• TOP
  • コラム
  • 英語が話せない飲食店・観光業の方も大丈夫〜英語を翻訳するイートークが大活躍

英語が話せない飲食店・観光業の方も大丈夫〜英語を翻訳するイートークが大活躍

英語が話せない飲食店・観光業の方も大丈夫〜英語を翻訳するイートークが大活躍
英語が話せない、使えないと感じる方にとって、インバウンド対応は大きな課題ではないでしょうか。外国人旅行者を受け入れること、対応接客することは今や珍しいことではありませんし、これからも求められます。

インバウンド対応では英語の案内やメニューを提供するなど、言葉の壁を乗り越えなくてはいけません。そのために英語を勉強することも大切ですが、少しでも早くインバウンド対応を改善するには自動翻訳機イートークの利用をおすすめします。

今回はインバウンド対応の必要性や対応方法とともに、自動翻訳機イートークを使ったインバウンド対応について解説しました。

 

外国人旅行者・インバウンド対応の増加に伴う問題

外国人旅行者数は年々増加傾向にあり、インバウンド対応の機会も増えています。インバウンド対応が増えるごとに、インバウンド対応特有の問題が起こっています。まずインバウンド対応に困る観光業や飲食店の方が直面する課題や問題を解説します。

英語が話せない

英語が話せないためインバウンド対応がスムーズにいかないというケースは少なくありません。日本人は国際的に見て英語が上手ではありませんが、言い換えると外国人旅行者にとって「英語さえ通じればラクなのに……」、「英語すら通じないの?」と思われてしまうことは少なくありません。

また外国人旅行者を迎えるお店や施設側の私たちも、急増する外国人観光客に対して「英語が話せればもっとスムーズなのに……」と思うことは少なくありません。

英語が話せないことは外国人旅行者の受け入れやビジネスチャンスの拡大の障壁となります。

キャッシュレス決済に対応していない

日本は国際的に見てキャッシュレス決済の普及が遅れています。日本人の多くは現金払いを好みますが、国際的に見ると現金払いは少数派になりつつあります。

日本は治安が良く、現金を持ち歩いても比較的安全ですが、海外はそうではありません。外国人旅行者は現金よりもクレジットカードやアリペイ、Wechat payなどのキャッシュレス決済に慣れています。

キャッシュレス決済に対応することは、インバウンド対応には必須です。

英語のメニューがない

私たちが海外に行けば、日本語のメニューはあまり置いてありません。むしろ日本語のメニューがあればホッとするのではないでしょうか。

外国人旅行者にとっても同じで、読めない・分からない日本語のメニューしか置かれていないレストランや施設ではとても不安になります。

よってインバウンド対応では最低限英語のメニューは用意しておきたいところです。

英語の案内表示がない

店内や施設の案内がすべて日本語という状態は、インバウンド対応においては考え物です。外国人旅行者のほとんどは日本語が読めません。

英語の案内表示を用意することもインバウンド対応では必須です。

インバウンド対応は必須かつ緊急の課題

外国人旅行者が急増している以上、インバウンド対応をしないわけにはいきません。現実は、英語が話せない、分からないと言っている場合ではない状況です。

英語で案内ができれば好感度急上昇

外国人旅行者にとって、日本で英語が通日ことはとても助かることですから、英語で案内ができるだけで外国人旅行者の印象はとても良くなります。

英語が話せないままではインバウンド対応ができないだけでなく、英語が通じないお店として敬遠され、他のライバル店舗や施設に外国人旅行者を奪われてしまうことにもなるでしょう。

口コミで外国人旅行者はどんどんやってくる

外国人旅行者は、インターネットの旅行サイトなどにお店や施設の口コミをよく見ています。つまり英語で案内ができる、英語のメニューがあるなど外国人旅行者に喜んでもらえれば、インバウンドの来店、来訪はどんどん増える可能性があります。

つまりインバウンドへの対応の増加はビジネスチャンスと言えます。

英語が話せない場合の対応法

インバウンド対応でいちばんネックになるのは言葉、特に英語です。インバウンド対応を迫られているにもかかわらず、英語が話せない場合、分からない場合はどうした良いでしょうか。

インバウンド対応の研修を受ける

インバウンド対応のために、外国人のおもてなし方法やクレーム対応、窓口対応などが学べる研修を受講することはとても有用です。

ただし英語はある程度使えるまでコツコツ勉強しなければいけません。受験のような膨大な勉強ではなく、勉強と実務の実践を繰り返すことで、英語が話せて、英語を接客などに活かせるようになります。

自動翻訳機を導入する

英語が話せるようになるまでには相応の時間と努力が必要です。ご自身や従業員の英語力向上を待っていては時間がいくら合っても足らないはずです。

そこで自動翻訳機を導入することをおすすめします。

自動翻訳機とはしゃべった日本語を英語や他の言語に翻訳する機械で、逆に英語や他の外国語から日本語に翻訳することも可能です。

自動翻訳機を使えば、インバウンド対応はすぐに改善します。

インバウンド対応で大活躍する自動翻訳機「イートーク」

インバウンド対応にはさまざまな課題がありますが、英語、言葉の壁という大きな課題を解決するために、自動翻訳機イートークが大活躍します。

イートークとは

イートークとは英語を始めとした73カ国語に対応する自動翻訳機です。イートークに話しかけるだけで、自動的に英語や日本語、その他の言語に翻訳します。また話しかけるだけでなく、テキストとして入力した文字を翻訳することや、写真に撮った文字を解読して翻訳することも可能です。

イートークの機能

主な機能は以下の通りです。

・しゃべって翻訳……英語と日本語、日本語と英語、その他73カ国語に対応した音声翻訳機能です。イートークは話された言葉を解析して、相手の言語や日本語に翻訳して発音します。入力、翻訳された言葉はテキストでも確認可能です。

・写真翻訳……写真で撮影したメニューやメモ、文書などに含まれている言葉を読み取り、翻訳します。日本語のメニューを外国人旅行者が使っている言語に翻訳するといった使い方が考えられます。

・QR決済法人レジ機能……アリペイとWechat payに対応したキャッシュレスレジ機能を搭載しています。イートークでコミュニケーションしながら、決済も可能です。

イートークを使ったインバウンド対応の例

イートークと使ったインバウンド対応の例を解説します。

よく使うフレーズを記憶できる「しゃべって翻訳」

しゃべって翻訳機能にはよく使うフレーズを記録することができます。よく使う挨拶や店内説明などはイートークに記憶させて、しゃべらせることでスムーズな接客を実現します。

英語以外のメニューもその場で提供できる「写真翻訳」

写真翻訳機能を使えば、日本語のメニューを英語や他の言語に翻訳して外国人旅行者に見せることも可能です。

インバウンド対応では最低限英語のメニューは用意しておきたいところですが、イートークがあれば、新しいメニューや日替わりメニューも英語や他の言語に翻訳できるため、いつでも外国人旅行者向けのメニューを提供できます。

「QR決済法人レジ機能」でキャッシュレス決済を実現

インバウンド対応において、キャッシュレス決済に対応しているととても喜ばれます。イートークがQR決済レジ機能を持っているため、わざわざキャッシュレス決済用の端末を準備しなくても、外国人旅行者の支払いに素早く対応できます。

対話履歴「エクスポート機能」で業務の分析や勉強

イートークで翻訳した対話はすべて本体内に記録されます。この記録はパソコンにエクスポート(書き出し)できるため、インバウンド対応の分析や英語の勉強にも使えます。よく使われるフレーズを覚えたり、尋ねられがちな質問を洗い出すなどできるため、イートークはインバウンド対応品質の向上に貢献します。

英語が話せなくても、イートークでインバウンド対応

インバウンド対応では店内の案内やメニューなどを英語で用意することが求められますが、英語が話せない、使えない方にとって、この対応は簡単なことではありません。

自動翻訳機イートークを使えば、よく使うフレーズを記憶させて外国人旅行者に対応したり、日本語のメニューや案内から英語のメニューや案内を作成したりすることも可能です。

英語が話せないとインバウンド対応できないわけではありません。イートークをうまく使うことで、インバウンド対応できるようになり、対応品質も向上します。

英語が使えないことでお悩みの飲食店や観光業の方にとって、イートークは強い味方です。

insta town

eトーク

翻訳機の枠を超えたインバウンド対策端末

関連タグ