一人暮らしのWi-Fiはどれがいい?失敗しないWi-Fi選びをお手伝い!

一人暮らしのWi-Fiはどれがいい?失敗しないWi-Fi選びをお手伝い!

一人暮らしやご家庭の場合、マンションでWi-Fiを使いたいけど、結局どれがいいのかわからないという方も多いはず。マンション向けのWi-Fiルーターには様々な種類があります。そのため、最適なWi-Fiルーターを選ぶには、「一人暮らし」「二人暮らし(カップル)」「ファミリー(親子)」と、それぞれの生活スタイルに合わせて製品を比較してみるべきでしょう。

今回は、上記のようにマンションでの暮らし方に合わせたWi-Fiルーターを紹介しています。

一人暮らしでもWi-Fiが必要?

マンションにてインターネットを使う場合、個別にインターネット回線を契約するのが一般的です。マンションの場合、インターネット回線は月額4,000円前後で使えることが多いのですが、各部屋でインターネットを使えるようにするためには、Wi-Fi(ルーター)を設置して電波を飛ばす必要があります。
一人暮らしの場合、部屋数が少ない場合でもWi-Fiを設置している場合が多いのではでないでしょうか。有線LANだと部屋が配線がまとまらず、またWi-Fiを置くことで複数の端末につなぐことができますよね。
スマホの通信量を節約するためにも、自宅の中ではWi-Fiに繋ぐことをおすすめします。
》自宅のWi-Fiをもっと強化したい!Deco M3に注目
 

一人暮らしでインターネット完備物件ならWi-Fiがおすすめ

最近では、物件そのものにインターネット回線などの環境が完備されている場合もありますよね。無料でインターネットが利用できるようになっているため、非常にお得でしょう。
そんな場合にも、Wi-Fiが活躍。無料の回線にWi-Fiを繋いで、複数端末で使えるようにできるからです。インターネットが無料の場合にも、Wi-Fiを用意することで、より便利な生活が送れるようになるでしょう。

一人暮らしやマンション向けWi-Fiルーターの選び方

Wi-Fiルーターには、明確にマンション向け・戸建て向けなどの区別はありません。そのため、自分自身でよく商品を比較し、部屋に最適なルーターを選ぶ必要があります。

マンション向けWi-Fiルーターは、次の3つの基準で選び分けることができます。

  • Wi-Fi規格
  • ビームフォーミング
  • MU-MIMO
難しい言葉が多いですよね。しかし、内容はとても簡単なものなので、すぐに覚えることができるはずです。それぞれ、以下で詳しくお伝えしていきましょう。

 

Wi-Fi規格

Wi-Fi(無線LAN)には、通信規格という標準が存在します。「IEEE802.」という複雑な文字列で始まり、その後に必ず英数字3~4つを追記するルールです。この通信規格は、Wi-Fiの通信速度の決め手にもなるため、非常に重要な要素となります。

通信規格は常に最新のものが発表されるため、通信速度はより高速になっていきます。以下で古いもの順にお伝えしていきましょう。
表の上にある通信規格ほど古いもので、それだけ通信速度が遅くなります。反対に、表の下にある規格ほど最新に近く、より通信速度も速くなります。

ビームフォーミング

ビームフォーミングとは、Wi-Fiルーターが接続する機器を自動的に判別する機能のことです。

ビームフォーミング機能のないWi-Fiルーターは、周囲360度に均等に電波を飛ばします。そのため、力が分散されて、遮蔽物や障害物があると電波が妨害されるのです。この場合、通信速度が著しく遅くなったり、途中で回線が切断してしまうことがあります。

一方、ビームフォーミング機能があると、機器に向かって集中的に電波を発するため通信品質が安定しやすくなるのです。また、遮蔽物があっても電波が妨害されません。

MU-MIMO

Wi-Fiルーターのなかには、「MIMO」や「MU-MIMO」という機能が搭載されていることがあります。

MIMOは、1代目の端末の通信が終わらない限り、2台目以降の通信が開始できません。2台目以降は待ち状態となるため、通信速度が著しく低下することがあります。

一方、MU-MIMOは、複数の接続機器があっても、それぞれ同時に通信を行います。2台目以降の機器でも、待ち時間なしで平行して通信を行えるのです。そのため、接続する機器が複数でも高い通信品質を維持することができます。

できるだけMU-MIMO搭載のWi-Fiルーターを選びましょう。

》メッシュWi-Fiが人気?その特徴を簡単解説!

一人暮らし~家庭用のおすすめWi-Fiルーター

Wi-Fiルーターは製品によって性能が大きく異なります。性能が高くなるほど費用も大きくなるため、できるだけ自分の生活スタイルに合わせて、適切なスペックのルーターを選ぶべきでしょう。

ここでは、一人暮らし・二人暮らし・ファミリー向けと3つのタイプに合わせて、おすすめのマンション向けWi-Fiルーターを紹介していきます。

一人暮らし用におすすめのWi-Fiルーター


マンションで一人暮らしの方におすすめなのは、「TL-WR902AC」というWi-Fiルーターです。

イーサーネットまたはWISP経由でWi-Fiネットワークを構築できるため、持ち運びに便利で、トラベルルーターとしても最適です。サイズは小型のメモ帳と同じほどですが、「IEEE802.11ac」の通信規格を持ち、最大733Mbpsという高速通信を行えます。

もちろん、自宅でスマホやPC用のWi-Fiるーたーとして活用するときも、遅延やストレスなく十分に活躍してくれるでしょう。

お客様の要望に合わせてサポートいたします!
24時間
受付中!

 

問い合わせする

 

二人暮らし用におすすめのWi-Fiルーター


マンションで二人暮らし、カップルで住む場合は、「Archer A10」というWi-Fiルーターがおすすめです。

二人暮らしの場合、スマホやタブレットなどWi-Fiに接続する機器が増えるでしょう。そのため、一人暮らしのときより高性能のWi-Fiルーターが必要です。Archer A10は、最大2533Mbpsと、上記で紹介したルーターの約3.5倍のスピードを誇ります。

ビームフォーミング、MU-MIMOなどマンション向けルーターに必要な機能のほとんどが揃っています。

お客様の要望に合わせてサポートいたします!
24時間
受付中!

 

問い合わせする

 

ファミリー用におすすめのWi-Fiルーター


夫婦や子供と一緒にマンションに住む場合、二人暮らしのときよりさらに高性能なWi-Fiルーターが必要です。「Archer C3150」は、最大3,167Mbpsの速度を誇り、二人暮らしのときに紹介したルーターより通信品質も安定しています。

また、MU-MIMOやビームフォーミングにも対応可能です。

お客様の要望に合わせてサポートいたします!
24時間
受付中!

 

問い合わせする

 

まとめ

今回は、一人暮らしからファミリー向けまで、それぞれおすすめのマンション向けWi-Fiルーターを紹介してきました。
特に一人暮らしでもWi-Fiの設置はしておくのが理想的。機能や価格を踏まえたうえで、生活スタイルに合った最適なWi-Fiを選んでみてはいかがでしょうか。
特に無線LAN製品でシェアの高いTP Linkは高性能Wi-Fiとして注目されています。少しでもネット環境を良くしたいという場合は是非チェックしてきたい製品です!

insta town

TP-Link製品

世界トップシェア45.94%を誇る製品で業界最高基準の3年保証付き

関連タグ