ネットの速度は「LANケーブル」が重要?ケーブル選びのポイントや注意点を解説!

ネットの速度は「LANケーブル」が重要?ケーブル選びのポイントや注意点を解説!
テレワークなどの在宅スタイルが多く見られるようになった昨今、近ごろでは、自宅のインターネット環境に不満を感じているという方も多いのではないでしょうか。 インターネットの速度を向上させるための解決策はいくつかありますが、もしかするとその原因は、利用している「LANケーブル」にあるのかもしれません。 今回は、モデムやルーターに接続するための「LANケーブル」にスポットをあてながら、ケーブル選びのポイントや注意点などについてもわかりやすく解説していきます。 Wi-Fiで集客?顧客にクーポンやメッセージを送れる「プラットWiFi」登場!

ネットの速度向上にはLANケーブルが重要

インターネットの速度を向上させる方法としては、以下のように、いくつかの解決策が挙げられるでしょう。 ・回線の切り替え ・プロバイダの切り替え ・Wi-Fiルーターの交換 ・接続台数を減らす 意外と見落としがちな改善策の一つとしては「LANケーブルの交換」というものが挙げられるでしょう。 モデムとルーターをつなぐLANケーブルには、スピードの性能ごとにそれぞれのケーブルで等級分けがされています。 等級の高いハイスピードなケーブルを導入していた場合であっても、等級の低いケーブルが一本でも混ざっているようであれば、ネットワーク全体の速度が大幅に低下してしまうため、自宅のLANケーブルのシステムを定期的に見直すことが大切です。

LANケーブルとは?

そもそも「LANケーブル」とは、その名の通り、LAN(Local Area Network)にアクセスするための物理的なケーブルを表すものです。 このLANケーブルがなければ、Wi-Fiを利用することはおろか、そもそもインターネットにアクセスすることさえも叶いません。 ▶︎そもそもWi-Fiって何者?仕組みやメリット、デメリットを解説! ▶︎Wi-Fiと無線LANの違いって?知っておきべきWi-Fiのこれまでとこれから

LANケーブルの種類

LANケーブルには、それぞれのケーブルの種類ごとに、最大で通信することができる速度が異なる仕様となっているため、速度の遅いケーブルを利用してしまうと、インターネットそのものの速度低下を引き起こしてしまう要因となってしまいます。 そのため、例えば、「最大1Gbps」で通信可能な光回線を敷いている場合であっても、「最大10Mbps」までのLANケーブルを利用しているようであれば、光回線の速度も10Mbps以下となってしまうため、このように、LANケーブルがボトルネックとなってしまうケースが少なくありません。

LANケーブルのカテゴリ

LANケーブルには、それぞれの速度や周波数ごとに「カテゴリ」と呼ばれる通信規格で等級が分かれており、基本的には、このカテゴリの数字が大きくなればなるほど、最大通信速度もより高速なものへと進化していきます。 また、このLANケーブルには、大きく分けると下記の7つのカテゴリが存在し、末尾の数字が大きくなるにつれて、最大通信速度が速くなるぶん、販売価格も高価なものとなってくるため、まずは順番に見ていきましょう。 ・CAT 3(最大通信速度:10Mbps) ・CAT 5 ・CAT 5e ・CAT 6(最大通信速度:1Gbps) ・CAT 6A ・CAT 7 ・CAT 7A(最大通信速度:10Gbps) 最も速度の遅い「CAT3」に関しては、最大通信速度が「10Mbps」前後となっており、最も速度の速い「CAT7A」に関しては、最大通信速度が「10Gbps」前後となっています。 しかし、高速なLANケーブルほど、販売価格もより高価なものへと変化していくため、自宅に敷いている回線の速度に合わせて、コストパフォーマンスを意識したケーブルを選ぶことをおすすめします。

ケーブル選びのポイントと注意点

ここからは、より具体的なケーブル選びのポイントや注意点などについて、あわせて3つのポイントから解説を進めていきます。 利用する用途やシーンなどに応じて、選ぶべきLANケーブルも異なってくるため、新しいケーブルを購入する場合には、判断材料として役立ててみてください。

速度で選ぶ

まず最初のポイントとしては、ケーブルそのものの「速度で選ぶ」という方法が挙げられます。 先ほども述べたように、LANケーブルにはそれぞれのケーブルごとに最大通信速度が決められているため、利用するケーブルについては、最低でも自宅の回線速度以上のものを選んでおく必要があります。 自宅の回線速度以下のケーブルを利用してしまうと、せっかくの高速回線であっても、十分な速度が出せず、宝の持ち腐れとなってしまうため、よくわからない場合には「CAT6」以上のケーブルを選んでおくと良いでしょう。

メーカーで選ぶ

続いてのポイントとしては、ケーブルを製造している「メーカーで選ぶ」という方法が挙げられるでしょう。 ネット通販などを眺めていると、たまに聞いたこともないようなメーカーのケーブルを見かけることがありますが、そうしたものの中には最大通信速度を意図的に偽装して販売している場合があるため、あまり信じたくはありませんが、あらかじめ注意が必要です。 国内の大手メーカーと言えば、エレコムやバッファロー、サンワサプライなどが挙げらるでしょうが、心配なようであれば、商品ページから口コミや評判などを確認することで、信頼の置けるメーカーかどうかを判断することがおすすめです。

まとめ

今回は、モデムやルーターに接続するための「LANケーブル」にスポットをあてながら、ケーブル選びのポイントや注意点などについてもわかりやすく解説していきました。 インターネットの速度の改善に取り組む場合には、回線の切り替えやプロバイダの切り替えなどに注目してしまいがちです。 しかし、それらの方法と同様に、接続のためのLANケーブルに関しても、適切な製品を選んでおく必要があるため、購入を検討している場合には、ケーブルのカテゴリやメーカーなどにも注目しておくと良いでしょう。 Wi-Fiの相談窓口で店舗の悩みを解決!無料相談はこちらから

関連タグ