• TOP
  • コラム
  • コスパ最強の飲食店集客!インバウンド対策でメリット最大化

コスパ最強の飲食店集客!インバウンド対策でメリット最大化

コスパ最強の飲食店集客!インバウンド対策でメリット最大化

これから飲食店を始めたいけれどベストな集客方法がわからない、現状集客がうまくいっていない、東京オリンピックを意識して外国人観光客を集客したいが方法がわからない、などなど集客の悩みはいろいろあるかと思います。

そこでベストな集客方法、インバウンド対策になる集客方法、について解説します。

飲食店にはどのような集客方法があるのか

飲食店の集客方法には、以下のようなものがあります。

・チラシを配る
・看板を設置する
・街頭でキャッチをする
・ホームページを作る
・SNSのアカウントを作って投稿する
・ネット広告を出す
・飲食店専用のサイトに情報掲載する

マイナーなものも含めると他にもいろいろありますが、一般的には上記のような集客方法があります。この中で特に優先的に最初に取り組むべきものは、「飲食店専用サイトに情報掲載すること」です。

理由は一番集客効果が見込めて、なおかつ手間も少ないからです。チラシ配り、街頭でのキャッチなどよりもインターネットの活用を優先するのはイメージしやすいかと思います。

インターネットを活用した方が不特定多数の人に対してアプローチできますし、インターネット上の情報を見てお店選びをするのが一般的になっていて、逆にネット上に情報がないと信頼感がないので、敬遠されがちです。

そのためネット集客から先に始めるべきなのですが、その中でも特に飲食店用のサイト掲載が重要になります。ユーザーはGoogleの検索エンジンからの直接検索やSNSでの検索も行いますが、最近は飲食店の専用サイトから検索するケースが増えています。

またGoogleの検索エンジンで場所やメニューの条件で検索しても、飲食店の専用サイトが上位表示されるケースが多いです。専門用語でドメインパワーと言われたりするのですが、飲食店の専用サイトはGoogleの検索エンジン上で力を持っています。

店舗名で検索すれば先にお店のホームページがヒットするかもしれませんが、場所や条件での検索だと個々のお店のホームページより先に飲食店の専用サイトが表示されるでしょう。

つまりいくらお店のホームページを作っていても、店舗名で検索されるくらいの集客力がすでに備わっている状態でないとヒットすることが少ないのです。SNSも同様で、場所や条件での検索だけだとなかなかヒットしません。

ハッシュタグを付けていても、多店舗も似たようなハッシュタグを付けています。そのためヒットするのは難しいでしょう。飲食店の専用サイトなら、専用サイトからの検索でもGoogleの検索エンジンからの検索でもヒットする確率が高いので、真っ先に取り組むべき集客対策です。

インバウンド対策で収益最大化

飲食店専用のサイトに情報掲載するのが最優先ということでしたが、そのサイトの種類も数多いです。どのサイトから始めるべきか迷ってしまう方が多いでしょう。

結論としては、なるべく多くのグルメサイトに掲載した方が集客のチャンスは広がります。食べログ、ぐるなび、など有名どころは最終的に登録した方が良いでしょう。

しかしインバウンド対策も兼ねて最初に登録するサイトとしては、トリップアドバイザーがおすすめです。トリップアドバイザーは日本国内、外国人観光客、両方に対してアプローチできるサイトです。

飲食店だけでなく宿泊施設、観光名所も登録できる仕組みになっており、結果的に観光客が情報収集に使用しています。サイトの月間訪問者数が4億9,000人と日本の人口よりも圧倒的に多く、集客でも月間2億人以上集めています。

insta town
トリップアドバイザー

初期費用・月額費用0円~代行可能です。登録から更新までフルサポート!

 

さらにインバウンド対策に力を入れるなら

飲食店の集客を行うなら真っ先に専門サイトへの掲載を行うべきで、インバウンド対策も兼ねるのであればインバウンド用のサイトに登録すべき、ということでした。

上で紹介したトリップアドバイザーは海外旅行客だけでなく日本人にも見られるサイトで、世界中に対してアプローチできるサイトです。一方で網羅されていない国もあります。

それが中国です。中国はSNSやサイトの規制が激しいため、世界中で使われているサイトと中国で使われているサイトにはギャップがあります。そのため中国に関しては個別で対策する必要があるでしょう。

中国だけのためにインバウンド対策を行うのはあまりコストパフォーマンスが良くないように思えるかもしれませんが、実際中国から日本への観光客は、日本の観光客全体の25%程度を占めています。

また中国からの観光客は消費金額が大きいという特徴があり、消費金額としては観光客全体の4割近くを中国からの旅行者が占めています。数字的に考えて、中国に対するインバウンド対策をしないのはもったないと言えるでしょう。

そして中国に対するインバウンド対策としては、「大衆点評」を使うのがおすすめです。大衆点評は中華圏で6億人以上が使うグルメアプリです。人数的には世界中で使われているトリップアドバイザーよりも多いのです。

また中国から日本に来る観光客の約半数が大衆点評を見ていると言われており、そこから飲食店を選んでいます。集客力としては圧倒的でしょう。今後外国人観光客はより一層増えていくと予測されており、無視できない存在です。

特に中国は市場規模が大きい分対策を取らないと機会損失が大きくなります。日本国内と外国人観光客の両方に対してアプローチできるトリップアドバイザー、中国人に人気のサイトである大衆点評、どちらも登録するメリットの大きいサイトです。

トリップアドバイザーを詳しく見る
 
大衆点評を詳しく見る
 

サイトからの集客を増やす方法

飲食店の集客で真っ先にやるべきことは専門サイトへの登録で、ここからの集客が期待できます。しかし、当然サイトから狙い通りに集客できる飲食店もあれば、思ったほどは集客効果が出ない飲食店もあります。

ではどうすればサイトから最大限集客できるのかですが、それを知るためにはユーザーがどのような観点で飲食店を選んでいるのかを知る必要があります。結論としては、ユーザーは飲食店の口コミ、評判を見てお店選びをしています。

特に口コミ数が多く、評判が高ければ自動的にどんどんお客さんが集まり、さらに良い口コミを書いてくれます。このような好循環が生まれれば、宣伝ではなくサービスの方に力を入れることができるようになるでしょう。

つまり専門サイトの活用で一番大変なのは登録して間もない頃です。登録して間もないうちは口コミがないので、ページを見たお客さんが判断できません。判断できない場合より口コミが多く評判の良い店舗に流れてしまいます。

開業後間もないうちは集客が難しいので、割引、特典などの情報を積極的に出してお客さんの気を引く必要があるでしょう。割引、特典を出す際は、「オープンイベント」であることを積極的にアピールします。

オープン後間もない店舗なら口コミ、評判がなくてもお客さんは納得しますし、デメリットにはなりません。むしろまだ口コミ、評判のないお店を開拓してみよう、と興味を持ってもらえるので、口コミ、評判がないうちはとにかく「オープン後まだ間もないこと、オープンイベントをやっていること」をアピールしていくと良いです。

裏技というほどではありませんが、口コミが多くて評判も良い店舗に勝つチャンスがあります。逆にオープン時期を過ぎてしまうと割引、特典があまりプラスに働かない可能性があります。

単純にあまり美味しくないから人が集まっていないと思われてしまう可能性があるので、オープン時期にいかにそのメリットを活かして集客していくか、口コミ、評判を集めてその後につなげていくか、ということが重要なのです。

そのため初期段階から専門サイトに情報を掲載しておくことが非常に重要です。情報を掲載しておかないとせっかくオープンイベントで集客できても口コミ、評判が蓄積されていかないですし、そもそもチラシや街頭でのキャッチのみで集客するのは難しいです。

最初の段階から専門サイトに掲載して、口コミ、評判を集めていけば自動的にお客さんが集まる好循環になります。

まとめ

飲食店の集客方法は複数ありますが、最初に取り組むなら専門サイトの利用がおすすめです。また今からはインバウンド対策が特に重要になるので、以下のようなサイトがおすすめです。
 

トリップアドバイザーを詳しく見る
 
大衆点評を詳しく見る

サイトの利用は店舗が軌道に乗ってからではなく、開業当初からがおすすめです。理由としては、新規オープンしたことをサイト内で積極的にアピールできますし、来店してくれたお客さんからの口コミ、評判をサイト内に書いてもらうことができるからです。

 

関連タグ