PayPayの導入はこれで決まり!決済手数料情報やメリデメ、導入後の注意点まで!

PayPayの導入はこれで決まり!決済手数料情報やメリデメ、導入後の注意点まで!
CMや大型キャンペーンで有名になり、ユーザーも加盟店も増え続けているQRコード決済サービスの「PayPay(ペイペイ)」。昨今の新型コロナウイルスの感染拡大防止にもキャッシュレス決済の導入に関心が高まってきており、PayPayの導入を検討している店舗も増えていると思います。PayPayを導入する上で、気になるメリット・デメリットや手数料、導入後の注意点までも解説していきます。

キャッシュレス決済導入ガイドを無料公開!!

ガイドブック

店舗オーナー・経営者様必見!キャッシュレス決済の種類やメリット・デメリットを比較!

資料のダウンロードはこちら

PayPayとは?

「PayPay(ペイペイ)」は、ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社が合弁会社であるPayPay株式会社を設立し、2018年10月5日にサービスを提供したQRコード決済サービスです。CMや大型キャンペーンの効果で、急速にユーザー数を伸ばしています。

《ユーザー数》
 
PayPay 2500万人
※2020年2月20日時点
d払い アプリダウンロード数:1,000万
※2019年10月時点
au PAY 2,200万超
※2020年1月時点
LINE Pay 3600万人
※国内登録ユーザー、2019年7月時点
メルペイ 500万人
※2019年10月時点

《ポイント還元率》
 
PayPay 0.5%~2%
d払い 実店舗:0.5%
ネットショッピング:1%
au PAY 0.5%
auスマートパスプレミアム会員:1.5%
LINE Pay 0.5%~2%
メルペイ なし

《料金の支払い方法》
 
PayPay 銀行口座/クレジットカード/ヤフオク!、PayPayフリマの売上金/セブン銀行AYM/ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
d払い クレジットカード/銀行口座/電話料金合算支払い(ドコモユーザーのみ)/dポイント残高
au PAY auかんたん決済/auじぶん銀行/クレジットカード/au PAY残高/ポイント/au PAYスマートローン/現金
LINE Pay 銀行口座/セブン銀行ATM/LINE Payカードレジチャージ/ファミリーマートの店頭でチャージ/QRコードの表示でチャージ
メルペイ メルペイ残高/銀行口座/セブン銀行ATM
また、PayPayは単なるQRコード決済にとどまらず、「スーパーアプリ」化を目指した取り組みも実施しています。たとえば、新型コロナウイルスの感染閣拡大による外出自粛の影響で、テイクアウトやデリバリーの需要が高まる中、2020年5月4日(月)からフードデリバリーサービスの「Uber Eats(ウーバーイーツ)」でPayPayの決済が利用可能になりました。さらに、2020年6月より事前注文サービスの「PayPayピックアップ」も登場します。「PayPayピックアップ」では、PayPayのアプリ内からユーザーが事前に商品の注文をし決済まで完了することで、店頭で待つことなく商品を受け取ることができるサービスです。
このように、PayPayはさまざまな場所や形態で利用でき、ユーザーの満足度も非常に高いキャッシュレス決済サービスになっています。

ユーザーのPayPay利用のメリット

まずは、PayPayを利用するユーザーのメリットを紹介していきます。
 

利用できる店舗が多い

2020年2月20日にPayPayは、加盟店数194万か所以上を突破したと発表しています。他社のQRコード決済サービスと比べて圧倒的に利用できる店舗が多く、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートといった大手コンビニやスーパーはもちろんのこと、ドラックストアや飲食店、宿泊施設でも利用できるようになっています。日常的に利用するほどんどの店舗で使え、町中でもPayPayのステッカーを貼っているいる店舗をよく見かけるようになりました。
 

毎月お得なキャンペーンを実施中

PayPayでは、毎月お得なキャンペーンを開催する「いつもどこかでワクワクペイペイ」を実施しています。コンビニやスーパーなどの日常生活でよく利用する店舗が中心のキャンペーンなので、毎月キャンペーン内容をチェックしておけば、PayPayを利用してお得に買い物をすることができます。
 

Apple Watchでも利用できる

Apple WatchにPayPayのアプリをダウンロードすると、PayPayで支払いが可能になります。スマートフォンを出す手間まで省けてしまい、よりスマートに買い物をすることができます。Apple WatchのPayPayでは、バーコードやQRコードの提示、PayPay残高や履歴の確認が中心となり、QRコードの読み取りはできないので注意しましょう。

ユーザーのPayPay利用のデメリット

一方でPayPayを利用するうえでのデメリットとはなんでしょうか。
 

ヤフーカード以外のクレジットカードはPayPayボーナスを獲得できない

PayPayの支払いにはクレジットカードを利用することができますが、PayPayボーナスを獲得できるのはヤフーカードのみになっています。PayPayの支払いをヤフーカード以外のクレジットカードで行うと、PayPayボーナスをもらうことができません。
 

家計簿アプリとの連携ができない

使いすぎ防止や家計の一括管理で家計簿アプリを利用している方も多いと思います。しかしPayPayは今のところ、マネーフォワードやZaimなどの家計簿アプリとは連携していません。こうした点はお金の管理の面で、家計簿アプリ利用ユーザーにとっては不便な点だと言えるでしょう。
なお、PayPayの利用履歴は、PayPayアプリの取引履歴や利用レポートから確認することができます。

店舗側のPayPay導入のメリット

店舗に導入すると多くのメリットがあるPayPay。具体的にはどういったメリットがあるのか、紹介していきます。
 

手数料無料キャンペーン

キャッシュレス決済サービスを導入する際に、気になるのが手数料などのコスト面です。PayPayの決済手数料は2021年9月30日(木)まで無料、さらに入金手数料も2020年6月30日(火)まで無料で利用することができます。
現在店舗への導入のハードルが低く設定されており、料金負担が少なく導入ができる点は、加盟店が増えている理由の一つとも考えられます。
ただし、手数料が無料キャンペーンは「ユーザースキャン方式」の場合のみ対象になります。「ユーザースキャン方式」とは、ユーザーがPayPayのアプリで店舗側のQRコードを読み取り、合計金額を入力する支払い方法です。
ユーザーがバーコードを提示して店舗が読み取り決済を行う「ストアスキャン方式」の場合は、手数料が無料になるキャンペーンの対象ではないので、注意しておきましょう。
まずはPayPayの使い勝手や利便性を知りたいという方は、無料で始めることのできるユーザースキャン方式で導入するのがおススメです。

また、PayPayの入金先をジャパンネット銀行にしておくと、入金手数料は永年無料で利用することができます。入金が多くなるようであれば、ジャパンネット銀行に登録しておきましょう。
 
139
 

利用ユーザー数の増加が止まらない

PayPayは、2020年2月20日にユーザー数2,500万人を突破したと発表しています。PayPayの加盟店になることで、この2,500万人にユーザーにPayPayが使えるお店としてアピールすることができます。
2018年10月のサービス開始から、大規模なキャンペーンである「100億円あげちゃうキャンペーン」や毎月実施している「いつもどこかでワクワクペイペイ」のキャンペーンで着実にユーザー数を伸ばしています。オンラインショッピングや請求書払いに対応することでユーザーのニーズに応え、単にお得なサービスではなく、便利で生活に必要不可欠なサービスに進化しています。
139
 

売上金の入金は最短翌日!キャッシュフローの面でも安心

PayPayは、他社のQRコード決済サービスと比べてみても、PayPayは入金サイクルが早く売上金をすぐ手元に確保できるのが特徴です。キャッシュフローの点で、売上金を手早く確保したいとお考えの店舗も多いと思いますが、PayPayであればすぐに売上金が入金されるので、安心です。

《初期費用、月額費用》
PayPay 無料
d払い 無料
au PAY 無料
LINE Pay 無料
メルペイ 無料

《決済手数料》
PayPay 無料
※2021年9月まで
d払い 3.24%
※クラウドペイと契約時
au PAY 無料
※2021年7月31日まで無料。通常時時3.25%
LINE Pay 無料
※2021年7月31日まで無料。通常時2.45%
メルペイ 無料
※2020年6月30日まで無料。通常時1.5%

《入金のタイミング》
PayPay ジャパンネット銀行:翌日
その他の銀行:翌々営業日
d払い 月2回
15日締め当月末払い
月末締め翌月15日払い
au PAY 月1回または2回から選択可能
LINE Pay 月1回
月末締め翌月末払い
メルペイ 月1回または2回から選択可能

《入金手数料》
PayPay ジャパン銀行:永年無料
その他の銀行:無料
※2020年6月30日まで、累計決済額1万円以上の都度入金の場合のみ105円
d払い 無料
au PAY 無料
LINE Pay 無料
メルペイ 10万円未満:200円
10万円以上:無料

139
 

現金を扱わないので接触を防ぐ効果も

PayPayはスマートフォンの画面のやり取りだけで、支払いを済ませることができます。現金の受け渡しがないので、お客様との接触を防ぐことができたり、レジでの滞在時間の軽減で飛沫を防ぐことができます。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、キャッシュレス決済を利用する消費者が増えたことから、非接触で買い物をすることができるQRコード決済サービスの需要はさらに高まっています。キャッシュレス決済に対応していることによってお客様への安心感向上、従業員の感染防止集客にも繋がってくると予想できます。今後もウイルスの感染防止、衛生管理の観点からも、店舗はキャッシュレス決済を取り入れておくべきだと言えるでしょう。
139
 

アリペイ対応でインバウンド対策にピッタリ

PayPayは、中国最大手のQRコード決済サービスである「Alipay(アリペイ)」にも対応することができます。訪日外国人の集客にも役立てることができたり、釣銭などの現金のやり取りをなくす効果も期待できます。
Alipayは、2020年9月30日(水)まで決済手数料が無料で利用できますが、それ以降は有償化する可能性があります。また、Alipayを利用するにはPayPayとは別で審査が必要になりますので、事前に内容を確認しておきましょう。
139

店舗側のPayPay導入のデメリット

店舗に導入した際にデメリットについて紹介していきます。
 

手数料無料は期間限定で支払い方法が限られている

先ほどの導入メリットの内容で、決済手数料が無料のキャンペーンが実施されていることについてお話しました。
しかし決済手数料が無料になるのは「ユーザースキャン方式」での決済のみとういうのはデメリットと言えるでしょう。店舗がユーザーのバーコードを読み取り決済を行う「ストアスキャン方式」よりも、ユーザーに店舗のQRコードを読み取ってもらい金額を入力してもらう「ユーザースキャン方式」の方が工程が多く少し手間になってしまいます。

また、決済手数料が無料で利用できるのも期間限定となり、それ以降の手数料はいくらになるのかはまだ発表されておらず、今後の動向をチェックしておかなければなりません。

店舗側のPayPay導入方法

PayPayの加盟店に登録するには、公式のwebサイトから申し込みを行う必要があります。お電話での申し込みや相談は、Wizcloudからも受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

加盟店の申し込みで必要な書類は以下になります。

・法人の場合:法人番号、申込者本人の確認書類(運転免許証やパスポート、在留カードなど)
・個人事業主:代表者の本人確認書類(運転免許証やパスポート、住民票の写し、公共料金領有書)


業種によって、許認可証原本が必要になります。

中古品・リサイクル品・古物の取り扱い有→古物商許可証
鍼灸院・治療院・接骨院・整骨院→開設届出済証明書
旅行代理店→旅行業登録票
医療相談・法律相談→資格認定証/登録証
運転代行業→自動車運転代行業認定証


WizCloudへお問い合わせいただければ、手続き面での不安や申請作業もサポートいたします!PayPay導入を検討している、気になる点があるといった場合も、弊社がしっかりご質問に対応いたします。PayPayの導入については、以下よりお気軽にお問い合わせください。
 
139


なお、PayPay公式サイトより手続きをする場合の手順は以下となります。

①PayPayの公式サイトの店舗様向けのページにアクセスし[無料でお店に導入する]または[無料で加盟店に申込む]をクリックします。

②フォーム画面に移動しますので、以下の内容を入力します。
・事業形態
・氏名
・連絡先メールアドレス
・連絡先電話番号

[確認する]をクリックし、入力内容を確認し問題なければ[申込む]を押します。

④内容確認が終わると、登録したメールアドレスに審査申し込み用のフォームが届きますので、必要情報を入力し審査申し込みを行います。

⑤申し込みが終われば、PayPay側の審査を待ちます。通常であれば約2営業日で審査結果の返信メールが届きます。

⑥審査に問題がなければ「ご利用開始のお知らせメール」が届きます。

⑦登録した住所に「PayPayコードキット」が届きますので、初期設定完了後PayPayコードを設置し、利用開始となります。

PayPayを導入してからの注意点

PayPayを導入後は、公式サイトに用意されている「加盟店様用スタートガイド」を参考にすればスムーズに利用を開始することができます。
PayPayを導入後、入金の確認や返金対応は「PayPay for Business」という加盟店専用の管理画面を用意しています。利用は無料で、web版だけでなくスマートフォンのアプリ版も提供されています。
もし導入で困った際も、専用のコールセンターが24時間365日で対応していますので、安心して導入することができます。 

《PayPay加盟店サポート窓口》
 
フリーコール番号 0120-990-640
※加盟店IDを確認しておきましょう
受付時間 24時間受付/土日祝日を含む365日

まとめ

今回は、PayPayのメリットやデメリット、手数料や導入方法まで紹介していきました。
PayPayは0円で始められ、手数料も期間限定ではありますが無料で利用することができ、中小規模の店舗を経営されている方には、非常におススメのキャッシュレス決済サービスです。
接触を避けることができるQRコード決済サービスは、コロナウイルス感染拡大防止のためにも大きなメリットになります。
PayPayはwebから簡単に申し込みを行うことができるので、まだPayPayに対応していない店舗は早めに導入しておきましょう。
139

キャッシュレス決済導入ガイドを無料公開!!

ガイドブック

店舗オーナー・経営者様必見!キャッシュレス決済の種類やメリット・デメリットを比較!

資料のダウンロードはこちら

関連タグ