【インスタタウン導入事例】沖縄県:the Sea 様

インスタグラムを始めたは良いものの、運用に割く時間がとれない... 他社の運用代行サービスでは、思うような成果が出せなかった.. このようなお悩みには、売上アップに貢献するInstagramの完全運用代行サービス「インスタタウン(InstaTown)」の導入がおすすめです。 インスタタウンとは、SNSのプロフェッショナルに店舗のアカウント運営を外注することができる、業界最安値級の運用代行サービスです。 今回は、沖縄に店舗を構えるリゾート系かき氷の専門店「the Sea」様へのインタビューを通して、インスタタウンの導入事例を紹介していきます。

企業紹介「the Sea」様

店舗情報:the Sea|株式会社ベンサム 
代表者:保屋野 涼 様
営業時間:11:00〜21:00
定休日:毎週水曜日
所在地:沖縄県那覇市牧志3-1-16

公式ホームページ:the Sea
公式Instagram:@okinawa.thesea

株式会社ベンサムが運営する「the Sea」様は、2020年にオープンした沖縄県那覇市に店舗を構える、リゾート系かき氷の専門店です。

同店の提供する迫力満点のかき氷は、主に国際通りを訪れる訪日外国人や日本人観光客の間で注目を集めています。

オープン当初よりインスタグラムを利用していた同店ですが、インスタタウンを導入した経緯にはどのようなものがあったのでしょうか?

また、コロナ禍の観光需要が減少するなかで、あえてオープンに踏み切った経緯とは、一体どのような理由があったのでしょうか?

ここからは、Wizの取材班が代表の保屋野(ホヤノ)様に行ったインタビューを中心にして、対談形式で紹介していきます。

リゾート系かき氷の専門店 the Sea様の特徴

the SeaWiz:本日はよろしくお願いいたします。

保屋野社長:よろしくお願いします。

Wiz:ではまずは、the Sea様の魅力について、簡単にご説明をいただいてもよろしいでしょうか?

保屋野社長:はい。大きな特徴でいえば、沖縄の久米島という島で採れた「海洋深層水(水深200mより深い箇所で採れた海水)」を使った氷を使用しているところですかね。

保屋野社長:海水と聞くと一般的にはしょっぱいようなイメージが湧きますが、特に塩味はなく、ミネラルや栄養が豊富なんですよね。

Wiz:ありがとうございます。数ある飲食ジャンルから、なぜかき氷の専門店を選んだのでしょうか?

保屋野社長:もともと沖縄で飲食店をやりたいという気持ちはずっとありました。インバウンドが強い土地なので、外国人の方に沖縄を紹介したいという想いでお店を始めました。

保屋野社長:そこで、沖縄らしい商品を探した結果、沖縄には「ぜんざい」という伝統的なかき氷はあっても、リゾート感を楽しめるような専門店は意外と少ないということに気が付きました。

保屋野社長:沖縄に来る方って、古くからの琉球感を求めて来るというよりも、ビーチリゾートをイメージして来る方が多いので、もっと南国のリゾート感を体験してほしいと思い、かき氷専門店に決めたのが経緯です。

Wiz:なるほど。観光需要とマッチしていたという部分も大きかったわけですね。お店はいつごろからオープンしていらっしゃるのでしょうか?

保屋野社長:2020年の3月にオープンしました。ほとんどコロナウイルスの流行と同じ時期だったことに加えて、観光客がメインターゲットというところで、オープン当初は苦労しましたね。

インスタタウン導入前の課題

Wiz:そうですよね。コロナ禍で集客が思うように進まなくなってしまったということですが、インスタグラムを始める前は、どのような集客対策を行っていましたか?

保屋野社長:基本的には国際通りにいる観光客に向けて立て看板を設置したり、のぼりを立ててみたり、オフラインの施策を重視していました。

保屋野社長:路地裏に店舗があるようなお店なので、まずは認知を広めるといった意味でも、オフラインでの施策は今でも継続しています。

Wiz:ありがとうございます。オフラインでの集客がメインということですが、インスタグラムのアカウントは、いつごろ開設されたのでしょうか?

保屋野社長:アカウント自体は最初から持ってはいたのですが、いざ自分で運用するとなると、投稿やストーリーズの更新頻度は落ちてしまいますよね。

Wiz:なるほど。投稿やストーリーズ更新の手間から、インスタタウンの導入を検討していただいたということですね。

インスタタウンを知ったキッカケ

Wiz:インスタタウンの存在は、どのようにお知りになりましたか?

保屋野社長:もともとWizさんとは、以前からお付き合いがあって、店舗で使うインターネット回線や補助金再構築の相談から、インスタタウンの存在を教えてもらいました。

インスタタウン導入後の印象

the SeaWiz:インスタタウンを実際に導入してから、集客や売上への変化はありましたか?

保屋野社長:はい。インスタを見て来ましたというお客様もかなり増えているので、集客への効果を実感しているところです。

Wiz:なるほどですね。観光客がメインとのことですが、地元のお客様の来店もあるのでしょうか?

保屋野社長:はい。最近では、沖縄に住む地元のユーザーをターゲットにDMを送ってもらっているので、多少なりとも地元の人を取り込めてきたのかなと感じています。

Wiz:ありがとうございます。実際にインスタを見て来店されたお客様は、想定されているターゲットにマッチしているでしょうか?

保屋野社長:はい。主に20~30代の女性がメインのターゲットになるのですが、意外と男性の独り客や年配の方の来店も多くなっていますね。

企業からのメッセージ

the SeaWiz:ありがとうございます。では最後に、これからインスタタウンの導入を検討している企業様へ向けて、メッセージをお願いいたします。

保屋野社長:そうですね。今回の導入で感じられたメリットとしては、自分一人で運用を行っていこうと思うと、どうしても後回しになったり甘えが出たりすることがあると思うんです。

保屋野社長:そこで、Wizさんのチームが頻繁に提案をくれたり、代行やコンサルに動いてくれたりすると、自分もやらなきゃという火付け役になってくれるんですよね。

Wiz:ありがとうございます。一緒に誰かがやっている伴走感というものも、この商品のメリットの一つかと思います。

保屋野社長:そうですね。せっかくストーリーズを投稿してくれているのだから、自分ももっと更新しないと、とモチベーションを上げてくれるので、そこは大きなポイントですね。

まとめ

今回は、沖縄県にあるリゾート系かき氷の専門店「the sea」様へのインタビューを通して、インスタタウンの導入事例を紹介していきました。

インスタタウンは、店舗のインスタグラムアカウントを運用してくれるだけではなく、店舗集客の改善や売上のアップに貢献するサービスです。

SNSに精通したプロのコンシェルジュが、店舗アカウントの運用に携わるため、確度の高いターゲットへ的確にリーチすることができます。

インスタグラムを始めたは良いものの、運用に割く時間がとれない...

他社の運用代行サービスでは、思うような成果が出せなかった...

そんなお悩みを抱えている場合には、ぜひ一度、運営をまるごと任せられる「インスタタウン」の導入を検討してみてはいかがでしょうか?
 

無料ご相談フォーム

商品に関するお問い合わせや、
業務改善のお困りごとがあれば
どんなことでもWiz cloudにご相談ください。

この記事が良かったら、“いいね!”をしてください!
最新情報をお届けします!

この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

Wiz Cloud編集部

WizCloud編集部メンバーが執筆・更新しています。 Web関連、デジタル関連の最新情報から、店舗やオフィスの問題解決に使えるノウハウまでわかりやすくご紹介します!

関連タグ