【民泊WiFiとは】外国人のWi-Fiに訴求できる!制限はある?

【民泊WiFiとは】外国人のWi-Fiに訴求できる!制限はある?

民泊WiFiという言葉をご存知でしょうか。

昨今増加している民泊サービスのために提供されるインターネット接続サービスの一つで、持ち運び可能なモバイルルーターの端末を貸し出しすることで展開されています。民博運営者は便利なサービスを取り入れることで集客に役立ち、民泊を利用する旅行者とりわけ外国人観光客には重宝される便利なサービスと言えるでしょう。

今回はこの民泊WiFiについて、その特徴やメリット、インバウンド対策についても触れていきます。
 

民泊Wi-Fiとは

モバイルルーターとスマホの画像

民泊Wi-Fiとは、旅行者が利用する民泊施設にて用意されたモバイルルーターのことです。
民泊を提供する施設のために貸し出しという形で提供されることが多いモバイルルータと言えるでしょう。

もちろんWi-Fiルーターは様々な企業が展開しているため、通常のレンタルサービスを利用することもできますが、民泊用に展開されている民泊Wi-Fiは、民泊運営者にとって便利で使いやすい内容で展開されていることが多いため、選ばれやすくなっています。

そもそも民泊とは

そもそも民泊とはどういったサービスなのでしょうか。民泊とは、一般の民家などを宿泊施設として提供することを意味します。民家の一部のみを提供することも、全部を提供することもありますが、宿泊できる環境を提供する有料のサービスとして提供されているものと理解できるでしょう。
近年にかけて、集合住宅の空部屋を活用したり、外国人観光客のニーズなどに対応できるとして、注目されるするようになってきました。

》インバウンド対策をしたい!店舗や企業に最適な方法を無料相談!

民泊Wi-Fiの需要

外国人観光客が観光地でネット検索している様子の画像民泊Wi-Fiは日本国内の民泊利用者だけでなく、海外からの外国人観光客にも需要があります。特に外国人観光客にとって、インターネット接続が可能かどうかという点は非常に重要な点です。街の中でも公衆無線LANや無料Wi-Fiの整備が整っていない場合も多く、こうした際にモバイルルータがあることは非常に便利と言えるでしょう。

訪日外国人の増加

しかも近年、訪日外国人の数が飛躍的に増加しています。2009年が約690万人だったのに対し、2019年速報値では約3,180万人としており、この10年間で4倍以上に増加しているのが現状。こうした訪日外国人の増加が民泊の需要を高め、民泊Wi-Fiの需要も高めている原因の一つとなっているのではないでしょうか。
(参考データ:国籍/月別 訪日街客数 JNTO政府観光局HP)

》外国人はインターネット接続環境がないと困る?プラットWiFiで快適に

民泊Wi-Fiのメリット

では具体的に民泊Wi-Fiのメリットをご紹介していきましょう。なえ通常のモバイルWi-Fiレンタルよりも民泊専用のサービスが選ばれているのか、その特徴を知れば理解できるはずです。

契約期間の縛り

一般的にモバイルルーターやモバイルWi-Fiのサービスを契約する際には、最低利用期間や契約期間が定められていますよね。レンタルに関しても同様に、2年間の契約となっている場合も多くあります。
こうした契約期間の定めがある場合、民泊運営者にとっては不都合となる場合もあるでしょう。季節や状況によって、民泊の利用者がいない場合や提供できないこともあります。その中で契約期間の定めがない民泊Wi-Fiは、解約のタイミングに関しても困ることのないような仕組みになっているのです。

多言語への対応サポート

民泊Wi-Fiでは、外国人観光客の利用を見越して、運営者のために多言語のサポートが用意されている場合も多くあります。こうした外国語に関するサポート体制が整っていることで、外国語が話せない民泊運営者も安心して対応することができるでしょう。

保証

民泊Wi-Fiは、民泊利用者に対して貸し出しを行うため、宿泊中の観光や外出時に持ち出すケースも多いですよね。そのため、紛失や盗難、故障などに関しては運営者側だけで管理できるものでもありません。
当然、持ち出し中に紛失してしまう場合や破損してしまうという事態も出てくるでしょう。こうした事態に備えて、民泊Wi-Fiのレンタルサービスでは「保証」がしっかり整っている点も安心です。なにか問題があった場合には代替え品と交換してくレルなどすぐに対応してくれるでしょう。

通信制限なし

民泊Wi-Fiが選ばれる理由として最も大きいのが、端末の通信制限がないという点でしょう。基本的に一般的なモバイルWi-Fiには、一定期間で利用できる通信料が決まっています。その容量を使った場合、速度」制限がかかり快適にインターネットを使うことができなくなってしまいますよね。

例えば3日間の合計利用通信料が2GBまでのものの場合、民泊利用者が2泊3日の宿泊期間中に通信制限を超える容量を使った場合、次の宿泊者がすぐに使いたい場合に使えない状態となってしまいます。通信制限があるものの場合、こうした問題が起きてしまいますが、民泊Wi-Fiは基本的にこうした通信量の制限がない、もしくはあったとしても大容量で設定されていることが多いです。安心して提供することができるのが魅力と言えます。
※全ての民泊Wi-Fiが通信制限がないわけではありませんのでご注意ください。

》店舗や宿泊施設全体のWI-FI環境を整備したい!NTTのギガラクWi-Fiはこちら!

民泊Wi-Fiの費用感

財布と電卓の画像

月額費用

民泊Wi-Fiをレンタルする場合にかかる月額費用は、サービスによって異なりますが、一般的には月額4,000~4,500円が一般的でしょう。ただし、キャンペーンなどにより月額3,000円代で利用することもできるため、その他の条件を考慮しながらお得な料金設定のサービスを選ぶと良いでしょう。

契約事務手数料

スマホや通信回線の契約と同様に、契約時に発生する契約事務手数料がかかることが一般的です。目安は3,000円~4,000円といったところです。
また契約時の費用として初期費用がかかることをイメージされる方も多いかも知れんませんが、民泊Wi-Fiでは初期費用は

解約事務手数料

契約事務手数料と同じような扱いで、解約時に手数料がかかる場合もあります。この場合の目安は3,000~5,000円としていることが多いでしょう。

端末保証代金

端末の紛失や故障時などに交換などの対応をしてもらうために、保証サービスにも加入する必要があります。保証代金は月額500円程度が一般的でしょう。また、仮に保証に入らずに紛失などした場合には紛失や故障に関して多額の支払いをしなくてはなりません。その際は20,000円以上など、高額になってくるため、こうした保証がある場合には加入することをお勧めします。

ただし、保証サービスに加入したからといって、全て無料で対応してもらえるわけではありません。例えば端末紛失の場合は通常20,000円の代金が請求されますが、保証加入の場合は半額の10,000円に軽減されるなど内容によって異なるでしょう。

インバウンド対策には他にも

外国人観光客に対応する案内人をイメージした画像

今回ご紹介した「民泊Wi-Fi」は、訪日外国人が宿泊や観光をする上で、インターネット接続を可能にするインバウンド対策として効果的です。
インバウンド対策を行いたいと考えている場合には、様々な方法があるため、以下に簡単に紹介していきます。
店舗や施設にとって適切なインバウンド対策をすることで、多くの外国人観光客を集客することができるようになるかもしれません。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

無料Wi-Fi

民博Wi-Fiは宿泊施設において、宿泊者が個人やグループで利用できるようにするものであるのに対して、店舗や宿泊施設自体にもWiFi環境は整えておきたいものです。
そもそも民泊Wi-Fiも含めて、モバイルルーターを持っていない外国人観光客も多いはずなので、店舗や施設におけるWi-Fiの整備は必要でしょう。
店舗の入口や看板、ホームページや店舗情報掲載サイトに「Wi-Fi FREE」と記載しておくことで集客に繋がりやすくなるかもしれません。

》【導入事例】店舗の全フロアで快適なインターネット接続環境を整備!

口コミサイトへの掲載

旅行者は、旅先に関する情報をインターネットで調べることが可能になっています。しかし旅先のエリアに関して調べたい場合、何から検索するべきかなど、うまく情報収集ができないこともあるでしょう。
そんな時に重宝されるのが口コミサイトではないでしょうか。しかしインバウンド対策として考える場合、旅先が海外となります。旅先(現地)の言語で展開されている口コミサイトではなく、世界共通で展開されているものが好ましいですよね。
それを踏まえると、トリップアドバイザーなどの世界共通で展開されている口コミサイトへ掲載しておくことが重要になってくるでしょう。

》世界中で使われてる口コミサイトとリプアドバイザーの使い方とは

》大衆点評で中国人観光客を集客!その特徴とは?

翻訳サービス

訪日外国人を集客したいと考えていても、頭を抱えるのが言語の壁。英語や中国語などが話せない場合には対応においてもトラブルが発生してしまいがちです。利用する外国人側としても、言葉が通じない場合には不安を覚えるはず。
そこで役立つのが翻訳サービス。多数の言語の翻訳機能を持つことで、様々な国の外国人観光客への対応をサポートしてくれるでしょう。語学力やコミュニケーションに不安があるけれど、外国人観光客を集客したいと考えている店舗は多くあります。そういった店舗や企業は、ぜひ翻訳サービスを取り入れてみてはいかがでしょうか。

》外国人とスムーズにコミュニケーションを取るには?

》あらゆる場面で翻訳サポート!73の言語が翻訳対象のイートーク

》クラウド型AI翻訳ツール?最新の翻訳サービスとは?

まとめ

今回は「民泊Wi-Fi」についてご紹介しました。日本人観光客、外国人観光客ともに使われる民泊サービスですが、そこに注目したWi-Fiサービス。通常のWi-Fiレンタルサービスを行うよりも、便利で安心して使い勝手良く利用・提供することができるでしょう。

また、最後にご紹介したその他のインバウンド対策に関しても、ぜひチェックして、増加する外国人観光客の集客に繋げていきましょう。

》インバウンド対策は何が一番効果的?自分の店舗や企業に最適な方法を無料で相談!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連タグ