飲食店に導入すべき?節水コマについて調べてみた

飲食店に導入すべき?節水コマについて調べてみた

wizマガジン編集部
飲食店などを経営していると、水道代や光熱費など固定費が大きく膨らみ、結果的に店舗収益が減っているということもあるのではないでしょうか。飲食店経営を続ける上で、必要な出費のためやむを得ないと考えているかもしれませんが、できる事なら少しでも削減したいところですよね。
そこで今回は、飲食店には欠かせない「水道代」に焦点を絞り、節水対策についてお伝えします。節水に成功すれば、水道代を減らすことができるので、今回お伝えする節水対策を参考にコスト削減につなげてみてください。
 

飲食店に必須の節水対策

2018年7月18日~2018年7月25日にかけて、株式会社シンクロ・フードは、同社が運営する「飲食店リサーチ」において、インバウンド客の対応に関するアンケート調査を行っています。そのアンケートによると、72.7%の飲食店が水道代の削減に興味があると回答していました。

飲食店といっても業態はさまざまで、水の使用量も異なります。たとえば蕎麦屋やラーメン屋などは、流水で麺を締める作業などもあって、水の使用量が多くなりがちです。また食器洗浄機を導入している場合と、していない場合の違いもあります。食器洗浄機を導入しておらず、手洗いで対応している場合だと、どうしても水の使用量が多くなりがちです。

 

飲食店でできる節水方法

水道
どのような業態の場合でも、飲食店である以上は必ず水の使用が発生しますが、効果的な節水対策は業態や規模、営業時間などによって異なります。まずは身近なことから始められる節水対策についてお伝えします。
 

1:つけ置き洗いを徹底する

ご家庭でもそうですが、皿洗いをする際などに、水を出しっぱなしにするともったいないですよね。つけ置き洗いは、節水対策の基本なので徹底して行いましょう。
洗い桶やシンクにお湯を貯め、洗剤をたらして食器を入れて汚れをふやかしておきます。少し時間を置いてから洗うと汚れが一気に取れる上に、食器洗いに使用する水の量を節約することができますよ。ただしつけ置き時間は、長くなると雑菌が繁殖する原因にもなりかねないので、30分以内に留めるようにしてください。
 

2:ゆで汁やとぎ汁を洗剤代わりにする

うどんやパスタのゆで汁や、お米のとぎ汁は洗剤代わりに利用できます。お米のとぎ汁には汚れを落とす作用があり、うどんやパスタのゆで汁にはデンプンやグルテンが溶け出しているので、食器から汚れを引き離す作用があるのでオススメですよ。洗い物に使用する水の量を減らすだけでなく、無駄な洗剤を使わなくて済むので節約につながるでしょう。
 

3:食器洗浄機を導入する

手作業での食器洗いは、水を流しながらすすぐので、水の使用量が増えてしまいます。しかし食器洗浄機なら、食器洗いにもすすぎにも少量の水で完了します。少ない水を効率よく使うので節水対策になり、使用水量は手洗いと比較すると大幅に抑えることができます。また作業効率も上がるので、人件費削減効果もあるでしょう。
 

4:水道料金を見える化する

水道代節約のためには、まず月々どのくらいの水を使っているのかを、把握する必要があります。毎月の使用量と料金を知った上で、どうすれば節水できるのかを考えていきましょう。
飲食店では、まず店主が月々の水道料金を把握し、掲示して「見える化」しましょう。従業員とも共通の目的を共有してコスト意識を高め、話し合いなどさまざまな工夫を通じて、水の無駄使いを改善してください。
 

5:使用量を記録する

本格的に水道料金削減を行うのであれば、使用量の記録も欠かせません。営業後の水道メーターなどをチェックして、日々の使用量を記録しておきましょう。
記録を通して使用量が多い日の分析が行えます。古い物件で店舗を経営している場合、老朽化により配管から水が漏れていたせいで、水道代がかさんでいたというケースもあります。そんな事態にならないためにも、日々の推移を記録しておくといいですね。

 

節水に欠かせない「節水コマ」を導入しよう!

上記で紹介した対策の他にも、節水コマなど節水システムの導入により、水道代削減を実現できたという店舗も少なくありません。節水コマは特別な努力をしなくても、水道の蛇口の中に取り付けるだけで節水ができるので、簡単に低コストで利用できるとのことで需要が高まっています。

「節水コマ」とは、蛇口の内部に取りつける、ゴムまたは樹脂製の節水用の装置で、一度に流れ出る水の量を減らすことができます。節水コマは、使い方次第で最大50%もの節水効果があると言われており、節水に役立つ装置として、各自治体や水道局でも推奨されています。

ただし節水コマは、蛇口内部のコマが水をせき止めている構造なので、水の勢いが落ちてしまいがちです。勢いを出そうとして蛇口を全開にすると、水量が増えてしまう構造になっているため、節水効果が得られないので注意してください。

なお水道代は、原則として上水道と下水道の料金が請求されます。節水コマは上水道の水の量を抑えることで、下水に流れる水の量も抑えられるので、二重の意味で水道代節約につながります。上下水道で水の使用量が多い飲食店ほど、導入したい節水システムと言えますね。

このように便利な節水コマは、水道費の削減でポピュラーな手段となっています。使用には専門の業者と契約してレンタル、リース、購入のいずれかを行うことになるでしょう。

 

飲食店にオススメの節水コマ「バブル90」と「JET」

水道工事
節水のために蛇口に取り付ける機器は、さまざまなものが登場しています。今回は飲食店での利用に向いた節水コマ「バブル90」と「JET」について紹介させていただきます!
 

バブル90

「バブル90」は、最大で約90%の節水率を誇る節水コマで、特殊構造によりわずか10%の水を、マシンガンの弾丸のように連続で飛ばす「脈動流」の生成を可能としています。洗浄力は通常の蛇口と変わらない上に、先端に設置したリングを引っ張るだけで内部のサビや汚れを洗い流せる機能がついているので、メンテナンスも簡単に行えますよ。

またリングを回せば水圧調整も可能で、節水コマの中でも既に多くの店舗で導入実績があり、好評の声が多く届けられています。多くのメディアでも取り上げられており、世界各国の展示会でも好評を博しています。
 

JET

「JET」は水量を制限する仕組みとは異なり、特許取得の「ベンチュリー管」の理論を応用することにより、外気を取り込み圧力を高めて水の勢いをアップしています。これにより水の流速は2倍以上速くなり、空気をミクロの泡で拡散させることで、洗浄力の増加や水はね軽減も実現しています。

「JET」は、メンテナンスフリーなので、日々のメンテナンスにかかるコストも発生しません。日本・米国・韓国・シンガポール・中国・台湾などの国で特許を取得しており、まったく使用感を損なわずに、最大50%もの節水を可能とする次世代の節水装置です。

節水には、自分でできる努力も大切ですが、便利な節水コマを導入することでコスト削減を実現しつつ、今までと変わらない使用感でストレスなく節水が実現できます。「バブル90」と「JET」は、少量の水でもしっかりした水圧と洗浄力を備えているので、飲食店での利用にオススメです。分解してメンテナンスを行う必要もないので、簡単に扱えるでしょう。

 

まとめ

節水は、多くの飲食店が取り組みたいと考えている分野ですが、一口に節水と言っても小さな努力を積み重ねて行える対策もあれば、システム導入により実現できる節水対策までさまざまです。
また節水コマは、高い節水効果が期待できますが、水を貯める用の蛇口に取り付けると、規定量が貯まるまでに時間がかかってしまい、かえって作業効率が悪くなってしまうことも考えられますので気を付けましょう。

便利な節水コマを効率的に使うためには、現在の使用状況とよく照らし合わせて、導入する必要があると言えるでしょう。本サイトではそれぞれの店舗状況に応じた節水コマや、コスト削減プランのご提案をさせていただいていますので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいね。
 

あなたにぴったりの
プランをご提案します

ワイズクラウド相談窓口
受付時間:平日9:00-18:00
(土, 日, 祝, 年末年始除く)

関連商品

ITEM

新着コラム

COLUMN

タグ

KEYWORD