くらいの機能のものが多いですが、これはあえてスペックを落としているからでもあります。

技術的にはより高機能なチャットボットを商品化することも可能ですが、AI化が進めば進むほどシステムが自分で考える領域が増えます。そうすると人間が意図しない動きをする確率も上がるため、それが不具合になることも考えられるのです。

実際不具合を起こしているチャットボットも存在します。大切なのは、必要な機能性を満たしていて、安定稼働できるチャットボットを選択することです。

「コンバージョンあがるくん」はシンプルな機能で安定的に使用でき、また費用も完全成果報酬です。

関連タグ