• TOP
  • コラム
  • インバウンド時代を勝ち抜く集客方法!コスパ抜群の対策から解説

インバウンド時代を勝ち抜く集客方法!コスパ抜群の対策から解説

インバウンド時代を勝ち抜く集客方法!コスパ抜群の対策から解説

2020年には東京オリンピックを控えており、その後もインバウンド効果は続くと予測されています。日本だけでなく世界的に国際化が進んでおり、その結果観光客は増加します。

これからの時代インバウンド対策は必須と言えるでしょう。ターゲットを日本人のみに絞って集客するのも一つの手ですが、集客の機会を逃すことになり、またインバウンドで成功した店舗の方に日本人顧客が流れていく可能性があります。

人気の店舗に人が集まる可能性が高く、それは顧客が外国人観光客でも日本人でも関係ありません。日本人顧客の数がまったく同じで外国人観光客の顧客の数のみに差がある2店舗があった場合、外国人観光客も獲得している店舗の方が口コミの数が増えて評価が上がる可能性が高いです。

そうするともともと数で互角だった日本人の顧客も評判の良い店舗の方に流れていきます。つまりインバウンド対策をしないと単に集客機会を逃すだけでなく、ライバル店に負ける、シェアを奪われる、という現象が起こるのです。

とはいえ何から始めれば良いのかわからない、何をすれば効率的に集客できるのか、という疑問が出てきます。そこで、ここでは簡単かつ効果の高いインバウンド対策を紹介します。

インバウンド対策一覧

インバウンド対策の方法は一つではなく、以下のような方法が挙げられます。

・店頭ディスプレイを外国語対応にする
・現地のツアー会社に団体誘致の話を持ちかける
・SNSのアカウントを作って宣伝する
・インフルエンサーに依頼して宣伝する
・ホームページを作って宣伝する
・専門サイトに情報掲載する

以上のような方法が挙げられます。ハードルの高そうなものから簡単にできそうなものまでありますが、ハードルが高ければ高いほど効果が高いというわけではありません。

重要なのはコストパフォーマンスの良いものから取り入れ、逆にコスパが悪いものは切り捨てていくことです。余裕があるならなるべく多くの方法を取り入れていけば良いのですが、基本的に店舗経営者は忙しいです。

良い商品、サービスを提供することが最重要なので、本来集客はきっかけに過ぎません。効率的に集客し、来てくれたお客さんにより良い商品、サービスを届けるのが理想的な形です。

最優先で取り組むべきは専門サイトへの情報掲載

集客方法を上で紹介しましたが、この中で真っ先に力を入れるべきは専門サイトへの情報掲載です。理由は、お店を探している人の多くは専門サイトから探しているからです。

Googleの検索エンジンから直接キーワードを入力した場合も、ドメインパワー(サイトの評価)が強い専門サイトは上位表示されます。つまり専門サイト内で検索した場合も、Googleの検索エンジンから検索した場合も専門サイト内の情報にヒットする確率が高いということです。

逆にたとえばホームページやSNSのアカウントを持っていても、Googleの検索エンジンからヒットするのは難しいです。店舗名で検索すればホームページもSNSもヒットしますが、たとえば「居酒屋 六本木 個室」などの条件で検索した際に表示されるのはぐるなび、食べログ、などの専門サイトです。

なぜならこれらのサイトを表示することで、ユーザーはその中から選択肢を広げたうえで店舗を選べるからです。いくら人気店であっても、一つの店舗のホームページがトップ表示されることはあまりないでしょう。

日本語検索だとぐるなびや食べログが上位表示される可能性が高いですが、外国人が海外ドメインから外国語で検索した場合、インバウンド用の専門サイトが上位表示される可能性が高いです。

そのため、インバウンド対策を行うのであればインバウンド用の専門サイトに登録するのがベストです。

インバウンド対策なら「トリップアドバイザー」と「大衆点評」

インバウンド対策にはインバウンド専用サイトへの情報掲載がベストです。インバウンド対策用のサイトは複数ありますが、その中でも特におすすめなのがトリップアドバイザーと大衆点評です。

まずトリップアドバイザーは日本を含む世界中で使用されているサイトで、月間の訪問者数が4億9,000万人です。日本の人口よりもはるかに多い人数になります。

またこのうち2億人に対しては明確なアプローチができていると分析されており、集客にもつながっています。日本を訪れる外国人観光客の中でもトリップアドバイザーを見ている人は多く、そこからお店を選んでいます。

Googleから英語で検索しても日本語のページや関係ないページが出てくることが多いため、最初からトリップアドバイザーで探した方が効率的でもあります。

insta town
トリップアドバイザー

初期費用・月額費用0円~代行可能です。登録から更新までフルサポート!



大衆点評は中国用のインバウンドサイトです。基本的に中国のみで使われていますが、ユーザー数は約6億人ほどいます。つまり中国で大人気のインバウンドサイトということです。

中国はサイトもSNSも情報統制が厳しく、世界中で見られているようなサイトを閲覧できないことが多々あります。その結果インバウンドサイトも独自の進化を遂げており、その代表例が大衆点評です。

大衆点評は中国から日本に来る観光客の2人に1人は見ていると言われており、実際大衆点評から集客につながっているケースは多々あります。詳しくは以下をご確認ください。
 
大衆点評を詳しく見る
 

中国へのインバウンド対策が重要である理由

中国は人口が多く、なおかつ物理的に日本との距離が近いです。多くの観光客の流入が期待できます。実際日本への観光客のうち約1/4は中国からの観光客で、消費金額は全体の4割近くを占めています。

中国の観光客は人数が多いだけでなく1人あたりの消費金額が大きいという特徴があり、爆買い中国人というフレーズが話題になったこともあります。インバウンド対策を行うことで高い効果が期待でき、中国単体でサイト登録するとしてもそのメリットは十分だということです。

トリップアドバイザーのように世界中で使われているサイトは英語圏をはじめ様々な国にアプローチできますが、人数、消費金額で言えば大衆点評のように中国単体のサイトの方が上なのです。

インバウンド対策は世界と中国への対策と言っても過言ではないでしょう。現状中国だけ別にインバウンド対策する必要がありますが、中国以外と中国両方へのインバウンド対策で収益最大化できます。

登録から更新まで外部機関に任せられる

インバウンドサイトは登録して終わりではありません。随時情報を更新する必要があり、またサイト内で埋もれてしまわないように戦略を立てる必要があります。

具体的には、ストーリーボードやセルフサービス広告によるアピールなどです。たしかにトリップアドバイザーも大衆点評もユーザー数の多いインバウンドサイトで、サイト自体は確実に見られています。

そこからの集客は効率的で、日本に来る外国人観光客の多くがインバウンドサイトからお店選びをしています。しかし当然トリップアドバイザーも大衆点評も登録店舗数が多く、その中での競争があります。

インバウンドサイトの中での競争に勝たないと、せっかくインバウンドサイトにユーザーが多くても集客につながらない可能性があるのです。人気の大型ショッピングモールに出店していても、すべてのお店に人が集まるわけではないのと同じ理屈です。

魅力がないと判断されるとユーザーにスルーされてしまう可能性があり、またサイト内での表示の優先度を落とされてしまうかもしれません。そういう意味では物理的に見える大型ショッピングモールでの競争よりも厳しいと言えるでしょう。

インバウンドサイト内で勝つためにはそれなりに力を入れて運用する必要があるのですが、店舗の通常業務と並行するのは大変です。そこでおすすめの方法が、外部機関に登録から更新まで一括で依頼してしまう方法です。

サイトからの集客は外部機関に任せることで、店舗側は実際に来てくれたお客さんへのサービス提供に全力を注げます。すべて自分たちだけでやるよりも売り上げが伸び、外注化した分のコストも売り上げからすぐに回収できる可能性が高いでしょう。

必要な部分には必要なコストを投資し、やるべことに集中することで売り上げが最大化します。詳しくは以下をご参照ください。
 

トリップアドバイザーを詳しく見る
 
大衆点評を詳しく見る

 

まとめ

インバウンド集客にはインバウンド対策用のサイトを利用するのがコストパフォーマンス抜群です。何から始めるべきか迷っているのであれば、まずはサイトの活用をおすすめします。

またインバウンドサイトは登録して終わりではなく、更新してユーザーにアプローチしていく必要があります。通常業務と並行してすべて自分たちだけで対応するのは大変なので、必要な部分は外注化し、空いた時間と労力を来てくれたお客さんへのサービス対応に集中させることで、集客力もサービス力もある店舗に成長し、売り上げが最大化します。

関連タグ