• TOP
  • コラム
  • ICT導入の補助金を受けて、保育園・幼稚園の経営・保育士の待遇改善〜CoDMON(コドモン)の導入

ICT導入の補助金を受けて、保育園・幼稚園の経営・保育士の待遇改善〜CoDMON(コドモン)の導入

ICT導入の補助金を受けて、保育園・幼稚園の経営・保育士の待遇改善〜CoDMON(コドモン)の導入
保育園・幼稚園の業務改善にはICTシステム「CoDMON(コドモン)」が大活躍します。コドモンはICTシステム(いわゆるIT)で、導入には国や自治体からの補助金を受けられます。経営や保育士の待遇改善に悩む保育園には朗報ではないでしょうか。今回は受けられる補助金やコドモンによる業務効率化を解説します。

 

ICTの導入で補助金がもらえる?!

保育園・幼稚園の業務効率化のためにICTを導入するための補助金があります。ICTを導入することで、経費は削減され、経営改善、保育士の待遇改善などに期待できるため、補助金を使わない手はないでしょう。ここではICTとは何か、そして補助金の対象となる保育園・幼稚園向けシステムCoDMON(コドモン)をご紹介します。

ICTとは

ICTとは情報通信サービスのことで、いわゆるITと同じ意味だと考えて頂いて差し支えありません。昨今はITの代わりにICTという言葉を用いることがあります。

ICTを保育園・幼稚園の業務に導入することで、保育業務の品質向上や事務処理の軽減、保護者対応などの負担が削減されます。

ICT導入補助金の助成対象CoDMON(コドモン)

CoDMONは保育園・幼稚園の業務を手助けするICTシステムです。導入するための補助金を受けられます。

なぜCoDMON(コドモン)を導入して補助金がもらえるのか

CoDMON(コドモン)の導入により、保育園・幼稚園の業務が効率化され、保育士の待遇改善などに繋がります。また国が企業のICT化を推進しているため、ICTシステムの導入に補助をしようという目的もあり、補助金が交付されます。

CoDMON(コドモン)導入で対象となるICT導入補助金

ICTの導入のためにもらえる補助金は多くあるので、どのような補助金がもらえるのか解説します。

保育所等におけるICT化推進補助金

保育士の業務負担を減らすために交付される補助金です。保育士にとって、書類作成などの業務は大きな負担となっていますが、コドモンを導入することにより書類作芸業務は大きく軽減されます。

対象施設は自治体によって異なりますが、主に「認可保育所」、「認証保育所」、「小規模認可保育所」、「認定こども園」とされています。

教育支援体制整備事業費交付金実施要領「園務改善のためのICT化支援」

幼稚園の幼稚園教諭が行う、指導に関する書類や登降園管理などの業務負担を軽減するためのICT補助金システム導入に対して交付される補助金です。

対象施設は幼稚園、認定こども園とされています。

IT導入補助金

中小企業や小規模事業者が経営課題を克服するために必要なICTシステムを導入するための補助金です。ソフトウェア費や導入関連費等で補助を受けられます。中小企業・小規模事業者等の業務効率化や売上アップを援助します。

コドモンの導入にも、この補助金は交付されます。

職場意識改善助成金

保育士の待遇改善のために作られているコドモンは、職場意識改善助成金の対象として認められています。保育士の業務を軽減し、残業時間を減らすなどの目的でコドモンを導入することで、交付されます。

対象となる保育園の条件は、ある程度保育士の業務負担が大きく、残業時間が長く、有給消化率が良くないということです。その他、職場意識の改善などの意欲がある事業者とされており、認可保育園、認可外保育園、認定こども園、幼稚園に交付されます。

CoDMON(コドモン)の機能

導入に際して補助金を受けられるCoDMON(コドモン)の機能をご紹介します。どの機能も保育園・幼稚園の業務を効率化し、保育士の待遇改善にも役立つ機能です。

保育の質と専門性を高める機能

コドモンは指導案・日誌作成をサポートします。指導案・日誌作成は週次、月次の案を考慮しながら作成しなければいけません。紙ではいくつもの台帳を確認しなければならず、保育士の経験などに頼ることが多い業務です。

コドモンは指導案・日誌作成において、システムの画面上で週次・月次などの台帳と連携できるため、指導案・日誌作成業務がはかどります。

また発達記録・健康チェックもコドモン上で管理できます。発達記録は◯・△・×マークを選択することで記録できるため非常に簡単です。独自の記録項目をつけることもできます。そして指導案・日誌作成機能と連動するため、転記などの手間が省ける点も、業務効率化に寄与します。

健康チェックは午睡・検温・排便の記録をシステム上で管理できます。管理は専用アプリが用意されており、園児の様子を確認しながらその場で記録できるため、紙に記録して転記する必要がありません。

また連絡帳などにも連動して反映できる点も業務を楽にするポイントです。

その他、ヒヤリハットや事故報告書の作成機能、園児台帳の作成機能もあり、保育業務をバックアップして、品質を高めます。

事務処理を効率化する機能

事務処理は保育士にとって大きな負担となる業務のため、コドモンの機能を使うことで業務改善がスムーズに進みます。

登降園管理機能は、専用のICカードや保護者の持つ電子マネーなどでタッチすることで登降園時間を打刻します。朝は登降園管理のために保護者対応、混雑などが生じやすいですが、タッチするだけで打刻できるため、スムーズな登園を実現します。

さらに記録した登降園時刻から保育料を自動的に計算します。保育料の計算は、園児・幼児ひとりひとりについて計算しなければならないため、非常に繁雑な作業です。コドモンはこの作業を自動化することで、事務処理の負担を大きく軽減します。

また保護者に向けた請求書も発行できます。入金管理機能もあるため、請求漏れも防ぎます。請求書は保育料だけでなく、おむつや捕食、その他物販なども追記できるため、請求作業を統一化します。

その他職員シフトの作成や出金管理機能、職員間の情報共有機能もあるため、全体で集まる会議などの時間を減らし、職員全体の業務負担を軽減します。

保護者連絡をスムーズにする機能

保護者連絡は重要な業務ですが、ひとりひとりの保護者に電話などをかけるのは業務としては大きな負担です。

緊急連絡機能は全体・クラス・保護者個人宛を選んで、お知らせを一斉に配信できます。また配信時間をあらかじめ予約できる点も嬉しいポイントです。また保護者がメールを確認しなくても良いように、スマホのプッシュ通知で配信でき、保護者が気付かないといった状況を防ぎます。

連絡帳の記帳はとても大変な作業ですが、保護者・保育士双方がコドモンを使って連絡帳を配信します。コドモンは連絡帳の記帳を最小限の絶え間に抑えるため、業務を効率化します。またペーパーレスにも役立ちます。

その他、保護者から欠席・保育園長の申請を受け付ける機能やお便り・献立表、保護者アンケートなども配信できるため、保育士から保護者への連絡業務を大幅に軽減します。

その他の機能

写真販売(配信)にも対応しており、スマホなどで撮影した写真を保護者に公開します。また写真販売の機能もあり、保護者はクレジットカードかコンビニで写真代を支払います。よって保育園・幼稚園で現金を扱わなくて済む点も大きなメリットです。

保護者専用アプリの機能

コドモンは保育士の手助けだけでなく、保護者専用アプリで保護者もサポートします。お知らせ確認や遅刻・欠席申請、登降園履歴の確認など、保護者が行う一通りの行動は保護者専用アプリで行えます。

CoDMON(コドモン)の良くある質問

CoDMON(コドモン)に寄せられる良くある質問をご紹介します。

パソコンが苦手でも使える?

コドモンは音声入力にも対応しているため、パソコン(キーボード)が苦手な方でも使えます。またコドモンは簡素でシンプルな操作を目指して作られており、入力作業も簡単になるように作られています。

登録した個人情報の管理は大丈夫?

個人情報はSSLという暗号で通信されるため、第三者に漏れることはありません。またデータは国内のデータセンターでしっかり保管し、保守バックアップされています。

フィーチャーフォン(ガラケー)でも使える?

フィーチャーフォン(ガラケー)にも対応しています。コドモンはスマホ、PC、タブレット、ガラケーと、すべての端末で利用可能です。ただしガラケーは一部機能が制限されています。

保育園・幼稚園の業務効率化のために補助金でCoDMON(コドモン)の導入を!

ICTは業務を効率化するため、経営や保育士の待遇改善に寄与します。コドモンの導入には、保育士不足の解消や中小企業・小規模事業者の業務改善のための補助金を利用できるため、導入のハードルはあまり高くありません。

ぜひコドモンの導入をご検討ください。

insta town

CoDMON(コドモン)

園の業務を効率化!保育士の負担を軽減するICTシステム

関連タグ