【オフィスプリンター】印刷コスト削減?カウンター料金0円で使えるスリホとは

コスト削減のために企業によっては、大量印刷が禁止になっていたり、カラーコピーの印刷制限がかかっている場合も少なくないでしょう。企業で使われるプリンターは、リースもしくはレンタルでの契約も多く、一枚印刷するごとに印刷費が発生しています。こちらでは印刷費を抑えたいと考えている方に向けて、経費の見直しポイントや、おすすめの定額制の印刷サービスをご紹介します。
 

オフィスの印刷費は高い?

業務用のプリンターを利用する場合、本体代+保守費用(カウンター料金)がかかります。保守費用の中には印刷費が含まれますが、印刷費は1枚あたりの単価が決まっており、印刷すればするほど保守費用は高額に。1枚当たりの印刷代は安くとも、年間費用を考えれば少しでもコストカットしたいと考える方は多いのではないでしょうか。

印刷コストは1円値段が下がるだけでも大きなコストカットにつながるはずです。今まで印刷代は変わらないと考えていた方は、一度印刷費が適正料金かどうか確かめてみましょう。
》印刷コストの削減?スリホの詳細はこちら

印刷費を下げるポイント ​

​​​​​​配布物やポスター、契約書など紙を使う場面は、ペーパーレス化が進んだ現代でも依然として多く、印刷枚数を減らす以外にも、印刷費を下げる対策を取ることが大切です。毎日の印刷の小さな積み重ねが月額費用に直結しますので、印刷代削減の参考にしてみてください。
 

料金の引き下げ交渉

複合機でコピーを行う場合、1枚につきモノクロ印刷で1.5~3円ほど、カラー印刷では15~25円ほどのカウンター料金が発生するのが一般的です。使用しているカウンター料金が高いと感じている方は、契約しているリース会社やレンタル会社に価格交渉してみると、1枚当たりの単価が下がるかもしれません。
 

分割印刷する

印刷した枚数が増えれば比例的に印刷費も高額に。分割して問題ない資料は1枚の用紙に複数の資料を載せて印刷費を抑えるようにしましょう。両面印刷や、片面に4つのスライドを挿入するなど、資料の見やすさを忘れずにページを集約することが大切です。
 

モノクロ印刷とカラー印刷を使い分ける

フルカラー印刷の必要がない資料は、モノクロ印刷することで印刷代を抑えられるでしょう。社内で使う研修資料や会議資料はモノクロ印刷、写真やデザインを使った資料はカラー印刷にするなどルールを明確化することで、コスト削減を期待できます。カラー印刷する場合でも2色刷りであればインパクトのある印刷物を作成しつつ、コスト削減もできるので、使う資料に合わせた印刷方法を変えていきましょう。
 

リサイクルトナーを利用

カウンター式の純正トナーを購入するよりも「リサイクルトナー」を利用することで、トナー代を安くできるかもしれません。リサイクルトナーとは、使用済みのトナーを再利用した格安な製品です。コピー機のメーカーが推奨している純正トナーに比べ、リサイクルトナーの価格は半額以下。ただし純正製品ではないので、製品選びの際には、保証がしっかりしている業者を慎重に選ぶ必要があります。
 

契約企業を変更する

レンタルかリースでコピー機を借りている場合、コピー機の契約会社を変更することで大幅に月額費用が変わる可能性があります。契約会社によって、本体代金やカウンター費用は大きく異なりますので、契約期間の更新が近い場合には、契約企業の乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。
 

カウンター制をやめて定額制にする

カウンター方式のコピー機の場合、印刷した枚数×単価で印刷費となるため、刷れば刷るだけ料金は高額になっていました。定額制であれば、月に1枚の印刷も1,000枚の印刷も印刷費は変わりません。大量印刷をする機会も多い企業では、カウンター制から定額制にすることでお得になります。
》コピー機レンタルに注目!コスト削減にも効果的

印刷代のコストカットの注意点

印刷代を削減しようと、コピー機の変更はコスト削減に有効ですが、それにより印刷のスピードが落ちてしまうと、作業効率は悪くなってしまいます。また、研修資料などの紙は相手の理解度を高めるのに必要な場合が多いため、インクが薄くて文字やグラフが見にくいのは問題です。印刷代のコストカットをする際は、資料の用途を検討する必要があるでしょう。

刷り放題サービス・スリホに切り替えよう ​

​​​​​​定額制の印刷し放題のサービス「スリホ」。
スリホは、モノクロ・カラーどちらの印刷でも枚数制限なく印刷可能。今までカウンター式が主流だった印刷業界に新たな料金プランを打ち出した印刷サービスです。かかる費用は月額費用のみなので、カウンター制のように印刷費が月々変動する可能性もありません。経費計算の手間が減ることもスリホが選ばれる理由の1つでしょう。
 

スリホの特徴 ​

​​​​​​メンテナンス費用やインク代、トナー代、カウント制費用も全て0円。かかるのはレンタル料金のみというシンプルな料金体系が特徴です。スリホであれば、毎月の印刷費に頭を悩ませる必要なく、フルカラーでの大量印刷も問題ありません。
また、スリホはレンタル契約のため、審査なしで最短5営業日での納品が可能。契約の手軽さから開業間もない個人事業主の方から大手企業まで幅広いユーザーに利用されています。

スリホのメリット

スリホは定額制の印刷サービスとして注目を集め、導入後の2年後継続率は98%とユーザー満足度の高いサービスであると言えるでしょう。こちらではスリホを導入するメリット3点をお伝えします。
 

コスト削減

スリホの公式サイトによれば、コピー機のリース契約からスリホへ切り替えることで、実に30万円以上のコスト削減に成功している企業もあるようです。さらにコスト削減率は50%以上とされており、印刷し放題でコスト削減につながるのは魅力的でしょう。
 

サポート充実

プリンターの不具合の原因は「本体・インクカートリッジ・ネットの通信環境・PC」など何がきっかけか分からないケースもしばしば。スリホではカスタマーダイヤルを完備し、電話もしくは訪問を行うことで、利用者へのサポート体制を万全にしています。こうしたサポート体制の充実度がユーザー満足度を高めるきっかけになっているのでしょう。
 

豊富な商品ラインナップ ​

​​​​​​ハイクオリティな印刷ができるインクジェットプリンターと、大量印刷に向いているレーザープリンターどちらも用意しており、契約できる機種は12種類以上。企業の印刷状況に合わせた機種提案が可能です。印刷コストのプロによるコストコンサルティングで、より効率的な契約プランを提案しています。
》コピー機のレンタルならコピー機革命?詳細はこちら

スリホの料金プラン

スリホの料金プランは大きく分けて3つ。「インクジェットプラン」「レーザープリンタープラン」「複合機タイプ」から選択可能です。さらに印刷枚数に応じて「ライトプラン」と「スリホプラン」と契約が分けられています。印刷枚数が月に2,000枚を超えるとスリホプランに変更になるので、契約前に毎月の印刷枚数をチェックしてみてください。

例えばインクジェットプランであれば、ライトプランは月額7,000円~11,800円。スリホプランであれば12,800円~17,800円と契約機種に応じて若干料金が変動します。
》スリホの料金詳細や相談はこちらから

スリホの口コミ ​

​​​​​​これまでカウント制だったプリンターを定額制に変えると、本当に安くなるのか気になるという方も多いでしょう。こちらではスリホ利用者の口コミを集めました。
 

スリホを導入することで印刷コストが削減できた

一番多かったのは、スリホの導入でコスト削減に繋がったという口コミ。年間コスト削減額が100万円以上になったという企業もあることから、今後とも定額制印刷サービスはコスト削減の大きな手段になるでしょう。
 

印刷枚数が増えた

その他に多く見かけた口コミは、スリホの導入後に印刷枚数が増えたというもの。スリホはいくら印刷しても印刷代が変わらないため、印刷費よりも資料の見やすさを優先することができます。お客様への提案資料もクオリティが上がること間違いなし。売上アップに貢献できるでしょう。
》スリホに関する問い合わせや導入検討中の方は無料相談を活用

まとめ

大量印刷が安価に行なえ、コスト削減が出来るスリホは、印刷代を安くしたいと方にピッタリです。契約機種によって料金が異なりますので、申し込み前にコンシェルジュと相談するとよいでしょう。スリホの提案に合わせ、より経費が削減できる電力会社のご案内なども行なっていますので、コスト削減に注力したい方は、ぜひお気軽にご相談ください。
》スリホに関する詳細はこちらをチェック




 

関連タグ

関連商品

おすすめ記事

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます