• デジタルシフトを支援 TOP
  • STORESターミナル(旧:Coiney)|クレカ・電子マネー・QRコード決済、オンライン決済に対応|機能/特徴・料金/費用・導入事例
商品画像

STORESターミナル(旧:Coiney)|クレカ・電子マネー・QRコード決済、オンライン決済に対応|機能/特徴・料金/費用・導入事例

STORESターミナル(旧:Coiney)|クレカ・電子マネー・QRコード決済、オンライン決済に対応|機能/特徴・料金/費用・導入事例

商品画像

STORESターミナル(旧:Coiney)ならクレカ・電子マネー・QRコード決済、オンライン決済に対応

初期費用

端末費用 19,800円
決済金額に応じ、無償となる場合もあります!
 

月額費用

月額費用は0円!
決済手数料(3.24%~)のみが発生します

おすすめポイント

STORESターミナルで、クレジットカード、電子マネー、QRコード(WeChat Pay)に対応!
オンライン決済も可能となります!

STORESターミナル(旧:Coiney)とは

「STORESターミナル(旧:Coiney)」とは、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済(WeChat Pay)、オンライン決済に対応したマルチ決済サービスになります。STORESターミナルを店舗に導入することでクレジットカード、電子マネー決済に対応可能になります。2020年3月まではサービス名は「Coiney(コイニー)」となっていましたが、4月よりサービス名を「STORESターミナル」へと変更しています。運営会社や提供サービスについては変更はありません。

STORESターミナルを利用してクレジットカード決済をする場合、以下の3ステップで完了します。
①タブレット・スマートフォンに金額を入力
②カードリーダー「STORESターミナル」にクレジットカードを挿入
③お客様に暗証番号を入力

シンプルでわかりやすい操作性で、機械は苦手という方でも簡単に操作できます。また専用カードリーダー「STORESターミナル」はコードレスなので、テーブル会計なども行え、業種を問わず利用可能となっています。

STORESターミナル(旧:Coiney)の加盟店向け 機能・特徴

早速ですが、STORESターミナルの気になる機能や特徴をご説明していきます。

STORESターミナル(旧:Coiney)対応クレカ・電子マネーブランド

STORESターミナルでは以下のクレジットカード、電子マネーに対応しています。ブランドによって決済手数料が異なりますので、ご注意ください。
 
ブランド名 決済手数料
VISA・MasterCard・AMEX・セゾンカード 3.24%
JCB・Dinners Club・DISCOVER 3.74%
交通系電子マネー(Suica・PASMOなど) 3.24%
WeChat Pay(STORESターミナルQRお申込みの場合のみ利用可能) 3.24%
このように、主要なクレジットカードブランドのみならず、交通系電子マネーや中国で使われているWeChat Payにも対応している点はSTORESターミナルの特徴です。なお、JCB、MasterCardでは2回払い、リボ払いにも対応可能という点もおすすめできるポイントの一つです。
 

STORESターミナル(旧:Coiney)は3種類のサービスを提供

STORESターミナルはクレジットカード決済に対応できる「STORESターミナル」、中国で使われているQRコード・WeChat Payに対応できる「STORESターミナル(QR)」、オンライン決済ページを作成できる「STORES請求書決済」という3種類のサービスを提供しています。

 
サービス名 サービス内容
STORESターミナル 【利用シーン】店舗での対面決済

専用端末「STORESターミナル」を利用して、クレジットカード決済と電子マネー決済に対応
STORESターミナル(QR) 【利用シーン】店舗での対面決済

スマホやタブレットにアプリを入れ、中国で使わているQRコード決済「WeChat Pay」に対応
STORES請求書決済 【利用シーン】オンライン決済、非対面決済

オンライン決済用ページを作成できるサービス。決済はクレジットカード決済(VISAとMasterのみ)に対応

STORESターミナル(旧:Coiney)はPOSレジや会計ソフトと連携可能

POSレジや会計ソフトを導入している店舗は多いと思いますが、STORESターミナルであれば、POSレジ、会計ソフトの連携も可能です。会計ソフトではMFクラウド会計、freeeと連携することができます。

STORESターミナルと連携対応可能なPOSレジは以下の通りです。

Bionly
POS+(ポスタス)
Orange Operation
・poscube
・スマレジ
・MAIDO POS
・ユビレジ
・Loyverse POS
・NEXPO
・Salon Answer


上記のすべては、クレジットカード決済との連携が可能となっています。電子マネー、WeChat PayについてはPOSレジごとに対応状況が異なりますのでご注意ください。
STORESターミナルの
お問い合わせ・お見積りはこちらから
 

STORESターミナル(旧:Coiney)店舗導入・加盟店のメリット


STORESターミナルの特徴を見ていきましたが、店舗導入のメリットを詳しく見ていきましょう。
 

STORESターミナル(旧:Coiney)はオンライン決済対応可能


特徴でも紹介しましたが、STORESターミナルからは「STORES請求書決済」というオンライン決済に対応できるサービスが提供されています。STORES請求書決済では、オンライン決済用の専用ページを作成でき、お客様にそのURLをメールなどを利用して送信すれば、お客様側はWebページよりクレジットカード決済を行えます。

新型コロナウイルスの感染拡大防止により、外出を自粛する人々が増えていく中、需要を増しているのがオンライン決済。STORES請求書決済を使うことにより非対面決済が可能になるので、店舗側もお客様側も、安心感を得ることができます。

STORES請求書決済は決済用のページを作成できる点に特化していますので、ECサイトのような作りこんだものを作る必要もありません。そのため汎用性が高く、以下のような活用をすることもできます。

・電話注文へのオンライン決済対応
・屋外での決済対応
・スポーツジムや塾など、月額サービスの決済対応
・通販利用

STORES請求書決済をうまく活用することで、外出自粛で来客数が減った場合も、オンライン決済に切り替えるといった柔軟な対応が可能になります!
 

「ビジネスコネクト」で複数店舗管理も

STORESターミナルでは、お店の決済回りの課題を解決する「ビジネスコネクト」というサービスも提供しています。ビジネスコネクトでは、利用しているSTORESターミナル端末に、追加開発を加えることで、機能を拡張をすることができます。
これにより複数店舗の売上・入金情報の一括取得や一括入金にも対応できます。さらに、API連携をすれば、店舗情報の登録、決済システムと基幹システムの連携、売上レポートの取得も行えます。 決済サービスでこうした複数店舗管理に対応しているところは少なく、大きなメリットです。今は一店舗しかなくても、将来的に複数店舗を出す予定がある、または検討しているという店舗であれば、STORESターミナルを導入しておくほうが長い目で見て利便性も高くなるでしょう。

 

STORESターミナル(旧:Coiney) 初期費用・月額費用


STORESターミナル導入にあたり必要なものと初期費用は、以下となります。
 
サービス名 導入に必要なもの/初期費用
STORESターミナル ・STORESターミナル機器(19,800円)
・タブレット、スマートフォン端末
※電子マネーを利用したい場合はiOS端末必須となります。Android端末では電子マネーを利用できません
STORESターミナル(QR) ・タブレット、スマートフォン端末
お手持ちのタブレットやスマホ端末があれば初期費用はかかりません!
※STORESターミナルに申し込み後、QRへの申し込みが可能です。QRのみのお申込みはできません。
STORES請求書決済 ・パソコン、タブレット、スマートフォン端末
お手持ちの端末があれば初期費用はかかりません!
STORESターミナルの
お問い合わせ・お見積りはこちらから
 

STORESターミナル(旧:Coiney) 店舗導入事例の紹介

  • カード決済導入で、いつでも来やすく!

    針灸マッサージ店

    • 導入前

      元々、クレジットカードを導入したいと考えていたが、決済端末のデザインがあまり良くなかったり、伝票の処理がすごく大変という話を聞いたり、手数料が高いという話も聞いていた為、導入を検討していた。
      しかし、患者さまに持ち合わせがない時、わざわざお金をおろしてもらうなどということも度々あり、お客様に手間をかけさせないためにも、導入が必要だと感じ、決めた。

    • 導入後

      患者さまが来たい時に来てくれるようになった。カード決済導入前はお給料日後の週末に、予約が増えるという傾向があったのですが、最近はそういったことがなく一定。使いたい方が、使いたい時に来ていただけるようになった。

  • 接客もお会計もストレスフリーに

    ネイルサロン

    • 導入前

      開業準備の中で、決済端末の導入は必須と考えており、オープン当初から導入していた。クレジットカードが利用できないとなると、それだけでお客様のストレスになる場合もあり、利用したいお客様は絶対いると感じていた。

    • 導入後

      ・客層が比較的若めであることもあり、毎月キャッシュレス決済の比率が上がっている。
      ・現在、カード決済での売上が全体の40%を占めている。導入していなかったら、一部のお客様は離れて行ってしまったかもしれないと考えると、早いうちから導入しておいてよかったと感じている。
      ・カード決済だと決済手数料はかかるが、お釣りの手配や入金管理にかかる時間と手間がなくなり、お会計もスムーズになるので、手数料がかかっても安いくらいだと感じ、便利である。

STORESターミナル(旧:Coiney)に関するよくある質問

  • 売上取消・返品はできますか?

    売上取消・返品は、決済日より60日以内に限り可能です。取消操作を実行すると、再決済いただく以外に再計上する方法はありません。なお、決済完了後、金額変更や一部返金をすることはできません。詳しくはお問い合わせください。

  • 入金のタイミングはいつですか?

    加盟店が振込依頼をしてから入金を行う「手動入金」(月6回可能)と、申請をせずとも定期的に振込が行われる「自動入金」の2つの入金方式を選べます。2020年夏以降より「最短翌営業日入金」が可能となる予定です!

  • 入金手数料はいくらかかりますか?

    売上合計額が10万円未満の場合200円発生します。10万円以上からは無料となります

STORESターミナルの
お問い合わせ・お見積りはこちらから




 

キャッシュレス決済導入ガイドも無料公開中!

キャッシュレス決済導入ガイドを無料公開!!

ガイドブック

店舗オーナー・経営者様必見!キャッシュレス決済の種類やメリット・デメリットを比較!

資料のダウンロードはこちら

STORESターミナル(旧:Coiney) 関連記事

STORESターミナル(旧:Coiney)ならクレカ・電子マネー・QRコード決済、オンライン決済に対応