IoT

職場環境をよりよくしたい!オススメのIoTガジェット

職場環境をよりよくしたい!オススメのIoTガジェット
IoTとは、モノのインターネットのこと。最近では、テレビや鍵、果てはお掃除ロボットまで様々なモノがインターネットに繋がっていますよね。私たちの生活は、このIoTの登場により格段に便利になったと言えるでしょう。そんな便利なアイテムを仕事に導入すれば、仕事効率アップにつながると思いませんか?そこで、今回は職場で活用したいIoTを活用したアイテムをご紹介します。気になるアイテムがあったら、購入してくださいね!

Throne

throne
トイレが空いているか1秒で分かるサービス Throne(スローン)
仕事に一区切りをつけていざトイレにいってみたら全部埋まっているという経験ありませんか?なかなか出てこない個室トイレの前でずっと待っているというのは、効率が悪いですよね。そこで役立つのがこの「Throne」。トイレの空室が確認できるIoTサービスです。 面倒な工事などが必要なく、Wi-Fi工事さえあれば簡単に設置することが可能。スマートフォンやPCの画面でトイレの空き情報をリアルタイムで確認することができます。トイレの使用状況では、使用中か否かだけでなく、長時間居座っているか否かといったことも把握できるようなので、仕事中のさぼり防止や緊急時の早期発見などにも役立ちそうです。 「Throne」の特徴のひとつが通知機能。トイレが埋まっているというときは、画面の通知チェックボタンをONにすると空きができたときにお知らせしてくれます。表示を確認してから足を運べば、トイレに並ぶといったことも無くなるでしょう。また、夜間も監視をしてくれるので、防犯対策にも役立ちます。人が入っているかどうかをわざわざ見に行って確認する心配もありません。セキュリティの向上にも一役買ってくれそうです。 ■機能 ・トイレの空室検索 ・セキュリティ向上 など ■商品詳細 ・名前 Throne ・料金 ハードウェア費用 9,800円/個室 月額クラウドサービス利用料 490円/個室

Zcan WIRELESS

Zcan Wireless|ワイアレス・スキャナマウス
「Zcan WIRELESS」は、ワイヤレスマウスにスキャナー機能を搭載した次世代のアイテムです。使い方は、マウスを操作するときと同じようにスキャンしたいものをなぞるだけ。マウスタイプのスキャナーなので、外出中に資料をスキャンしたいというビジネスマンにもオススメ。紙や写真以外に、箱など立方体のものもスキャンすることが出来ます。PDF形式のほか、エクセルやテキスト形式でスキャンを行ってくれるので、手で入力するよりもスムーズに資料作成が行えます。もちろん、そのまま編集することも可能。 また、本や資料の文章を音声で読み上げてくれる機能も搭載。英語学習などにも役立ちそうです。さらに注目したいのが、翻訳機能。199種類以上の言語を翻訳することができるので、読み取ったその場で別の言語を確認することができます。英語の資料の訳がわからないときなどに活躍してくれそうです。資料整理を良くするという社員や外出中にもスキャンをしたいという方にオススメのIoTアイテムとなっています。 ■機能 ・文字や画像をスキャン ・音声読み上げ機能 など ■商品詳細 ・名前 Zcan WIRELESS ・価格 23,200円 ・サイズ W64×H38×D116mm ・USBポート USB2.0

MESH

MESH
amazon:[ソニー] Sony MESH 「ボタン」「LED」「動き」 3タグセット MESH-100B3A
「MESH」は、手のひらサイズの小さなブロック状の電子タグ。「LED」「ボタン」「人感」「動き」「明るさ」「温度・湿度」「GPIO」の7種類のタグをMESHアプリに繋げてIoTを実現します。たとえば、「LEDタグ」を使えば、メールが来たことを感知し、光でお知らせしてくれる機能を実装可能。アイデア次第で様々なものを作ることができます。 もちろん、ビジネスシーンでもMESHは大活躍。公式ホームページでは、トイレの空き状況チェックや在籍状況のチェックなど実際にMESHタグを使って作成されたレシピがいくつか公開されているので、プログラミングなどの知識がなくとも簡単に作ることができます。 スターターセットは、ボタンタグ、LEDタグ、動きタグの3種類がセットになったもの。ほかにも単体で購入できるタグも有ります。タグはひとつ6,000円ほど。Amazonを始め、様々なオンラインストアで購入することができます。 ■機能 ・電子タグを組み合わせてIoTを実現。 ■商品詳細 ・名前 MESHスターターセット ・価格 14,980円 ・サイズ 約24×48 ×12mm ・内容物 ボタンタグ、LEDタグ、動きタグ

マイクロボット・プッシュ

Microbot Push|ロボットの指がボタンをプッシュ「マイクロプッシュ」
「マイクロボット・プッシュ」は、CES2016でイノベーションアワードを受賞した経歴を持つガジェット。テレビやエアコン、パソコンのスイッチなどあらゆるボタンを人の代わりに押してくれます。遠隔操作・手動操作共に行うことができ、ボタンを押すタイミングなどを自由に設定することが可能です。 日付や時間を指定してスイッチを入れることができるので、オフィスにつく前にパソコンの電源を入れたり、暖房を付けたりすることができます。もちろん、自動でスイッチをオフにすることもできるので、電気代節約にも一役買ってくれそうです。 スターターキットには、マイクロボット・プッシュが3個とプルタと呼ばれるスマートハブが封入されています。マイクロボット・プッシュは、BLE通信を用いているので、近距離で使用したい場合は、単体で使用しても問題ありません。しかし、遠距離から操作をしたいという場合には、Wi-Fi接続が可能なプロタが必要になります。 オフィスで使用したいという場合は、スターターキットを購入するのが無難であると言えるでしょう。+STYLEにて2017年3月31日まで購入することができます。 ■機能  ・既存のボタンをスマート化する ■商品詳細 ・名前 マイクロボット・プッシュ スターターキット ・価格 27,980円 ・サイズ 本体 57.68×26×29 mm プロタ 75×75×5mm ・質量 本体 60g プロタ 90g ・通信規格 本体BLE プロタ Wi-Fi 802.11b/g/n 、BLE

Akerun Pro

スクリーンショット 2017-04-03 2.21.08
最新で手軽な入退室管理システム Akerun
最近では、様々な電子式ドアロックが開発されていますが、なかでもオススメなのが「Akerun Pro」。入退室管理システムを導入した電子式ドアロックです。ドアに貼り付けるだけで利用することができるので、工事や工具の心配はいりません。手持ちのスマートフォンで開錠できるので、とても簡単。また、NFC対応ICカードでも解錠することができるので、来客時の会議室などにも活用できそうです。合鍵は、時間帯・曜日などを設定できるので、決まった日時だけ鍵を付与するといったこともできます。 この製品の最大の特徴が、入退室管理をできるということ。誰がいつ入退室したのかを正確に記録として残してくれるので、セキュリティの向上にもつながります。電子式ドアロックを利用する上で、不安なのが故障時の対応ですが、こちらの製品は24時間のサポート体制を敷いているので、万が一というときも安心です。レンタルプランセットでは「Akerun Pro」「Akerun remote」「NFC Reader」「Akerun Manager」がセットになっています。まずは、無料相談をおこなってからということなので、気になる方は、公式ホームページへアクセスしてみてください。 ■機能 ・入退室管理機能 ・スマートフォンでの開錠 ・合鍵を簡単に作成できる など ■商品詳細 ・名前 Akerun Pro ・月額料金プラン 9,500円~ ・サイズ W53.8☓H172☓D56mm ・質量 約500g ・バッテリー 1日100回利用で半年まで利用可 ・通信方式 BLE

TrackeR bravo

スクリーンショット 2017-04-03 2.22.44
コインサイズのBluetoothトラッカー TrackR bravo
近年、企業の個人情報の流出などが問題となっています。外部からの不正アクセスなども理由のひとつですが、顧客情報などが入ったバッグの置き忘れなども原因にひとつになりえます。そんな不用意な置き忘れなどを防止してくれるデバイスとしてオススメしたいのが、「TrackeR bravo」。カルフォルニア発の忘れ物防止デバイスです。 直径約3cmと非常に小型なデバイスですが、その機能は優秀。普段使っているバッグに付けるだけで、置き忘れ防止をすることができます。また、万が一紛失したときもアプリを利用することで、追跡可能です。 専用のアプリってできるのは、追跡だけではありません。音を鳴らすこともできるので「どこだったかな…」と探す手間が省けます。さらに、特徴的な機能が、置き忘れアラートという機能。デバイスとスマートフォンが一定距離以上離れるとアラートでお知らせしてくれます。これなら、重要な資料が入ったカバンをその場に置いてきてしまうなんてこともなくなりそうですね。 「TrackeR bravo」は、1つのデバイスを複数人で管理できるので、複数の人が使用するバッグや鍵などに取り付けるのもオススメです。指定した環境では作動しないという設定ができるため、社内では作動させずに社外に出たら作動させるといった設定をすることもできます。アプリは、シンプルな作りになっており、初めて使う方も比較的簡単に使いこなすことができるでしょう。 社内のセキュリティ向上に活用してはいかがでしょうか?カラーラインナップは、スティール・ローズゴールド・スカイブルー・ブラック全4種類。どれも大人の洗練されたデザインなので、社内で使うのにピッタリです。 ■機能 ・忘れ物防止 ・トラッキング機能 など ■商品詳細 ・名前 TrackeR bravo ・価格 3,229円 ・サイズ 直径31×厚さ3.5mm ・重量 6g ・バッテリー寿命 最長1年 ・カラー スティール、ローズゴールド、スカイブルー、ブラック

まとめ

今回は、オフィスで使いたいIoTアイテムについてご紹介しました。どれも仕事の効率が上がりそうなものばかりでしたよね。とくにMESHは、複数種類のタグを組み合わせることで、様々な問題を解決することができそうです。これからますます便利になっていくであろうIoT製品。気になるアイテムがあったという人は、社内の問題解決などに利用してはいかがでしょうか?

関連記事