• TOP
  • コラム
  • 保育士業務をデジタルシフト!保育園運営の悩みを解決するサービスをご紹介!

保育士業務をデジタルシフト!保育園運営の悩みを解決するサービスをご紹介!

保育士業務をデジタルシフト!保育園運営の悩みを解決するサービスをご紹介!
保育士の仕事は、今もなお人気の高い職業の一つとして知られています。しかし近年では、保育業界は慢性的な人手不足に悩まされており、保育士への負担が大きくなっているという状況があります。こうしたことから、保育士や保育の現場を取り巻く悩みや問題が注目されるようになりました。そこで今回は、保育園が抱える問題を解消するため、のサービスについてご紹介します。

保育現場の悩みとは?

保育園不足による待機児童問題や、保育士の離職率増加などにより、保育士のニーズが高まる一方で、保育士業務の負担増加などにより、現場は頭を抱える一方となっています。
保育現場が抱える最大の悩みは、保育士の人材不足です。保育士は女性に人気の高い職業ではありますが、保育業務だけでなく数多くの事務作業があり、労働環境も過酷ということから退職する保育士が増え、慢性的な人で不足に陥っています。
 

保育士への負担が大きい

では、保育士が抱える負担とはどういうものでしょうか。
保育士の仕事は、子どもの保育に関わる業務全般が仕事になります。単に子どもの世話をするだけでなく、保護者への連絡や年中行事の開催、指導案や日誌の作成といった事務仕事もあります。
日中は、子どもの世話などが中心となるため、なかなか合間で終わらせることができず、子どもたちが退園した後もやらなければならない仕事が多く、残業という形で取り組むこともあります。そのほか、子どもたちがお昼寝の時間も目を離せないので、保育士は休憩時間が確保しにくいという問題もあります。このように業務量が多い仕事にも関わらず、休みが取りにくかったり、給与が少ないなどの点も重なって、退職へと繋がっています。
 

全国的にも保育士の人材不足が深刻化

平成29年度に厚生労働省が発表した「保育人材確保のための『魅力ある職場づくり』に向けて」によると、。平成29年度末までに、国全体として新たに確保が必要となる保育人材数は9万人程度と発表されています。 
 
保育士不足となっている最大の要因は、保育園への就業希望者が増えないことにあるとされています。就業希望者が増えない理由には、子どもを預かることへの責任の重さに耐えられないという意見や、事故が起こることへの不安といったもののほか、就業時間や勤務形態が自分の希望と合わないといった意見が多く上がっています。
 
実はハローワークで求職する人のうち、保育士資格を持つ約半数が保育士としての就業を希望していないと言います。。保育士資格を持っているのに保育士を希望しない求職者のうち、およそ半数以上が勤務年数5年未満での早期離職者である傾向も見られます。

保育士の負担軽減、確保が必須

保育士の人で不足を解決するためには、まず保育士の業務負担を減らすことが有効なアプローチとなるでしょう。しかし保育士の業務負担を軽減するといっても、実際のところどんな手段が有効なのでしょうか。ここでは、保育園での業務負担を軽減する方法やサービスについてご紹介していきます。
 

保育士の負担を軽減するICTシステム

近年、保育士の業務負担を軽減する有効な手段の一つとして、保育ICTシステムの導入が推奨されてきています。アナログで作業することの多い保育園業務において、インターネットやクラウドなどを活用してデジタル化することで、これまで手作業で作成して時間のかかっていた作業も大幅に短縮することが可能になります。 
保育園向けのICTシステムには、シフト作成といった事務処理をサポートしてくれるものや、日報や連絡帳の作成をパソコンで簡単に行えるようになります。これまでアナログで行っていた作業をデジタルシフトすることで、保育士の業務負担を軽減できるでしょう。保育士業務が効率化されれば、余計な残業や時間外労働も減り、人件費や光熱費もカットできるので、保育園全体のコスト削減にも繋がります。
 

コドモン

保育ICTシステムの「コドモン」は、こうした保育士のオーバーワークを解決するために、保育園専用のICTシステムとして開発されました。国内No.1のシェアを誇り、全国3,700を超える園で導入されています。
 指導案や日誌の作成や、連絡帳、登降園管理機能など、保育士の負担を軽減する機能はもちろん、保育料計算や保育士のシフト作成など保育園の経営をサポートしてくれる機能も搭載されています。
豊富な機能にも関わらず、コドモンは誰でも簡単に利用できるシンプルな操作性のため、若手からベテランの保育士までどなたでもすぐに利用できます。 
 
コドモンを詳しく見る
 
機能、特長
コドモンには、以下のような機能が用意されています。
 
保育の品質、専門性を高める機能
・指導案・日誌作成
・発達記録
・健康チェック
・ヒヤリハット
・園児台帳
 
事務処理を省力化
・登降園管理
・保育料の計算
・請求書発行
・スタッフのシフト作成
・出勤管理
・職員間の情報共有
 
保護者への連絡
・緊急連絡
・連絡帳
・欠席・延長連絡
・おたより・献立通信
・保護者アンケート
・行事予定
・園バス位置情報配信
 
その他
・写真販売
・複数園管理
・多言語対応
・セキュリティ
・献立管理
 
コドモンの費用
・初期費用:0円~
 
・基本料金:5,000円/月~
 
・オプション料金
登降園管理・請求管理 … 5,000円/月
帳票管理(指導案) … 5,000円/月
シフト作成 … 3,000円/月
 

保育士求人特化サービス


不足している保育士を集めるには、求人を出す必要があります。求人を掲載する求人サイトや媒体にも、注意しておかなくてはいけません。
たとえば求人費用をかけたにもかかわらず、せっかく雇った保育士がすぐに辞めてしまうパターンはありませんか?通常の求人サイトでは保育園の良さや特色が十分に伝わらず、応募者との間に認識の相違が発生するケースも少なくありません。しかし最近では、保育士や保育関連業務に特化した求人サービスも多く登場しています。保育専門の求人サイトであれば、保育園の良さや売りが十分に伝えられますし、応募者とのミスマッチを防いでくれるでしょう。
 

ホイキュー 

ホイキュー」は保育士不足を解消する目的で立ち上げられた、保育士特化型の求人サイトです。働きやすさや待遇など、求職者にとって嬉しい良質な求人が多数掲載されています。取り扱いも首都圏から地方まで、全国幅広く対応されていますよ。
ホイキューでは、保育業界のトレンドや、問題提起コンテンツなどを定期的にアップすることで、現役の保育士や保育士希望者が集まるようになっています。これから保育士求人を出そうと考えているのなら、ホイキューを利用していてはいかがでしょうか。
 
メリット1:初期費用0円
ホイキューは完全成功報酬型の求人サイトなので、初期費用はかかりません。掲載料やデポジットなしで、採用が決まるまで完全無料で求人情報の掲載が可能です。コストがかからずリスクも低いので、確実に人材を確保したい保育園に嬉しい料金システムです。
 
メリット2:求人掲載と保育園のPRが同時にできる
オリジナル求人を申し込んだ保育園を対象に、インタビューコンテンツの掲載も行われています。求人ページとインタビューページは相互誘導されているので、求人情報と一緒に保育園PRが行えます。
 
メリット3:保育士が集まりやすい情報コンテンツ
ホイキューでは読み物コンテンツも充実しています。保育業界のトレンドや、保育士の現状、よくある悩みと解決方法、今後の保育業界の流れなどが配信されているので、感度の高い保育士や保育士希望者が集まりやすくなっています。
 
ホイキューを詳しく見る

まとめ

今回は保育園運営につきものの悩み、人材不足を解消するための方法をお伝えしました。 
保育業界では、慢性的な人材不足が叫ばれています。保育士は離職率も高く、人材不足の大きな原因は業務負担の大きさにあると言われています。 
保育園向けのICTシステムを導入して、業務をデジタルシフトし、保育士の負担軽減に繋げ、人材不足を解消してください。また離職を防止するためにも、保育士特化型求人サイトの利用もオススメです。

 

関連タグ