IoT

【IoT】iPadで使えるクラウド型POSレジ5選

【IoT】iPadで使えるクラウド型POSレジ5選

この記事の目次

タブレットで決済する店舗はよく見かけますね。便利な管理システムが入ったPOSレジは作業効率の向上に繋がります。今では、売上・在庫・シフトなど、面倒だけれど避けては通れない作業を手助けしてくれる機能がほとんど標準装備されているんです。その中でも今回は、普及が多いiPadで利用できるPOSレジアプリをご紹介いたします。  

スマレジ

スマレジ コストパフォーマンスを重視する人にオススメ 初期費用:0円 月額料:0円~12,000円(プランで料金がかわります) 支払い方法:現金、クレジットカード、商品券 ■0円プランでも機能が充実 スタンダードプランであっても、点検・清算の基本レジ機能はもちろん、予算管理・在庫管理、自動売り上げ分析などが搭載されています。無料でスタートできるPOSレジの中では機能性ピカイチです。 また期間限定イベントなどで使えるレンタルも行っています。 プランによって機能は限定されてはいますが、事業拡大に合わせて、いつでも変更が可能です。 ■注意点 導入0円は、1店舗のみです。 商品管理は1000点までに限られます。
出典:https://smaregi.jp/
 

AirREGI(エアレジ)

AirREGI リクルートグループが提供している無料POSレジ 初期費用:0円 月額料:0円 支払い方法:現金、クレジットカード ■会計業務がスマートに! 一通りの機能を備えている割にはコストの負担がないため、はじめての人や、特に個人店での導入にもってこいです!会計ソフト『freee』やクレカ決済ソフト『square』などの外部サービスと連携ができるのもいいところ。 ■注意点 商品管理は400点までのため、多くの商材を取り扱うお店には不向きかもしれません。
出典:https://airregi.jp/
 

Ubiregi(ユビレジ)

ユビレジ 一度使ってみてから、ぴったりのプランを提案できます 初期費用:0円 月額料:0円~8,075円(プランで料金がかわります) 支払い方法:現金、クレジットカード ■お試し導入でお店にあったプラン選び 無料で1カ月間、全ての機能がお試し利用できるため、使ってみてからの検討ができます。 また機能自体は非常にシンプルなため、経営管理・会計ソフト・クレジットカード決済・オーダーシステムなど、外部システムとの連携が豊富です。 ■注意点 無料プランはデータ保存期間が72時間です。長期のデータは別でまとめて蓄積する必要があります。
出典:https://ubiregi.com/
 

ラクレジ

楽レジ NTT東日本が提供しているPOSレジで一貫サポート 初期費用:0円 月額料:3,000円 支払い方法:現金、クレジットカード、電子マネー、デビットカード、ギフト券  複数選択も可 ■NTT東日本がまとめて一括サポート 開業準備の際、時間追われてしまうことがままありますが、NTT東日本が回線導入~レジ設置まで一括してサポートしてくれます。平行して業務をこなす新店舗立ち上げには非常に便利。また、サポートセンターが年中無休(※)なので安心して利用できます。 ※受付時間 午前9:00~午後9:00(年末年始を除く) ■注意点 今回ご紹介するPOSレジアプリの中では、唯一月額料がかかります。
出典:https://flets.com/soho/rakuregi/
 

Square(スクエア)

sukuea Square Readerで簡単にクレジットカード決済を導入 初期費用:0円 月額料:0円 支払い方法:現金、クレジットカード ■簡単!クレカ決済可能 カード決済ができる店舗は売上が高いと言われています。Squareリーダーを購入し、イヤホンジャックに挿せば、お手持ちの端末がカードリーダーへ早変わり!今だけリーダーが実質無料(キャッシュバック)で導入できます。手軽で簡単、コスト抑えられるのは嬉しいですね。 ■注意点 もうすぐ対応ですが、現在は、JCBカード未対応です。(2017/4現在)
出典:https://squareup.com/jp
 

まとめ

POSレジは比較的安価なものが多いです。また、全体的にシンプルで、はじめての人でも簡単操作できるのがいいところ。ただ、飲食店やサロン、アパレルなど業種によって使いやすさが変わってきます。コストパフォーマンスを取るのか、機能性をとるのか、使い勝手をとるのか、導入前に一度しっかり検討してみてくださいね。

関連タグ

関連記事