IoT

【IoT×ホテル】最新鋭のIoTを駆使したホテルをご紹介

【IoT×ホテル】最新鋭のIoTを駆使したホテルをご紹介
2015年7月にオープンした「変なホテル」というホテルを知っていますか?人間ではなく、ロボットがメインとなって接客を行う最新鋭のホテルなのですが、2017年3月ついに関東に初上陸をし、話題となっています。そこで、今回は「変なホテル」のように、最新のIoT技術を体験できるホテルについてご紹介。ひとりではもちろん、家族や友人と最新のIoT技術を体感してはいかがでしょうか?

変なホテル

スクリーンショット 2017-05-22 午後6.19.38 まずご紹介するのは、冒頭でも紹介をした「変なホテル」。1号店は長崎のハウステンボスに、2号店は浦安にオープンしています。今回は「初めてロボットがスタッフとして働いたホテル」としてギネスにも登録された「変なホテル」1号店についてピックアップしていきます。 ホテル内を進んでいくと目に留まるのが、フロントに鎮座する3体のフロントロボット。恐竜型のロボット2体と女性型のロボット1体がそれぞれチェックイン手順について教えてくれます。このときに、指示に従い、自分の顔を登録しておくと、部屋の顔認証システムが利用可能になります。顔認証システムに登録しておけば、滞在中はカードキーを利用せずとも部屋に出入りすることができるようになり、カードキー紛失の心配がなくなります。 たくさんある荷物を部屋まで持って行くのは大変というときは、「ポーターロボ」に任せてはいかがでしょうか。荷物を載せると、部屋まで案内しながら運んでくれますよ。チェックアウト後も荷物を預けたいという方には、「クロークロボット」の利用がおすすめ。アーム型のロボットが、幅72cm×高さ42cmまでの手荷物を24時間預かってくれます。24時間500円で利用することができるそうです。 部屋に入ると出迎えてくれるのは、可愛らしい見た目をした「ちゅーりーロボ」。「あかりをつけて」と呼びかけると、部屋の電気をつけてくれます。他にも時間や明日の天気が聞けるほか、モーニングコールとしての役割も担ってくれる優秀なロボットです。最先端のIoTに囲まれたホテルで充実した時間を過ごしてみてはいかがでしょうか? ■基本情報 変なホテル 住所:長崎県佐世保市ハウステンボス町6-5 アクセス:ハウステンボス駅よりから徒歩約20分
変なホテル

&AND ホステル(アンドホステル)

続いてご紹介するのは、福岡県にある「&AND ホステル」というスマートホテル。最先端のIoTデバイスが館内や客室に置かれ、実際に体験することができます。どんなIoTデバイスやガジェットが置かれているのか見ていきましょう。 ■基本情報 &AND ホステル(アンドホステル) 住所:福岡県福岡市博多区上川端町10−5 アクセス:地下鉄空港線・箱崎線中洲川端駅から徒歩2分 チェックイン:16:00~22:00 チェックアウト:8:00~11:00 ダイニングラウンジ:8:00~24:00

1.Sleepion(スリーピオン)

101069073-info1 旅の疲れを癒してくれる快眠のためのガジェットです。音・光・香りの3つの要素が快適な眠りへと誘います。アロマは、100%天然のものを使用。ラベンダー・ヒノキ・ゼラニウムの3種類から選ぶことができます。目・耳・鼻と全身で癒されながら、ぐっすりと眠りにつくことができできそうです。 ■機能 ・音 16曲のヒーリングサウンドを内蔵 ・光 月の光とろうそくのゆらめき再現 ・香 天然素材でできたアロマ ■商品詳細 商品名:Sleepion(スリーピオン) 価格:37,800円(税込) サイズ:幅250mm×奥行72mm×高さ120mm 重量:532g
Sleepion(スリーピオン)

2.Qurio Smart Lock(キュリオスマートロック)

スクリーンショット 2017-05-22 午後6.51.52 「&AND ホステル」では、カギも最新のものを使用。「Qurio Smart Lock」という世界最小のスマートキーを使うことができます。スマートフォンを使ってカギの解錠ができるデバイスなので、鍵を無くしてしまうという心配がいりません。また、実際に自宅で使う場合は、メールやLINEなどを通して簡単に鍵のシェアができるため、合鍵を作る必要がありません。既存の鍵の上から付けることができるので、大掛かりな工事なども必要なく手軽に導入することができますよ。 ■機能 ・スマホを使った鍵の解錠 ・メールやメッセージアプリを使った鍵のシェア ・鍵を利用できる日時を設定 など ■商品詳細 商品名:Qrio Smart Lock(キュリオ スマート ロック) 価格:19,440円 (税込) サイズ:長さ115.5mm×幅57mm×高さ84.5mm 重さ:383g(電池有) 通信:Bluetooth Low Energy
Qurio Smart Lock(キュリオスマートロック)

3.iRemocon(アイリモコン)

img スマートフォンをリモコンにすることができるデバイスです。家のなかはもちろん、外出先からも家電を制御できるので、家に着く前に暖房を入れて部屋を暖めておくといったことができます。外出中に、電気をつけておけば、防犯対策としても役立ってくれそうです。また、GPSと連携して、家を出たら自動的に照明を消すといったことも可能。一台導入するだけで、夢のようなスマートライフを実現することができそうです。 ■機能 ・スマホが高機能リモコンに変身 ・外出先からも家電を制御(月額課金) ・GPS連動で家電を制御(月額課金) など ■商品詳細 商品名:iRemocon(アイリモコン) 価格:22,400円 サイズ:直径105mm×高さ37mm 重さ:約130g
iRemocon(アイリモコン)

4.BOCCO(ボッコ)

ogp 「BOCCO」は、テキストメッセージを送信することができるコミュニケーションロボット。アプリから送信したテキストメッセージを読み上げてくれます。また、ロボットに話しかけると、自分の声を相手に届けることも可能です。積み木型のセンサを玄関のドアに貼り付ければ、帰宅確認のデバイスへと早変わり。お子さんの在宅確認や防犯デバイスとして活用することができそうです。 ■機能 ・テキストメッセージの送受信 ・センサを使った動作検知 など ■商品詳細 商品名:BOCCO(ボッコ) 価格:29,000円(税抜) サイズ:本体 幅90mm×奥行55mm×高さ195mm センサ 幅34mm×奥行30mm×高さ68mm 重さ:本体 220g、センサ30g
BOCCO(ボッコ)

5.SmartEyeglass(スマートアイグラス)

96958A9E93819688E3E59A998A8DE3E5E2E0E0E2E3E78698E3E2E2E2-DSXMZO8330920017022015X1D001-PB1-4 ソニーが開発をしたウェアラブルメガネです。独自のホログラム技術により、拡張世界を目の前で体験することができます。 ■機能 ・ARで情報が表示される など ■商品詳細 商品名:SmartEyeglass(スマートアイグラス) 価格:98,500円 サイズ:折りたたみ時180 mm×39 mm×72 mm、展開時180 mm×39 mm×182 mm コントローラ 54 mm×21 mm×60 mm 重さ:ヘッドセット77g、コントローラ45g
SmartEyeglass(スマートアイグラス)

6.Atmoph Window(アトモフ ウィンドウ)

m_photo_bed 「Atmoph Window」は、数百種類ある世界の風景をスマートフォンから自由に選択し、映し出すことができるデジタル窓です。部屋のなかに居ながらにして、別の空間に旅行に行ったかのような感覚になることができますよ。また、Window内には、時計や日付、天気などを表示することもでき、必要な情報をすぐに確認することが可能です。 ■機能 ・世界の景色を表示 ・時計やカレンダーなどの表示 など ■商品詳細 商品名:Atmoph Window(アトモフ ウィンドウ) 価格:69,800円 サイズ:27インチディスプレイ 重さ:4.9kg
Atmoph Window(アトモフ ウィンドウ)

7.Hue(ヒュー)

スクリーンショット 2017-05-22 午後6.40.21 スマートLEDのなかでもひときわ人気を集めているのが「Hue」。スマートフォンを使って照明をコントロールできるのはもちろん、外出先からも照明を制御することができます。さらに、スケジューリング機能も搭載され、決まった時間に明かりをつけてくれるので、防犯対策としても役立ってくれそうです。照明の明るさを徐々に消していくようにあらかじめ設定しておけば、ベッドに入ったあとにわざわざ電気を消す必要もありません。 ■機能 ・スマートフォンを使った照明の制御 ・外出先から照明を制御 ・照明のスケジューリング など ■商品詳細 商品名:Hue(ヒュー) 価格:26,280円
Hue(ヒュー)>

8.スマート宅配BOX

13382304_703736553062992_246916100_n.png-720x321 スマートフォンを使ってカギの開閉をすることができる宅配BOXです。ネットで商品を注文し、宅配BOXに荷物が預けられると、宅配情報がスマホに通知されます。あとは、自分のスマートフォンを使ってカギを開ければ、荷物の受け取りが完了。自宅でない場所でも荷物の受け取りができるとあって、最近注目されているIoTサービスの一つです。 ■機能 ・スマホによるカギの開閉 ・宅配完了の通知 など ■商品詳細 商品名:スマート宅配BOX
スマート宅配BOX

9.MESH(メッシュ)

mesh_tags 「MESHタグ」と呼ばれるブロック状のデバイスと「MESHアプリ」を組み合わせて、自分でIoTデバイスを開発することができる商品。MESHタグには、LED・ボタン・人感・動き・明るさ・温度&湿度・GPIOの7種類のタグがあり、それぞれを組み合わせて使うことが可能です。もちろん、単体でも利用することができ、たとえば、LEDタグを使えば、スマホに着信が来たことを光ってお知らせしてくれますし、人感タグを使って簡易的な防犯システムを構築したり、温度&湿度タグで部屋の乾燥状況を知らせるIoTデバイスを作成することもできます。使い方次第で色々なことに応用することができそうですね。 ■機能 ・新しいIoTデバイスの開発 など ■商品詳細 商品名:MESH(メッシュ) 価格:35,166円(7種類のタグが全て入ったセット) ※単体でも購入可能
MESH(メッシュ)

10.PlugAir(プラグエア)

image1 「PlugAir」は、スマートフォンにイヤホンジャックを挿すことで、内蔵されたコンテンツを読み取ることができるガジェットです。 ■機能 ・コンテンツを読み取り&更新 など ■商品詳細 商品名:PlugAir(プラグエア) サイズ:幅22mm×奥行き22mm×高さ38.9mm 重さ:7.1g
PlugAir(プラグエア)
これだけのIoTデバイスやガジェットを一度に活用できるホテルは他には無いのではないでしょうか?IoTが利用できるのはダブルルームとキングルームの2部屋。ダブルルームなら1室1泊9,500円(1人4,750円)、キングルームなら1室1泊12,800円(1人6,400円)で宿泊することができます。広々としたお部屋で最新のIoTデバイスに囲まれながら過ごしてみてはいかがでしょうか?
&AND ホステル(アンドホステル)

IoTを駆使したホテルに泊まってみませんか?

いかがでしたでしょうか?今回は、最先端のIoT技術を駆使したホテルについてご紹介しました。&AND ホステルで使われているIoTデバイスのなかには、実際にECサイトを通じて購入できるものも多くあります。泊まったときに気になったアイテムがあれば、購入してみてくださいね。

関連タグ

関連記事