冷蔵庫|消費電力が低い新型冷蔵庫で電気代を削減

冷蔵庫|消費電力が低い新型冷蔵庫で電気代を削減

24時間使用する冷蔵庫の消費電力は、電気代の多くの割合を占めます。新型冷蔵庫は消費電力が低いので、冷蔵庫を新型に変えるだけで、電気代は確実に削減され、食材の鮮度も長持ちします。短期視点でなく長期視点でコスト削減について考えてみるのもひとつの手です。
 

電気代削減

例えば10年前に発売された冷蔵庫から新型冷蔵庫に買い替えた場合、年間500kWh、つまり電気代を約13,000円削減できます。また古くなった冷蔵庫に見られるドアパッキンの欠損ですが、1cm欠損している場合、冷蔵庫で約17%、冷凍庫で約27%も電気が余計に消費されてしまうため、新型冷蔵庫導入で、確実に電気代を削減することができます。

故障のリスク回避

冷蔵庫に使われている部品ひとつひとつは消耗品です。長期間使うことでパッキンやコンプレッサーなど消耗し、部品を取り寄せたいとなっても時間がかかり、冷蔵庫内の食物をムダにしてしまう事態が起きてしまいます。新型冷蔵庫にすることでリスクを回避することが可能です。


 

商品価格

ご提案する商品によって異なるため、まずは無料相談よりご依頼ください

スタッフのおすすめポイント

スタッフのおすすめポイント

担当:山本
業務用冷蔵庫のお勧めポイントは、従来機種と比較して年間電気代が最大50%カットできる省エネ性です。
ランニングコスト、CO2の排出も大幅削減でき、環境にも厨房にもやさしい冷蔵庫となっております。旧型の冷蔵庫は、余分な電気代がかかるだけでなく、故障のリスクもアップ。毎月のランニングコストにも大きな差が生まれるので、早めの切り替えがおすすめです。

関連導入事例

INTRODUCITION